人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~

人妻の官能的な体験談をブログオリジナルのものを含めて紹介します。寝取られ体験、不倫体験など、欲求不満の人妻のすべてがここに

若い肉体に狂う人妻

訳ありで一人暮らしを始めた後輩の母親の家に行ったらw

旦那に逃げられ、2人の息子たちはそれぞれ所帯を持って、家から離れ、1人暮らしとなった後輩の母親(46歳)の家にちょっとした用があって行くことになった。

行ったのは、昼間だったが、出迎えてくれた母親の姿に少し驚いた。
小柄な母親だが胸と尻がでかいのだが、薄手のよれよれのTシャツにパンツもはみ出してしまうくらいの短パン姿だった。

内心、『誘われてるのかな?』と思いつつも、『いやいや、勘違いだろう』との思いが、交錯していた。

まぁ、昔から知ってるし、身内みたいなもんだから、誘われることは無いだろうと途中から思って、用を済ませた。
続きを読む

※友達の婚活の手伝いで、ランチ合コンに参加した主婦が堕ちた楽園 完(転載禁止)

前回の話

香織は、スマホに映し出された夫の笑顔の画像に、一気に現実に引き戻された。でも、伸也の太いペニスがもたす快感に、腰が抜けそうになっている。

「出なくて良いんですか? 怪しまれちゃいますよ」
伸也は、優しい口調で言う。でも、どことなく苛立っているような、嫉妬しているような雰囲気だ。
『ぬ、抜いて。このままじゃ……』
香織は、スマホを手に取りながら伸也に哀願する。
「大丈夫ですよ。動きませんから。ほら、切れちゃいますよ」
伸也は、少しいじわるな感じで言う。香織は冷静な判断が出来ず、軽いパニック状態のまま通話ボタンを押してスマホを耳に当てた。
続きを読む

娘が彼氏とエッチしている声に発情した私は

私は39歳の専業主婦で、家族は単身赴任中の主人と高校2年の一人娘がいます。娘のボーイフレンドとの肉体関係を告白します。昨年12月初旬の土曜日の午後、娘、佳奈の留守の日に彼女の男友達・裕也君が訪ねて来たのです。裕也君は佳奈が自慢している通り、ハンサムなうえ頑健な身体をしており、私も彼には強い関心がありました。続きを読む

※下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁

こんばんは。
35歳の自営業者で、29歳の嫁と仲良く暮らしています。子供はまだで、楽しく2人で暮らしてます。

結婚して4年経つので、若干倦怠期かもしれません。
最近では、オナニーをすることも多くなりました。とは言っても、結婚して一緒に暮らしているので、動画とかでオナニーをするのは難しく、テキスト系のサイトばかり見てオナニーしてます。

萌えた体験談サイトなどを見てオナニーをしているうちに、NTR使える寝取られサイトというサイトで、寝取られ性癖に目覚めてしまいました。

それからというもの、寝取られ系の話を見るたびに、嫁を重ね合わせています。
続きを読む

継母は美しくて淫乱で、俺を何度も起こして求めてきました

俺はいま21歳になったばかりです。
俺の本当の母さんは俺が4歳のとき車にはねられ死にました。
8歳のときいまの母さんが親父と再婚して遠い岩手県から神戸にやってきました。

色の白い綺麗な人です。31歳でした。いまは44歳です。
ほんとに優しい人です。嘘もつかないし・・・。
続きを読む

夫に先立たれ、バイブで慰めていましたがもう限界です

私はドスケベで淫乱な女なんです。
今までは人妻として、夫との夫婦の営みに満足していたいんですが、昨年、夫が心筋梗塞で倒れ、そのまま亡くなり未亡人になると、欲求不満が募り、さらに痴女になってしまいました。

幸いにも夫は多額お生命保険をかけていてくれたので、一人息子も東京の大学に入れることができ、死んだ主人にすごく感謝しています。
続きを読む

お義父さんはお義母さんがいる前で、俺に下ネタを話してきた

2年前、私は妻と結婚した。
妻とは10歳も年が離れていたが(私33歳、妻23歳)、しっかり者の妻の提案で、妻の実家に一緒に住むことになったんです。
世に言うマスオさんですね。

妻の実家には両親(義父47歳、義母41歳)が住んでおり、大学生の弟はアパートで暮らしていたので2階は全て使えたし、何より家事は全て義母がしてくれたので、妻にしても楽だったんだと思う。
それと私達にはまだ子供がいません。
それも妻が30歳までお金を貯めて、家を建てた後に子供を・・・そう考えていたからでした。
続きを読む

