人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~

人妻の官能的な体験談をブログオリジナルのものを含めて紹介します。寝取られ体験、不倫体験など、欲求不満の人妻のすべてがここに

2021年04月

▲スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた2(転載禁止)

前回の話

『え? パパ、もう出ちゃったの?』
嫁は、びっくりしてキョトンとした顔になっている。俺は、かなり動揺しながら”ごめん”と謝った。
『フフ。久しぶりだもんね。溜まってたの?』
嫁は、飛び散った精液をティッシュで拭きながら聞いてくる。俺は、うなずきながらそうだと答えた。
『フフ。パパの、まだカチカチだね。本当に溜まってたんだ。ねぇ、まだ出来る? 私、まだしたいな……』
嫁は、少し恥ずかしそうに言う。

続きを読む

※部長に弱みを握られた僕は、妻をオモチャにされてしまいました2(転載禁止)

前回の話

美波は、夢中でクリトリスをまさぐりながら部長のペニスをフェラチオしている。部長にフェラチオしろと指示されたわけでもないのに、自分からくわえにいった……。

僕は、見たくないのにそれを見続ける。本当は、こんな場所にいたくないという気持ちだ。でも、僕は寝室から出ることを許されない。部長が、必ず僕が見ている事を条件にしているからだ。

続きを読む

△無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた4(転載禁止)

前回の話

加奈子は、正常位でつながったまま優一とキスを続ける。時折啓介の方を見ながら、イヤらしい舌遣いで優一の口の中をかき回し続ける。

啓介は、見せつけるようにキスをする加奈子を見て、再び股間をまさぐり始めていた。ズボンの上からの刺激でも、啓介は強い快感を感じている。そして、早くも射精感が高まりつつある。

続きを読む

□海外赴任が決まった友人が、俺の嫁とデートをさせてくれと言ってきた7(転載禁止)

前回の話

直之はパンツの中に射精を続けながら、自分自身驚いていた。手も触れていないのに、香奈と研二の会話だけで射精をしてしまった事に、心底驚いている。

「そうなんだ……。でも、それはマズいんじゃないの?」
伊黒は、心配そうに質問する。

続きを読む

▲出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた5(転載禁止)

前回の話

孝弘は、ひたすらペニスをしごき続けている。画面の中では、顔にごく薄いモザイクをかけられた女性が、男の拳を膣中に入れられた状態であえぎ続けている。見慣れた食卓の上で、どう見ても愛する妻がそんなことをしているのを見ながら、孝弘は興奮の絶頂にいる。

「ほら、子宮握りつぶしてあげるよ」
男性は、興奮気味の声で言う。他の動画では淡々とした印象の男性も、さすがにフィストファックが成功したことには興奮が抑えられないようだ。

続きを読む

#高校生の息子の友人と、親密すぎる嫁6(転載禁止)

前回の話

拓也は、根元まで挿入したペニスを激しく抜き差しする。恭子は、下駄箱に両手をついたままあえぎ続ける。まだ、家に入って5分も経過していないのに、二人はセックスを始めてしまっている。

直之は、テーブルに固定したタブレットを見ながら、すでにオナニーを始めていた。会社の近くの個室ビデオ店で、下半身裸になってオナニーをする直之……。もう、細かいことを考えるのはやめて、興奮に任せてオナニーをすることを選択しているようだ。

続きを読む

#妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました完(転載禁止)

前回の話

信明は、ベッドで眠る息子を背に、リビングに戻っていく。その間中も、ずっと早希の叫び声のようなあえぎ声が響き続けている。

リビングに戻ると、早希は床にうつ伏せに寝転がっていた。脚をピンと伸ばしたような格好になっているが、その上には力也が覆い被さっている。寝バックの体勢……。早希は、もう身体に力が入らないようで、ぐったりとして涙を流しながらあえぎ続けている。
続きを読む

※彼女がいない私の友人に、嫁が手でしてあげると言いだした完(転載禁止)

前回の話

男の子は、しばらくキスを続けたあと、慌てて顔を離す。そして、
「ごめんなさい!! お姉さんの中に出しちゃった」
と、狼狽した顔で言う。
『あらあら。頼んだのはピザなのに、赤ちゃんまで運んでくれるのね』
菜々美は、優しい顔で言う。男の子は、さらに慌てた感じで、
「ごめんなさい。妊娠しちゃいますか?」
と、質問する。男の子は多分学生で、気が弱そうな感じだ。

続きを読む

※久しぶりに会った友人が、僕の嫁と合コンして撮影までしていた3(転載禁止)

前回の話

まさみは、対面座位のまま突き上げられている。後ろからもう一人の男に胸を揉まれながら、夢中でキスもしている。大勢の前で、一人だけ裸になって3Pを続けるまさみ……。

直美さんが、
『まさみ、ズル~い』
と、声をかける。まさみは、夢中でキスをしながら、下から激しいピストンを受け続けている。すると、
『ダメぇ、あっ、あんっ、こんなの初めてですっ』
と、気持ちよさそうな声で言う。
続きを読む

#無職になった僕と嫁で、親友の家に居候することになった5(転載不可)

前回の話

ソファの上では、下着の役目を果たしていないような卑猥すぎるランジェリー姿の純子が、背面座位の格好で健吾に下からガンガン突き続けられている。健吾の動きにあわせて、純子の秘部からは透明のしぶきも飛び散り続けている。

僕は、パンツの中に大量に射精をしながら、そんな光景を見続ける。純子は、泣きそうな顔になりながら、
『ダメっ、見ないでッ、イヤッ、あぁっ、とまらないっ』
と、叫ぶように言い続ける。長くて太いペニスが、純子の膣を出入りするのがはっきりと見えてしまっている。
続きを読む
寝取られ電子書籍

電子書籍書きました


新作です

電子書籍を出しました

電子書籍書きました


2話収録です

ADスペース


誰にもバレずにアダルトグッズが欲しい!
広告
AD

寝取られ好きの管理人のおすすめ
寝取られ好きの管理人が、実際に購入してお勧め出来ると思った動画や同人、漫画作品を紹介しています。
寝取られ・人妻作品レビューサイト
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品