人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~

人妻の官能的な体験談をブログオリジナルのものを含めて紹介します。寝取られ体験、不倫体験など、欲求不満の人妻のすべてがここに

夫以外の種を受け入れる人妻

※仲良くしてるお隣夫婦が、セックスしてるのを見て欲しいと言ってきた

子供が出来たのをきっかけに、思い切って家を買った。社宅で家賃が安かったことと、共働きで家にいる時間が少ないと言うことで、なかなか思い切れなかったのだけど、嫁が妊娠して仕事も辞めるということになり、急に思い立った。

そして、嫁の実家の援助もあり、分不相応な一軒家を買うことが出来た。と言っても、注文住宅というわけではなく、分譲住宅だ。でも、財閥系デベの物件なので、安普請という感じはしない。
その後、なんの問題もなく嫁は出産し、幸せな3人での生活が始まった。初めての子供で、大変なことも多かったが、私は可愛くて仕方なかった。
続きを読む

先日、初めて主人以外の男性に寝取られました

私は処女で主人と結婚したので、男性は主人しか知りません。
先日、初めて主人以外の男性に抱かれました。
それは主人も知っている佐藤課長さんです。
続きを読む

※下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁

こんばんは。
35歳の自営業者で、29歳の嫁と仲良く暮らしています。子供はまだで、楽しく2人で暮らしてます。

結婚して4年経つので、若干倦怠期かもしれません。
最近では、オナニーをすることも多くなりました。とは言っても、結婚して一緒に暮らしているので、動画とかでオナニーをするのは難しく、テキスト系のサイトばかり見てオナニーしてます。

萌えた体験談サイトなどを見てオナニーをしているうちに、NTR使える寝取られサイトというサイトで、寝取られ性癖に目覚めてしまいました。

それからというもの、寝取られ系の話を見るたびに、嫁を重ね合わせています。
続きを読む

傷心ツーリングで出会った人妻と、一瞬で恋に落ちた

彼女と別れました。それもクソ忙しい会社で休暇申請が認められた直前に。
バイクに二人乗りして温泉巡りをしようって計画してたんですけど、パーになりました。
楽しみにしていたツーリングは、タンデムシートが空いた傷心旅行になっちゃいました。
ツーレポみたいになっちゃいますけど、とりあえず。


夜中の国道4号線を北上した。バイパスの流れは速く、渋滞もない。
続きを読む

※お隣の黒ギャルママさんに授乳プレイをしてもらった完

前回の話

『じゃあ、もっと初体験してみる?』
ひとみさんは、ビックリするくらいに熱っぽい目で僕を見つめている。僕に潮を吹くほど指でされて、火がついてしまったみたいだ。

椅子の上に、全裸のひとみさんが座っている。小麦色の肌と、ほとんど金髪の髪。胸とアソコには日焼けの痕がクッキリ残っていて、全裸なのにビキニの水着を着ているように見える。本当に、エロい黒ギャルという感じだ。とても子持ちの人妻さんには見えない。
続きを読む

※強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた9

前回の話

ツインテールにスクール水着の美里が、必死で腰を振っている。悠斗は、バックの体勢で繋がったまま微動だにしない。そんな悠斗の下腹部に、お尻を音がするほど強くぶつける美里。

『当るっ! 奥まで来てるっ! 気持ち良いぃ、全然違うっ! このチンポ、ホントにすごいぃっ!』
美里は卑猥な言葉を叫びながら、腰を振り続ける。私は、目の前で狂ったように腰を振る美里を見ながら、ひたすらペニスをしごき続けていた。
続きを読む

※スロットにはまった若妻を罠にはめた

俺が昔、スロットで生活してた頃の話だけど、けっこう良い思いをしてた。
今となっては信じられないかも知れないけど、昔のスロットは、技術介入とハイエナ狙いで、確実に食えた。
閉店間際に天井近い台をメモして、次の日の朝一狙いをするだけの簡単なお仕事なのに、なぜみんなやらないのかと不思議に思うくらいだった。

