「お疲れ様。今日も大変だった?」
 妻の玲香が、仕事を終えて帰ってきた僕に、ねぎらいの言葉をかけながら夕食の準備を続ける。玲香もパートに出ていて、共働きだ。家事は、出来る方がするという感じでやってきたが、最近は僕の仕事が忙しく、玲香に任せっぱなしになってしまっている。
 僕は、クタクタに疲れてはいるが、なるべく笑顔で大丈夫だと答えた。そして、洗濯物の取り込みを始めた。
「ありがとう! 疲れてるのに、ゴメンね」
 玲香は、良い笑顔で言ってくれる。彼女の笑顔を見ていると、一日の疲れが溶けていくようだ。


 そして、夕食が始まった。出来合いの惣菜との組み合わせだが、それでも手間のかかった愛情を感じる食事だ。
「美味しい?」
 僕が食べる姿を見ながら、幸せそうに微笑む彼女……もっと稼いで楽をさせてあげたいなと思いながらも、コロナの影響はなかなか深刻だと思っている。給料こそ変わっていないが、残業はすっかり減ってしまった。逆に、サービス残業は増えてしまったが、まだクビにならないだけマシかな? と思っていた。

 玲香は、二八歳の優しい雰囲気の女性だ。比較的身長は低めだが、胸はかなり大きい。全体的に、ムチッとした感じもある。ポチャッとした女性……と思われるかもしれないが、脱ぐと意外なほど良いスタイルをしている。
 肩に掛かるくらいの髪を、家にいるときはポニーテールみたいにまとめている事が多い。本当に、良い妻だと思う。性格も良いし、僕の事を真っ直ぐに愛してくれている。なによりも、セックスが抜群に良い。取り立ててテクニックがあるというわけではないが、その肉感的でセクシーな身体だけで、骨抜きにされる。
 そして、恥ずかしがりなところがあるので、あえぎ声を必死で堪えるところもたまらないと思っている。
「ねぇ……今日はダメ? 明日、お休みでしょ?」
 今日も、玲香の方から恥ずかしそうにお誘いがかかった。僕は、もちろん大丈夫だよと告げた。

 食事を終え、片付けをして風呂に入った。腰にタオルを巻いた状態で寝室で待っていると、同じく身体にタオルを巻き付けた玲香が入ってきた。
「お待たせ……」
 頬を赤くしながらベッドに入ってきた玲香に、僕はすぐにキスをした。最近は玲香とのセックスだけを楽しみに、一週間頑張っているような感覚だ。キスをしながら玲香のタオルを外し、乳首を触り始める。玲香は、可愛らしい声であえぎながら、同じように僕の乳首を触ってきた。

 キスしながらお互いの乳首をまさぐっていると、どんどん気持ちが高まってくる。
「伸吾、愛してる」
 玲香は、普段は滅多に口にしない言葉を言ってくれる。僕も、愛してると言いながら彼女の乳首を舐め始めた。
「んっ、アンッ、あっ、気持ちいい」
 玲香は、どんどん高まっていく。僕は、最高の気持ちになりながら責め続けた。すると、玲香の手が僕の股間に伸びてくる。
「固い……カチカチだよ。嬉しいな」
 心から嬉しそうな玲香。そして、そのまましごいてくれる。僕は最高の気分になりながら、夢中で乳首を舐め続けた。すると、真冬がフェラチオを始めた。舌がカリ首に絡みつくと、一気に射精しそうになってしまう。
 玲香は、一生懸命に奉仕してくれる。気持ちよくて腰が浮いてしまう。そして、射精感も高まるばかりだ。すると、玲香がフェラチオをやめて仰向けに寝転がった。軽く脚を拡げ、発情したような顔で僕を見つめる。
 僕は、たまらなくなって彼女に覆い被さった。そして、キスをしながら挿入し、腰を動かし始める。最近では、そろそろ子供を作ろうと話しているので、避妊はしていない。包み込まれるような感触に、思わずうめいてしまう。

「気持ちいいよ。すごく固い。もっと動いて」
 玲香は、気持ちよさそうにあえぎながら僕を見つめてくる。結婚して二年なので、まだまだ倦怠期とは縁がない。毎週のようにセックスをしていても、飽きる気配もない。
 僕は、夢中で腰を動かし続ける。潤んだような瞳で見つめてくる玲香……本当に気持ちよさそうだ。そして、僕はキスをしながら射精を始めた。挿入してから、まだたいして経っていない。早漏なのが申し訳ないと思うが、玲香は嬉しそうに微笑んでいる。
「気持ちよかった?」
 優しく聞いてくる彼女に、早くてゴメンねと伝えた。
「ううん。平気だよ。それだけ興奮してくれてるってことでしょ? 嬉しいよ」
 玲香は笑顔で言ってくれる。僕は、彼女を抱きしめながら幸せをかみしめていた。

