人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~

人妻の官能的な体験談をブログオリジナルのものを含めて紹介します。寝取られ体験、不倫体験など、欲求不満の人妻のすべてがここに

2021年08月

□嫁に、会社の後輩がシリコンリングを入れたと言ったら興味を持ってしまった6(転載禁止)

前回の話

私は、話を聞きに行っただけだったのではないのかと質問した。そう言う約束だったはずだ。
『うん。でも、話を聞いてるうちに決めちゃったの』
由美子は、少し申し訳なさそうに言う。私は、いくらなんでもやり過ぎだと言った。後戻り出来ないことをしてしまって、どうするつもりなのかと。
『でも、パパは喜んでるよね? フフ、こんなになってる』
由美子は、そう言って私のペニスを掴んできた。

続きを読む

※コロナのせいで追い詰められた僕ら夫婦を、大家さんが助けてくれた2(転載禁止)

前回の話

僕は、さっき聞いたことが夢だったのではないか? なにかの間違いだったのではないか? そんな風に思おうとしていた。いくらお世話になっている大家さんとはいえ、美優が抱かれるというのはまったく話が別だ。

でも、さっきの会話を聞いている限り、大家さんが無理矢理していたようには感じなかった。むしろ、美優の方が積極的にセックスをしていたように聞こえた。

続きを読む

▲スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた8(転載禁止)

前回の話

嫁は、あの高橋という男性との不倫に、抜け出せないほどハマりこんでしまっていた。動画もどんどん増えていくし、プレイも過激になっていく。お互いにアナルが感じるので、アナルでのプレイが多くなっていった。

そして、俺も久美さんとの不倫にハマりこんでいた。久美さんにメスイキさせられる度に、俺は後戻り出来なくなっていくのを感じていた。でも、そう思いながらもペニスバンドで犯される快感にあらがえない……。

続きを読む

□バイト先のパートの人妻が、エッチな動画を見せてきた6(転載禁止)

前回の話

俺は、クローゼットから聞こえてきたうめき声で、本当にそこに人がいるんだなと認識した。多分、間違いなく旦那さんなのだと思う。
純子さんは、俺の上で腰を動かし始めた。俺に対して背を向けた格好の騎乗位……。クローゼットからは、純子さんの正面側が見えているはずだ。純子さんの膣中に入ってしまっているペニスの動きも、昔の制服を着たままの彼女も、全部見えていると思う。

続きを読む

▲私の浮気がきっかけで出来たルールで、妻が大学生のセフレを作った2(転載禁止)

前回の話

「奈々子、もう出ちゃうって」
男の子が、余裕のない声で言う。それでも奈々子はフェラチオを続ける。膣の中に入れた指も激しく動かしながら、卑猥なランジェリー姿でフェラチオを続けている。
「ダメだ、出る、出るよ」
男の子はさらに余裕のない声で言う。すると、奈々子は口からペニスを出して手でしごき始めた。男の子はうめきながら射精を始める。奈々子は、ペニスを手でしごきながら顔に精液を受けている。すぐにドロドロになる奈々子の顔。奈々子は、恍惚とした顔で顔面に精液を受け続ける。

続きを読む

#嫁が昔、カップル喫茶に行ったことがあると言ってきた4(転載禁止)

前回の話

優理子は、いつになく激しく舌を使ってくる。俺も、夢中で優理子の舌に舌を絡め続ける。でも、優理子はこんな状況でも腰を振り続けている。俺は、優理子とキスをしながら結合部を覗き見た。
コンドームのついた太いペニスが、優理子の膣を出入りしている。本当に太い。あんなに太いペニスが入っているのに、優理子は激しく腰を使い続ける。裂けないだろうか? 痛くないのだろうか? そんな事ばかりを考えてしまう。

続きを読む

△古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた2(転載禁止)

前回の話

あすかは、あえぎっぱなしになっている。スカートの中をまさぐられていても、脚を閉じようとしない。逆に、もうほとんど開脚状態になってしまっている。
「ダメって言っても、足がどんどん開いちゃってる」
樋口が言う。イケメンとはほど遠い彼。どうして、こんなにもあっさりとあすかをホテルに連れ込めたのだろう? この目で見ても、まだ信じられない。

続きを読む

□嫁に、会社の後輩がシリコンリングを入れたと言ったら興味を持ってしまった5(転載禁止)

前回の話

膣奥深くに射精されながら、由美子は夢中でキスを続けている。むさぼるような全力のキスを続ける由美子を見ながら、私はすでに完全に勃起してしまっている。射精直後なのに、もうガチガチだ。やっぱり、EDは心理的な物だったんだなとわかった。

「由美子、本当に出したから。俺のオンナにしたから」
正和は、いつもの陽気で軽いノリではなく、けっこう真剣な顔で言う。
『すごいね、いっぱい出てるのわかったよ……』

続きを読む

※嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました(転載禁止)

ちょっとした俺の嫉妬心がきっかけで、嫁を他の男とデートさせるようになった。相手は、嫁がパートしている先の社員の男で、5つも年下だ。
俺と嫁は、学生時代に知り合い、6年交際して結婚した。まだ子供はいない。子供が出来るまでの暇つぶしみたいな感じで、嫁はパートに出ている。
続きを読む

※おしとやかで上品だけど、夜はドSの嫁が若い男の子と

『ゆっくりしていって下さいね』
嫁の美和子が、友人の健吾にお茶を出しながら言う。ニコニコと温和な笑みを浮かべながらお茶を置く嫁。前屈みになると、豊満な胸が盛大に胸チラしてしまっている。

健吾は、見ていないような感じを装いながら、チラチラと嫁の胸の谷間を楽しんでいた。
嫁が奥に下がると、
『ホント、美和ちゃんはいつ見ても上品で優しそうだな。ウチのと大違いだよ』
と、健吾が羨ましそうに言う。
健吾は、私と学生時代からの友人で、今年40歳になる。私も同じ40歳だが、健吾は歳よりも老けて見える。私は、別に自分が若々しいとは思っていないが、嫁が若いので、多分つられて若々しいのだと思う。美和子は、まだ29歳だ。一回り近く年下の嫁と、どこで知り合ったんだとよく聞かれるが、嫁が取引先の受付だったという、よくある出会い方だ。
続きを読む

△息子の上京をきっかけに、妻が若い恋人との交際を告白してきた(転載禁止)

息子が大学進学のために上京し、妻と二人の生活に戻った翌日、妻からある告白をされた。それは、他に好きな男性がいると言うことと、その男性と交際をして5年経過していると言うことだった。
私は、妻が冗談を言っていると思って笑った。でも、彼女の告白は続き、これからは週の半分はその彼の家で過ごし、残りの半分を私と過ごす……。それは、そうしたいという希望ではなく、そうしますという報告のような形で宣言された。

私は、パニックになりながら話を続けた。あまりのことに怒る事も忘れ、状況把握しようと必死になる。
そして、私への愛がなくなったのかと質問した。妻は、私への愛情も変わっていないという。でも、それと同じくらいその男性のことも好きになってしまったそうだ……。私は、当然理解出来ないし納得出来るはずもない。
続きを読む
アーカイブ
電子書籍を出しました

電子書籍書きました

2話収録です

電子書籍書きました

2話収録です


ハード系です

新刊です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド
ADスペース


誰にもバレずにアダルトグッズが欲しい!
広告
AD

寝取られ好きの管理人のおすすめ
寝取られ好きの管理人が、実際に購入してお勧め出来ると思った動画や同人、漫画作品を紹介しています。
寝取られ・人妻作品レビューサイト
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
電子書籍新作