そして、負けてるヤツを見て、正直心の中で笑っていた。フラッと店に来て、適当に台を選んで、ジャブジャブお金を解かしていく姿は、勝っている人間から見ると、俺の養分wて言いたくなる感じだった。
そして、そんな負け方をする人間に、若い女性が多いのもあの頃の特徴だった気がする。
続きを読む

※清楚で恥ずかしがりの嫁が、自宅に金髪の若い男達を連れ込んでいた完

前回の話

『オラ、もっと締めろよ。ガバガバだぞw』
金髪は、嫁のことをバックで犯しながら嫁の尻を叩いた。パチンと良い音が響くと同時に、嫁は身体を震わせた。ピンク色の、カップの部分がないブラジャーを身につけたまま、激しく後ろから突きまくられている嫁。小ぶりな胸がユサユサと揺れているのがわかる。

そして、後ろから驚くほど大きなペニスで犯されながらも、ホスト風の男のペニスを口にくわえている。と言っても、男が腰を振って嫁の喉を犯している感じだ。
続きを読む

※無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた5

前回の話

里央が生理が来ていないことを告げてきたとき、私はとうとうこの日が来たなと思った。そして、動揺を隠しながら、
「本当に!? 赤ちゃん出来たのかな? 良かったね!!」
と、全力で喜んでいる夫のフリをした。本当は、どちらの赤ちゃんだろう? と、不安と疑念でいっぱいだったが、それを胸に秘めて話を続けた。

あの時、寝室で激しいセックスをした里央とマサくん。里央は何度も膣中に注ぎ込まれながら、”マサくんので妊娠する! マサくんの赤ちゃん欲しい!”と、叫んでいた。
続きを読む

上司の指示で知人の息子の家庭教師をして、ついでに奥さんを孕ませました

「お奥さんやばいですよここじゃ」
夫婦の寝室のベッドで大の字になると全裸の優子はパンツを取りながら
「もう大きくなってるうっふふっ浮気しないでね」
硬くなった男根を握り締め亀頭を舐め回すと口を大きく開けジュルッジュルッと淫靡な音を出しながら男根を深く浅く、美味しそうにゆったりとバキュームフェラを始めた。
続きを読む

新婚妻に種付けするのは夫ではありません

私には昨年4月に結婚した女性がいます。
名前はユリと言います。
年齢はお互い24歳で会社の同期です。
出会って半年後に付き合い始め、私が去年の年末にプロポーズし結婚することになりました。
続きを読む

※姉さん女房に、軽い気持ちで他の男とHしてみない? と言った結果4

前回の話

『あなた、朝ですよ。起きて下さい』
希の優しい声で目を覚ました。私は、一瞬自分がどこにいるのかわからず、軽くパニックになってしまった。どうやら私は、ソファで寝てしまったようだ。
「あ、おはよう……。あれ? 彼は?」
私は、昨日の事を思い出しながら希に質問した。昨夜、二人は何度もセックスをして、私はそれを見ながらオナニーをさせられた……。そして、希の嬌声を聞きながら、いつの間にか気を失ったように寝てしまった。
続きを読む

旦那しか知らない私が、エロママ友に乱交の世界に連れて行かれた

私は31歳の兼業主婦で、子供が2人います。
旦那は38歳の会社員です。
子供がまだ幼くて、長女5歳、長男3歳で幼稚園に通っています。
続きを読む

知人宅で深酒をし、奥さんを犯してしまいました

やっちゃいけない事をやってしまいました。

普段からこういうサイトを見てはオナニーばかりの毎日でした。
まさか自分がここに書かれているような事をするとは思いもしませんでした。
うまく文面に書けませんがお許しを。
続きを読む

※バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた4

前回の話

俺がクローゼットに隠れてスマホで遊んでいると、足音とドアが開く音がした。
「どうしたの? 優美ちゃん、今日は積極的だね」
優しいトーンのパパさんの声が響く。慌ててクローゼットの隙間から覗くと、タオルを身体に巻いた優美ちゃんと、バスローブを着たパパさんがいた。
優美ちゃんは、ハラッとタオルを外した。どう見ても少女のような裸体。ヘアも薄いし胸も小さい。ピンク色の乳首はまぶしいくらいだ。
続きを読む
アクセスカウンター

    風俗で働き始めた妻の初めての客は…