 そんなある日、暇つぶしにネットで動画を見ていた。最近問題になっている、新宿の立ちんぼの動画だ。迷惑系というわけではないかも知れないが、配信者の一人が立っている女性達と周辺にいる男性を勝手に撮影するという動画だ。
 カメラに気がつくと、慌てて顔を背ける人たち。モザイクもなく映していて、さすがにやり過ぎだと思って見ていた。女性陣はほぼマスクをしているのでよくわからないが、目元や服装から見ると、かなり若い。男性は、かなり年配の人が多い印象だ。正直、気持ち悪いなと思いながら見ていたが、女性の一人が玲香にそっくりだった。
 マスクをしていてもわかるくらいに、目元の印象が玲香だった。でも、服は見た事がないものだ。やたらとヒラヒラしているというか、ゴスロリっぽい可愛らしい服。
 二八歳の玲香がまずしないような格好だ。僕は、世の中にはこんなにも似ている人がいる事に驚いた。そして、玲香に似た女性が、こんな事をしてお金を稼がないといけない状況に胸が痛くなった。

 それにしても、こんなにも大勢の女性が立ちんぼをしている事に驚いてしまった。そして、買っている男性の多さにも……。その後も、関連動画を見続けた。すると、実際に立っている女性にインタビューしている動画もあった。
 立ちんぼをしている理由に、衝撃を受けてしまった。ホストクラブの推しをナンバー入りさせるためにやっているそうだ。一瞬意味がわからなかったが、ホストクラブの担当の男性を、売り上げランキングのナンバーファイブ以内にするためだという意味だそうだ。
 かなり衝撃を受けた。ホストクラブの男性に、恋心を持っているからお金を使うのだと思っていた。それならば、他の男に身体を売ってお金を作るという事と矛盾するように思う。
 それはそれ、これはこれ……みたいな感覚? 愛する男性のために、気持ち悪いおっさんに身体を売る……どう考えても、理解出来ないと思った。

 こんな動画、見なければよかったと思いながら、自分は幸せでよかったと感じた。そして、数日経った。たまたま新宿に仕事で行く事になった。最近は、シェア自転車を使って移動する事が多いので、いつも通りにシェアステーションに行った。
 本当に便利な世の中になった。こうやって自転車を借りて移動して、目的地近くのステーションに戻せばいい。わざわざ借りたところに戻らなくて良いのは、本当に便利だ。東京は坂もそれほど多くないので、快適に移動した。そして、目的地近くのステーションに自転車を置いて客先に向かった。

 仕事も無事に終わり、契約も取れた。上機嫌でシェアステーションを探すが、貸し出し中ばかりだ。大久保公園まで行かないと空いてない事が分かり、とりあえず歩き始めた。まだ日も落ちていない昼間の時間なのに、立ちんぼがけっこういて驚いてしまった。考えてみれば、この辺りを歩くのも本当に久しぶりだ。
 韓国ブームの時に新大久保で飲み会をしたとき以来だ。公園近くの歩道は、一種異様な雰囲気だった。等間隔に立つ女性……と言うよりも、少女。

 僕は、興味を引かれて立ち止まって観察してしまった。すると、少女達に良い歳したおっさんが話しかける姿が散見される。少し話をして離れていく男性、次の男性が声をかける。少女は、マスクを少しずらして顔を見せる。男性は、テンション高い感じで話を続け、二人で歩き去った。
 目の当たりにすると、不安な気持ちになってきた。あんなに幼いような少女が、売春をしている……日本は大丈夫? そんな事を思ってしまった。
 僕は、そそくさと立ち去ってシェア自転車ステーションを目指した。すると、動画で見た女性がいた……。生で見ると、距離もあるせいか玲香に見える。背もスタイルも、玲香そっくりだ。でも、服装はやっぱりロリっぽい感じのもので、目元の印象と相まって一〇代の少女に見える。
 想像以上にそっくりで、ドキドキしてしまった。すると、男性が声をかけた。結構長い時間話している。ほどなくして、女性はマスクを少しずらして顔を見せた。玲香……としか思えないくらい似ている。でも、目の感じや口の感じがちょっと違う。なんというか、少し派手な印象だ。涙袋というのだろうか? やたらと大きく見える。

