人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~

人妻の官能的な体験談をブログオリジナルのものを含めて紹介します。寝取られ体験、不倫体験など、欲求不満の人妻のすべてがここに

禁断の快楽に溺れる母

母子家庭の僕は、母の下着に以上に興奮してしまい

小学校高学年から母一人子一人でしたが、当たり前のように一切の異性の性的関係や思いはありませんでした。
 正直言うと、高1の時、結構透け透けの色っぽいパンティーで、夜勤明けの母の腰がくねってウエストラインと大きなお尻の艶かしさをベランダの硝子越しに見たとき、なぜか俺はチンチンを出し、しごいたら予想外の快感、射精後は後悔・・・。
続きを読む

僕の狂った欲望のせいで、母が淫乱の世界へ旅立ちました

 僕が高校1年生、母が43歳の時の話だ。僕の母はとても真面目で勤勉な人で、父親の給料ではとても生活できない家庭を助けるためにパートに出て働いていた。
当時、性に関する関心がどんどん高まっていた僕はそんな母が女になる瞬間を見たい、そしてそんな母をおかしてみたいと密かに思い始めるようになった。高校に入っての初めての夏休みに転機は突然やってきた。 
続きを読む

義母と二人で飲んでいたら、下ネタからセックスになってしまった

私は、結婚して2年になる28歳の男だ。
妻は、某市立病院の看護婦で、母ひとり子ひとりの家庭だった。もともと父親はいたが、結婚する半年前に、ガンで亡くなってしまった。続きを読む

息子に愛されていという思いは募るばかりで、きっかけ待ちでした

何故でしょう? 16歳の息子が私の身体を求めていると知ったとき、すぐに決意してたくせに実行しなかったのは。
愛しくて恋しくて、もう私の全てといっていい息子ですから。
母性なのか異性としての愛なのか、整理はつかないけど息子に愛されたいという想いは募ってました。
続きを読む

肩が痛い母が入浴中に、背中を流してくれと言ってきた

膣の温もりが、亀頭を通じて感じられると、にわかに全身が熱くなり、つま先から頭の天辺まで、電撃的な快感が走り、小刻みな痙攣を数回繰り返しながら、私は射精した。 
母は、上体を少し反らせながら、”ああ・・・”と、小さな声を挙げた。 ペニスの痙攣が止むと、母は放出された精液をすべて吸い取るかのように膣を締め、ゆっくりと腰を上げて、結合を解いた。続きを読む

息子の夢精は一週間に4~5回あり、その度、私は彼の下着でオナッていました

私は現在36才の主婦で小学6年の息子の母です。
私が息子を性的対象に思うようになったのは、息子が精通を迎えた5年生の終わりの頃です。
息子と私は彼が4年生位まで一緒にお風呂に入っていたのですが、その頃はまだほんとにかわいい子供でした。
しかし、洗濯機の中に放りこまれた夢精でべっとりの息子の下着を見つけた時、私は下半身が異様に熱くなるのを覚え、思わずパンティーを降ろすと、べっとりと精液の着いた下着を股間にこすり付けていました。
その時の快感といったら、今まで味わったことのないものでした。
息子の夢精は一週間に4~5回あり、その度、私は彼の下着でオナッていました。
続きを読む

義母は、私達地獄に堕ちるかな?と、抱き合いながら言った

妻が出産予定日の2週間前から入院する事になった。赤ん坊の首にへその緒が絡んでいて、すぐに危険てわけでもないんだが妻が神経脅迫症という精神的な病を抱えていることも考えた上でだった。
で、妻の48歳になる母親が来てくれて昼間病院で付き添ってくれることになった。
続きを読む

母は兄の汗を舌で舐め取り始め、私も真似をするように舐め始めました

お兄ちゃんは家族を養う為に、アルバイトも掛け持ちしながら働いています。
私が今の大学に行けたのも、お兄ちゃんとお母さんのおかげです。

私はお兄ちゃんのトラックに乗って長距離を走るのがとても大好きでした。
一ヶ月間、一緒にお兄ちゃんと働けるように同じ会社でアルバイトをした時の事です。
会社の計らいで、埼玉から名古屋、大阪、遠くは宮崎までお兄ちゃんの助手として一緒にトラックに乗ることが許されました。
続きを読む

息子がオナニーしてるのを見てしまって、その巨根に驚いた私は

息子が社会人として生活が始まりました。
私もやっと静かな生活を送れるのかなと思いながらパートを続けていました。
夜中に帰ってきたり、酔ってきたりと一人前の大人になったのかなと感じながら食事の準備をしたり、早く結婚して欲しいと願う日が続きました。
珍しく仕事から早く帰ってきて部屋に閉じこもっている息子に晩ご飯の支度ができたので部屋に呼びに行きました。
続きを読む

酔いつぶれた母との、たった一夜の過ちは

私が二十歳。
実母が42歳の時の背徳の母子相姦。
母は私が小学1年の時に、父と離婚。
続きを読む

母のあえぎ声をおかずにした結果、母と深い仲になった

私が中学の時、ラジオの深夜放送を聴いていると「あん、あーん、うん、いいっ、あん、」となかなか強烈な喘ぎ声がする。両親がセックスしていたのだ。続きを読む

友人にはめられて、母にはめてしまった私

当時、高校二年だった私は、親友だと信じていた同級生に裏切られ、巧妙な策謀に操られるようにして母を×りやり×してしまいました。それは七年前の出来事でした。 
ある日を境に、傍目から見ても異様なほど父と母の仲が悪くなりました。 
続きを読む

母子家庭で全裸でオナニーをする息子にのめり込む母

俺は28歳、母は51歳。母は俺が中学2年生の時離婚して以来、
俺との二人暮らし。
俺は中学を卒業して街の小さな工場で働いています。
続きを読む

#夫とセックスした次の日は、息子にお仕置きされる日です

「じゃあ、先に入らさせてもらうよ」
夫はそう言って、浴室に向かいました。長風呂の夫は、私の後でお風呂に入ることが多いのですが、今日は疲れているそうで、早く寝たいと言って先に入ることになりました。

私は、キッチンで夕食の後片付けをしています。すると、後ろから息子のユウキが私に抱きついてきました。
「母さん、いまのうちだよ。声出しちゃダメだからね」
ユウキは、荒い呼吸をしながら私の部屋着のショートパンツに手をかけて引きずり降ろそうとします。
続きを読む

リビングのガラスのドアの向こうで義兄と母がセックスをしているのを見てしまった

僕はその頃セックスに興味はあったけど彼女もいない童貞で、一人雑誌やビデオを見て処理をしていた。 
でもあの日まで、母を女として意識したことは無かった。
それが、あの日を境に母を女として見るようになり、自分のものにして最後は修羅場を味わうことになった。 
こんな話を人に聞いてもらっても何にもならないけど、独り言のつもりで書きます。 
続きを読む