人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~

人妻の官能的な体験談をブログオリジナルのものを含めて紹介します。寝取られ体験、不倫体験など、欲求不満の人妻のすべてがここに

寝取られた人妻

▲僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです(転載禁止)

僕には、大学の時から付き合っている彼女がいる。就職してもう5年経つので、8年くらい付き合っていることになる。
彼女の絵理奈はナースをしていて、俗説の通り性欲は強めだと思う。でも、古風というか、貞操観念が高いというか、浮気をしたりコンパに行ったりすることもなく、男性経験も僕だけだ。もちろん、僕が知らないだけという可能性はあるかもしれないが、彼女に限ってそれはないと言えるくらいに、真面目な女性だ。

身長は155cm、体重はたぶん40kg台。背が低いのがコンプレックスのようだけど、僕は可愛らしくて好きだ。でも、背が低くて童顔なわりに、胸は大きめでEカップあるそうだ。ロリ巨乳という、セックスする上では最高かもしれない。
続きを読む

#意地っ張りな俺は、嫁が昔のバイト仲間と会うのを許してしまった(転載禁止)

嫁のあやみと結婚して3年経ち、そろそろ子供を作ろうかと話していた。妻のあやみは、最近ではあまり珍しくないかもしれないが、ハーフの女性だ。
父親がイギリス人で、母親が日本人というパターンだ。初めて会ったとき、顔の小ささに驚いてしまった。一瞬、空間がゆがんでいるのかと思うくらいに小顔だった彼女。俺は、一目見た瞬間から好きになった。
でも、それは彼女の身の回りにいる男は全員そうだったんじゃないかな? と、思う。それくらいに、あやみは可愛い女の子だった。いわゆる、成功ハーフというやつだ。
続きを読む

私達夫婦と仲良し夫婦で散歩をしてますが、今日は旦那さんと2人でした

私と夫は最近お腹のポッコリが気になり始めたので、二人でウォーキングでも始めようかと話していました。
たまたまお隣の奥さんとお茶しているときにその話をしたら、お隣のご夫婦もウォーキングを始めたかったらしく、話の流れで一緒に始める事になりました。

「平日は夜しか時間がないのに、この辺て割りと暗いし、近くの林道も暗くなると怖そうだからどうしようかと思ってたの」
続きを読む

#月に一度、妻は親友の妻になる

『お帰りなさい。今日もお疲れ様!』
弾けるような声で夫を出迎えるさとみ。35歳のさとみは、6歳の子供がいるようには見えないくらいに若々しい。
昔から体を動かすのが好きな彼女は、今もジムでのトレーニングを欠かさない。そのおかげもあり、学生時代の洋服は今もすべて着ることができる。
そして、少し厚ぼったい唇がセクシーな彼女。真っ黒な髪に少し太めの眉毛、そしてぱっちりとした二重まぶたの目は、いつも濡れたようにセクシーだ。
続きを読む

甥と叔母の近親相姦の肉体関係は、まだ終わりそうにありません

私は子供が二入いる主婦で、とうとうアラフォーになってしまいました。
夫とは夫婦の営みは月に2、3回ありますが、実は最近、21歳の甥っ子と肉体関係を結んでしまいました。
夫には申しわけない気持ちでいっぱいなのですが、甥とのセックスは夫と比べ物にならないほど良いんです。
甥っ子がテクニシャンなのか、それとも体の相性の問題なのか、恐らく両方だと思いますが、甥とSEXするのは本当に気持ち良いんです。
続きを読む

女癖が悪いので有名な男と嬉しそうにディープキスしながら踊る妻が見えました

結婚7年目になる夫婦です。私40歳、妻は37歳、子供はいません。。

妻は性欲は特に強いわけではないのですが、アルコールが入るとどの男性に対してもオープンになってしまう癖がありましたが、5年前に知り合いの結婚式の2次会パーティーで乾杯した後、普段なかなか会えない懐かしい顔と話に花が咲き、妻も女性の友人たちの輪の中にいたので安心していました。

私が気分が悪くなりトイレに行って帰ってきたら、ミラーボールの回る中チークタイムが始まっていて、女癖が悪いので有名な男と嬉しそうにディープキスしながら踊る妻が人垣の向こうに見えました。
続きを読む