 玲香をギャルにしたら、こんな感じなのかな? と思いながら、ちょっとドキドキしていた。世の中には三人似てる人がいると聞いた。その一人がここにいたんだなと思った。玲香似の女性は、そのおじさんと歩き去った。シェア自転車ステーションと方向も同じなので、なんとなく後を付いていく。すると、すぐ近くのラブホテルに入っていく二人……。
 僕は、そのままシェアステーションに行って自転車に乗った。そして、会社へ戻りながら色々考えてしまった。自分でも、不思議なほど興奮している。異常な世界を見たせいで、興奮している……そう思いたいが、あの玲香似の女性のせいだと思う。
 玲香が、あんな風に売春して他の男性に身体を売っているのを想像して、興奮している……寝取られ性癖なんてないはずなのに、想像して興奮してしまう。僕は、自己嫌悪に陥りながらも自転車をこぎ続けた。そして、仕事を終えて帰宅すると、玲香が笑顔で出迎えてくれた。

 やっぱり、こうやって見るとけっこう違う。涙袋なんてないし、口も立ちんぼの女性よりも小さいと思う。でも、やっぱり背格好はそっくりだと思った。
「どうしたの? じっと見てるね」
 玲香は、キョトンとした顔だ。僕は、なんでもないと答えながら、やっぱり妄想してしまっていた。玲香が立ちんぼをしている状況を……。
 少しぎこちなくなりながらも、いつも通りに過ごした。夜になると、今日も玲香が誘ってきた。まだ水曜日なのに珍しい。それでも僕も興奮していたので、そのままセックスを始めた。
 腰を振りながらも、やっぱり玲香が売春をしている姿を想像していた。ただでさえ早い射精が、今日はいつも以上に早かった。完全に早漏だ……。
「良いよ、嬉しいもん」
 謝る僕に、玲香は微笑む。ふと、玲香は欲求不満にならないのかな? と思ってしまった。

 その日以来、少し性癖に歪みが出た僕は、寝取られものの動画や漫画を見るようになった。最初は嫌悪感みたいなものを感じていたが、すっかりとその刺激に慣れてしまった。玲香とのセックスが減ったわけではないが、オナニーの回数が増えた。そんなある日、立ちんぼ女性を盗撮するという動画を見た。
 それは、けっこう人気があるようで、すでに何本も出回っていた。シリーズ化している事からも、やらせのアダルトビデオだと思う。でも、なかなか臨場感があり、寝取られ性癖とは関係なく視聴するようになった。
 年齢的に、マズいのではないか? そう感じるものもあれば、意外に年齢が行っている女性のものもある。面白い物で、マスクをしていると年齢がけっこうごまかせるようだ。マスクを外した途端、あれ? と思う事が多かった。そんな中、玲香によく似た女性のものがあった……。
 てっきり、アダルトビデオだと思っていた。まさか、本当に盗撮ものだとは思っていなかった。実際に、新宿で立っていた女性が出ていると言う事は、おそらくそういうことなんだと思う。僕は、ドキドキしながら動画を再生し始めた。

 よくあるタイプのもので、一分くらいの動画だ。導入部分のダイジェストで、本編は買ってくれと言う感じだ。本編ごとアップされているものもあるが、新しい物はダイジェストばかりだ。
 僕は、すぐに動画販売サイトを見つけて購入した。そのシリーズは、一本五千円とけっこう強気な価格設定だ。でも、何十本もある。人気のシリーズのようだ。すごい世の中だなと思う。ホストのために、身体を売る少女……それを盗撮して儲ける大人……。
 僕は、すぐに再生を始めた。すると、価格交渉の場面から始まった。マスクをした玲香似の女性、男性が、
「お姉さん、可愛いね、いくら?」
 と、ストレートに声をかけた。驚くほどストレートな聞き方に、かなり驚いてしまった。
「イチゴ、NNでニイゴ」
 マスクをしたままそう答える女性。声も似ているように思った……。

