人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~

人妻の官能的な体験談をブログオリジナルのものを含めて紹介します。寝取られ体験、不倫体験など、欲求不満の人妻のすべてがここに

2020年08月

▲オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら3(転載禁止)

前回の話

『ダメぇ、強く吸いすぎだよぉ』
望は、おどけたように言う。祐介に強く舌を吸われ、少し戸惑ったような感じだ。裸エプロンのまま、ソファに座っている望。すぐ横に座った祐介が、さらにキスをする。

望は、チラチラと僕の方を見ながらも、祐介とキスをしている。祐介の舌に対して、望の舌も積極的に絡んでいるのがわかる。祐介は、望に濃厚なキスをしながら、エプロン越しに望の胸を揉み始めた。

続きを読む

△ Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた2(転載禁止)

前回の話

僕は、はっきりと聞いてしまった。確かに杏奈は、研二の名前を呼びながらオナニーをしていた。僕とセックスをした直後なのに、こっそりとそんなことをしていた杏奈……。僕は、想像以上に状況が悪くなってきているんだなと感じた。

次の日の夕方、そろそろ仕事も終わりかけの頃、研二からメッセージが来た。今日も、いつものモールで食事をしたらしい。そして今回は、写真が添付されていた。それは、プリクラの写真だった。
続きを読む

▲オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら5(転載禁止)

前回の話

『パパも、すごくいっぱい出たね。気持ち良かった?』
望は、顔に祐介の精液を付着させたまま言ってくる。僕は、言葉が出せず、黙ってうなずく。望は、祐介の精液をほとんど飲み干してしまった。それでもまだ、望の顔の至る所に精液が付着したままだし、髪の毛にもついてしまっている状態だ。

「ありがとう。飲んでくれて、嬉しいよ。今日は、いつも以上にサービス良いね」
祐介は、そんな風にお礼を言う。
『オプションだからね。ちゃんと、プラスして払ってよ』
望は、おどけた感じで言う。

続きを読む

#自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった6(転載禁止)

前回の話

詩織の動画を見てしまった僕は、知りたくない現実を知ってしまった。結婚して5年経つが、まさか詩織がこんなにも頻繁に浮気をしているとは想像もしてしなかった。

しかも、妊娠中絶までしていたなんて、ほんの少しも想像したことがなかった。僕は、こんなにも裏切られたような状況なのに、怒りがわくこともなければ、離婚しようという気持ちにもなれていない。それどころか、詩織のことを好きという気持ちにも変化がない。

続きを読む

□僕のミスのせいで、嫁のアナルを開発されることになりました完(転載不可)

前回の話

恭子は、橋元さんにまたがったまま腰を動かし続けている。僕の方に身体を向けたまま、アナルにも双頭ディルドを入れられたままの状態だ。
さっき僕が射精した精液は、すっかりと飲み干してしまったようだ。
『フフ。まだ大きいままだね。良いよ、オナニーしても。私が橋元さんに中出しされるの見て、いっぱい興奮してね』
恭子は、妖艶な笑みを浮かべながら言う。

続きを読む

再就職先の奥さんが、エロい誘惑をしてくる3

そんな夢のような日々はいつまでも続くとは思っていなかったが、思ったより早く終わることになった。
別に俺が会社を辞めたわけでもなく、誰かにバレたってことでもなく、破局を迎えたわけでもない。
嫁いで札幌に行ってた長女さんが突然離婚して帰ってきて、奥さんを手伝って事務所に居座ったのだ。
続きを読む

再就職先の奥さんが、エロい誘惑をしてくる2

その後も相変わらず胸チラやパンチラで楽しませてくれてた奥さんだったけど、少しエスカレートしてきたのか、時々ノーブラで来るようになった。
興奮で乳首が立ってるのかハッキリとポチポチがわかるほどで、大きく胸元が開いた服だと乳首も見える時がある。
一度、「奥さん・・・言いにくいんだけどブラジャーしてますか?」と聞いたことがあった。
奥さんは、「わかった?家ではしないので慌てて出てきたから忘れちゃったのよ」と恥ずかしそうに答えたが、その後もよくノーブラで出勤してくる。
続きを読む

再就職先の奥さんが、エロい誘惑をしてくる1

俺の名前は翔太(33歳)。
大学を卒業後、大手機械メーカーに就職し職場結婚。
昨年、家庭不和で離婚騒動があり、同じ時期に職場のゴタゴタに巻き込まれ人間関係が嫌になり退職し、その後離婚決定。
僅かな退職金は嫁に持っていかれ、嫁の両親が後ろ盾となり親権も持っていかれ、絶望感の中で郷里に近い町で再就職しました。
続きを読む

▲オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら4(転載禁止)

前回の話

僕は、うめき声をあげながら射精をしてしまった。望は、僕の方を見て、
『え? パパ、イッちゃったの?』
と、聞いてくる。その口の周りには、まだ祐介の精液が付着したままだ。

僕は、なにを言って良いのかわからなくなってしまい、思わずゴメンと謝った。
『興奮しすぎだよ。ホント、変なの』
望は、そう言いながらティッシュで口の周りを拭き始める。

続きを読む

□嫁と軽い露出プレイをしているうちに、友人に見てもらうことになって2(転載禁止)

前回の話

由紀恵は、クリトリスをまさぐりながら、幸夫のペニスを凝視している。幸夫は、大きすぎるくらいのペニスをしごきながら、由紀恵のオナニーを見つめている。

「本当に触りたいの?」
僕は、そんな質問をする。
『……うん。触ってみたい……幸夫さんのおちんちん、触らせてもらいたい』
由紀恵は、興奮しきった声で言う。幸夫にセックスをしている姿を見てもらう……。そんなことを実行するくらいなので、由紀恵が淫乱なのはわかっていた。でも、他人のペニスを触りたいと言うなんて、想定もしていなかった。
続きを読む

△セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由 完(転載禁止)

前回の話

涼子は、泣きそうな声……というか、泣き声で直人君の赤ちゃんが欲しいと叫んだ。私は、射精してしまった快感にうめきながら、二人のセックスを見つめていた。
「涼子、イクよ。愛してる」
直人君は、そんなことを言いながら涼子を抱きしめた。涼子は嬉しそうな顔で、
『イッてっ、愛してるっ、赤ちゃん欲しいっ!』
と、叫んだ。すぐに射精を始めてしまった直人君。涼子は幸せそうな顔でそれを受け止め、キスを始めてしまった。その後も、何度もキスを続ける二人。私は、精液で汚れた手で動画をとめた。

続きを読む
寝取られ電子書籍


山文京伝 寝取られコミック
ADスペース
広告
AD
寝取られ好きの管理人のおすすめ
寝取られ好きの管理人が、実際に購入してお勧め出来ると思った動画や同人、漫画作品を紹介しています。
寝取られ・人妻作品レビューサイト
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品