バカな嫁が上司と不倫した上、ハメ撮り動画を流出された

金曜夜遅く、帰宅すると寝室で妻がまるで廃人のように
焦点が定まっていない感じでたたずんでいた

妻は私の顔を見るなり、何かに怯える子供の様に私に抱きついてきて号泣、
そして嗚咽その尋常ではない様子から妻に何かとてつもなく大きな災いが起ったと感じた
続きを読む

△妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった(転載禁止)

妻と結婚して20年、息子が二人とも大学進学で東京に行き、また妻と二人の生活が始まった。妻の明美は、大学生の息子が二人いるのに、まだギリギリ30代だ。私は43歳なので、少し年の差がある。
あっという間の20年だったけど、私の会社も順調に業績を伸ばし、10人を超える従業員を雇うまでになった。独立当初は月一どころか年一くらいの休みしかないような辛い日々だったが、やっと報われた感じだ。
続きを読む

訳ありで一人暮らしを始めた後輩の母親の家に行ったらw

旦那に逃げられ、2人の息子たちはそれぞれ所帯を持って、家から離れ、1人暮らしとなった後輩の母親(46歳)の家にちょっとした用があって行くことになった。

行ったのは、昼間だったが、出迎えてくれた母親の姿に少し驚いた。
小柄な母親だが胸と尻がでかいのだが、薄手のよれよれのTシャツにパンツもはみ出してしまうくらいの短パン姿だった。

内心、『誘われてるのかな?』と思いつつも、『いやいや、勘違いだろう』との思いが、交錯していた。

まぁ、昔から知ってるし、身内みたいなもんだから、誘われることは無いだろうと途中から思って、用を済ませた。
続きを読む

採用した元ヤンの人妻社員を美味しく頂きました

俺、10人ちょっとの小さな会社だが一応専務(36)。

彼女K(27)は去年採用した事務員。

もちろん面接、採用したのは俺。

ちょっと細めで、顔はそうだねー、

敢えて言うなら深田恭子をちょっと細くしたような感じ。
続きを読む

※田舎に嫁いできてくれた嫁が、久しぶりに同窓会に行った

嫁の梨花とは結婚して5年ほど経った。まだ二人ともぎりぎり20代ということもあり、子作りはもう少し後かな? と思っている。梨花と知り合ったのは、大学で上京していたときのバイト先だ。お互いに一目惚れみたいな感じだった。

そして、結婚を機に俺の田舎まで嫁いできてくれたので、俺はなんとなく申し訳ない気持ちで、尻に敷かれがちな日々を過ごしている。でも、毎日梨花と一緒に過ごせるのは、幸せだなと思う今日この頃だ。

【続きは出典元で】 

昼寝から覚めてくるまでオナってたら、マンションから主婦が見ていました

27才の頃のことでした。
当時は独身でやりたい盛りです。
車での営業だったので昼食後、とあるマンションのテラス側に車を停め昼寝しようとしてました。
少し眠って目が覚めると、やりたい盛りの僕は朝勃ちならぬ昼寝勃ちでした。何となくズボンに手を入れまさぐっていると何やら視線を感じます。
続きを読む

飲み会後、しらふの私がパートさんを送った結果、秘密の2次会が始まりました

先日、衝撃的なことがありました。
私は酒が弱くて、飲み会でも乾杯で口をつける程度で後はウーロン茶とかを飲んでるので、店に行く時も車で、帰りの送りにも使われてたけど、それが幸いしました。
続きを読む

前の会社の人妻さんと再会して、雨宿りで車に二人きりになったら

数年前の7月の日曜日。

危うい天気だったが何とか持つだろうと思い、バイクで郊外に走りに出かけた。

トイレと飲み物を買いに大きなショッピングセンターに寄る。続きを読む

旦那が短小の人妻は、私のコーラビンサイズのアレで、さわやかな一時を過ごしました

人妻というものは実際相当なもので、大半は変態な人が多いと思います。私は現在、1人の人妻を交際しています。そもそも、私の精力が絶倫過ぎて妻が私を満足させてくれないからです。毎晩、私が妻を抱いていても、射精するまでに妻は相当回数逝ってしまう為、私は射精することなく妻がダウンしてしまうから、私の方が欲求不満となってしまったのです。続きを読む
寝取られ電子書籍


山文京伝 寝取られコミック
ADスペース
広告
AD
寝取られ好きの管理人のおすすめ
寝取られ好きの管理人が、実際に購入してお勧め出来ると思った動画や同人、漫画作品を紹介しています。
寝取られ・人妻作品レビューサイト
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品