「顔見せられる?」
 男性が言うと、女性は少しマスクをずらした。マスクがずれた途端、顔に薄くモザイクがかかる。
「可愛い! NNでお願いします」
 男性がそういうと、女性は微笑んでマスクを戻した。薄いモザイクなので、表情もわかる。でも、玲香なのかどうかは判別出来ない。マスクをした途端、モザイクは消える。このシリーズは、顔にモザイクがかかるのが特徴だ。それが本物感を出していて興奮するが、まさか本物だとは思っていなかった。
 僕は、強い不安を感じている。もしかして、本当に玲香なのではないか? そんな疑念を感じてしまう。マスクから覗く目元は、本当に似ている。でも、玲香より目が大きく感じるし、涙袋が大きい。髪の長さも同じくらいだなと思いながら、動画を見続けた。動画は、基本的にあまり編集はない。歩いている姿も映しっぱなしだ。
 男性は色々話しかけるが、女性はあまりリアクションがない。それにしても、一万五千円? NNというのは、検索するとコンドームなしで中出しOKという意味のようだ。それでも二万五千円? その程度の金額で、そこまでさせる? 僕の理解をはるかに超えている。

 そして、二人はホテルに入った。
「シャワー、一緒に浴びる?」
 女性がそんな質問をする。男性は、そうすると答えた。カメラはテーブルか何かに置かれたようで、固定アングルになる。ちょっと傾きもあるので、おそらく何らかの形での隠し撮りのようだ。
 とくに会話も聞こえてこない状態になった。かすかに、シャワーの音は聞こえてくる。僕は、ドキドキしている。そんなことはないとは思うが、玲香なのではないか? そんな疑いの気持ちが消えない。
 顔も声も似ているなんて、あるのだろうか? でも、玲香が売春なんて、する必要もないと思う。タオルを巻いて出てきた二人。女性は、タオルを付けたままベッドに仰向けで寝転がる。
「優しくしてください」
 女性は、たいして緊張していない感じだ。慣れているのが伝わってくる。男性は、
「もちろん、なおちゃんみたいな可愛い子だったら、メチャクチャ優しくするって」
 と言いながら、女性のタオルを外した。なおちゃん? 名前は違う。でも、偽名かもしれない。

 タオルが外されると、大きな胸があらわになった。ゴスロリっぽい服装からは違和感があるほど、大きな胸だ。裸になると、体型も玲香によく似ている……。ただ、玲香よりもふくよかに見える。胸もお腹も、腕も太ももも、玲香よりも少し太く見える。
 男性は、嬉しそうに覆い被さってキスを始めた。女性は、キスを受け止めてい入るが、自分から舌を使ったりはしていない。男性は、夢中でキスをしている。舌を差し込み、激しくかき混ぜている。女性の目の辺りにはモザイクがかかっているが、口の周りのモザイクは消えている。
 一方的なキス……女性が乗り気ではないのがわかる。そして、口の周りを見ると、ますます玲香に似てると感じてしまう。
 男性は、そのまま女性の首筋を舐め始める。徐々に降りていき、乳首を舐め始めた。
「んっ、ん、フゥ、気持ちいい。乳首好きぃ」
 女性は、キスの時の塩対応がウソのように、可愛らしい声であえぎ始めた。男性は、ますますノリノリで乳首を責める。指で摘まんだりもしながら、夢中で舐めている。
「あっ、んっ、アンッ、気持ちいい。もっと舐めて。もっと強くして良いよ」
 女性は、本当に楽しんでいるように見える。お金だけで繋がった関係でも、快感は感じるのだろうか?

 男性は、そのままさらに下に降りていく。ヘソの辺りを舐めたりしながら、下腹部にも舌を這わせる。そして、クリトリスが舐められると、
「あぁあっ、気持ちいいっ、もっとっ」
 と、女性はすぐにあえぎ始めた。こんなに感じるものだろうか? 演技? 売春なんて、もっと淡々と進むものだと思っていた。
「イクっ、イクっ、オマンコイクっ!」
 女性は、はしたない言葉を叫びながらのけ反った。あえぎ声や感じ方は、玲香とまったく違う。少し安心した。
「じゃあ、交代するね」
 女性はそう言って、フェラチオを始めた。これも、想像とは違ってかなり丁寧だ。心をこめてしているように見える。
「あぁ、マジで気持ちいい。上手だねぇ」
 男性は、ノリノリだ。女性は、けっこうな時間フェラチオを続ける。
「もう出ちゃうよ。そろそろ良いかな?」
 男性が余裕のない声で言う。すると、女性は仰向けになって脚を拡げた。
「来て。生チンポでいっぱい犯して」
 女性は、興奮した声だ。そして、自分で膣口を拡げた。こんな事までするなんて、サービスなんだろうか? それとも、本当に快感を感じているから?

 男性は、すぐに生のペニスを突き立てた。
「うぅっ、あぁ、気持ちいい。生チンポ気持ちいい」
 女性は、とろけた声で言う。本当に気持ちよさそうで、初対面の男性との生セックスに、危機感を感じている気配もない。
「あぁ、ヤバ、気持ちいい」
 男性は、すぐに腰を動かし始めた。気持ちよさそうに、かなりハードな動きだ。女性は、やっぱり気持ち良さそうにあえぎながら、指で男性の乳首を触りはじめた。
「マジで気持ちいい」
 男性は、余裕がなくなっていく。女性も、気持ちよさそうにあえぐ。
「気持ちいいっ、おチンポカチカチになってきたよ。イクの? まだダメ、もっと頑張って」
 女性は、完全に仕事を忘れているようだ。そして、男性は必死で腰を振る。すると、
「んおぉおっ、おチンポ気持ちいいっ、出してっ! オマンコに出してっ! 中出ししてぇっ!」
 と、我を忘れた声で叫ぶ……。男性は、スパートをかけた。

「イグイグッ、オマンコイグッ」
 女性は、身体を硬直させて叫ぶ。男性も、それにつられるように中出しを始めた。女性は、必死でしがみつく。そして、自分からキスをした。メチャクチャに舌を絡めながら、膣内射精を受け続ける彼女……。男性も、うめきながら射精を続ける。
「気持ちよかった……お兄さん、おチンポ大きいね。すごかったよ」
 うっとりとした声で言う女性。甘えたような声色だ。
「いや、なおちゃんもすごいよ。めちゃくちゃ気持ち良かったよ」
 男性も、満足げだ。すると、女性が彼のペニスを舐め始めた。
「フフ、固いよ。まだ出来るでしょ?」
「え? 良いの? 普通一発でしょ?」
「良いの。だって、気持ちいいんだもん」
 そう言って、女性はフェラチオを続ける。やっぱり、商売抜きで楽しんでいるように見える。

「あれ? なおちゃん結婚してるの?」
 男性が、驚いたような声で聞く。
「え? どうして?」
 女性は、少し動揺している。
「だって、指輪の跡あるじゃん。一八歳っていうのも、ウソなの?」
 男性は、さらにそんな質問をする。動画の中で、年齢の事など言っていなかったと思う。風呂の中で話したのだろうか? 
「フフ、バレちゃった。ゴメンね、人妻なんだ。何歳に見える?」
 女性は、悪びれもせずに言う。そして、フェラチオを続けている。
「二二歳くらい? 結婚してるならそんなもんかな?」
 男性は、そんな事を言う。
「はずれ~。二八歳だよ」
 女性は、笑いながら答えた。玲香と同じだ……僕は、激しく動揺しながら画面を見つめる。

「マジで⁉ 全然見えない。もしかして、子持ちとか?」
 男性は、本当にビックリしている。
「それはないよ。ゴメンね、サバ読みしてて」
 女性は、軽い感じで謝った。
「なんでウソついてるの?」
「だって、二八歳なんて言ったら、メチャクチャ値切られちゃうし」
 女性は、淡々と説明を続ける。
「そうなんだ。でも、なんでこんなことしてるの? ホスト?」
「違うよ。私はコンカフェ」
「ホストみたいなもんじゃん」
「まぁね。それよりも早くハメてよ。時間ないよ」
 女性は、そう言って四つん這いになった。

「推しに悪いって思わないの? 生中なんてしててさ」
「別に、彼だってやりまくってるから。そんなの良いの。私だって人妻だし。ほら、早くハメて。れい……なおのオマンコ溢れさせて」
 女性は、言い間違いしたみたいだ。玲香……やっぱり女性は、玲香なんだと思う。どう考えても、色々な事が合致しすぎている。
 女性は、後ろから貫かれてあえぎ始めた。
「あっ、アンッ、気持ちいいっ! おチンポもっと奥にっ! うぅあぁっ、イクイクっ、オマンコイクっ」
 女性は、さっきよりも遙かに感じている。バックが好き……と言う事だと思う。
「あぁ、ヤバい、メチャ締まる」
 男性は、気持ちよさそうに腰を振る。
「私も気持ちいいっ、全然違う。旦那のチンポより気持ちいいっ!」
 女性は、我を忘れたように叫ぶ……僕は、絶望を感じながら股間をまさぐり始めた。

続きはこちら↓ Kindle電子書籍で出版しているお話です