職場のバイトの大学生の男の子とそういう関係になってしまった子無しの私

結婚して5年になりますが、まだ会社で働いています。
出産するときに辞めようと考えていましたが、まだ妊娠しないので、なんとなく仕事は続けています。

先日のことです。
会社の職場の新年会がありました。

私はお酒が飲めませんけれども、会には出席します。
車で来ていました。

帰る時、22歳の学生アルバイトの男の子を、送って行く事になりました。
続きを読む

社会人の僕が、ママと呼びながら近親相姦しました

僕の母親は、昔から近所では結構評判の美人で、よく友達から羨ましがられていました。
中学や高校のときまでは僕も、特には母親に対して特別な感情なんか持っていませんでしたが、大学生になって、一人暮らしを始めてから急に母親が恋しくなりました。
最初はホームシックのようなものだと思っていたのですが、いつの間にか母親とのセックスを想像しながらオナニーすることが日課になっていました。
続きを読む

※ロリ妻環奈と高校生の彼氏

僕の妻は、よく未成年に間違えられる。実際の年齢は27歳で、とっくの昔に成人式を終えた人妻だ。
でも、夫の僕から見ても、美魔女とかみたいに無理矢理若作りしているだけの化け物ババァとは違って、本当にロリに見えると思う。

妻の環奈は身長148cm、体重は教えてくれないが、下手したら40kgないんじゃないのか? と思うような軽さだ。そして胸は、Aカップ……もないかもしれない。服屋さんで、店員さんにAAカップだと言っているのを聞いた気がする。
そんな体型で、顔も童顔なので、本当に子供みたいだ。顔も体型も含めて、見た目は子供の名探偵に出てくる、同じく見た目は子供の元悪の組織のメンバーの女の子に似ていると思う。
続きを読む

部下が童貞だと知り、酒乱の妻と飲ませてみたら

私は、某企業で営業を担当しています。
入社15年で、中堅社員といった感じでしょうか?

1年前、同じ部署に新入社員が配属され、私が教育担当になりました。
彼は、某大学を卒業し真面目で、一生懸命仕事に励む、感じのいい青年でした。
入社3ヶ月もすると、彼もだんだん職場に慣れ、色々話す様になったんですが、人生27年、一度も女性と付き合った事も、セックスをした事も無いと言うのです。

(今時、そんな人いるのか?)

疑問に感じましたが、彼の真面目さからも何となくマジだと感じました。
続きを読む

バイト先に、友達のお母さんもパートをしていた事でエロ話になった

高校生の頃ファミレスで皿洗いのアルバイトを始めました。
同じ店に同級生のサトルのお袋さんのナミさんも勤めており数日後休憩時間が一緒になりました。

ナミさんは42歳でちょっと太めで顔は普通のおばさん。
休憩室で2人で食事を済ませた後、ナミさんは壁の大きな姿見で化粧を直しながら、ボクは雑誌を読みながら世間話をしていた。

そのうちだんだん話がエロ系の話題になっていきました。

「T君彼女はいるの?」
「今はいません」

「女の子とエッチな事したことは?」
「ありますよ」
続きを読む

※お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました(転載不可)

僕が住んでいるマンションは、土地の形状のせいでちょっと変わった形をしています。そのせいで、僕みたいな学生が住むワンルームの部屋と、ファミリーが住む3DKが隣接しています。大学からの近さと家賃の安さで選んだので、特に気にもしていなかったのですが、最近ここにして良かったなと感じています。
隣に住んでいるのがまだ子供のいない夫婦で、その子作りの声が聞こえて来るからです。それをオカズにオナニーをしてしまうこともあります。隣の夫婦は、旦那さんが20代後半から30代前半くらい、奥さんはたぶんまだ30前という感じです。
奥さんは有美さんという名前で、優しい顔立ちの性格の良い女性です。でも、顔や性格なんかより、その巨乳に目が奪われてしまいます。160cm位で、そんなに大きな身体ではないのですが、おっぱいは凄く大きく、どんな地味な格好をしていても主張しまくっています。ただ、有美さんはそれをひけらかす感じではなく、露出の少ない地味な格好ばかりです。
続きを読む

※妻が大学生にナンパされたと告白して始まった、童顔な妻との寝取られ生活2(転載禁止)

前回の話

架純は、舌を絡めて抱きついてきます。私も、美穂さんの激しいセックスに興奮したのか、いつも以上に激しく舌を絡めました。

それにしても、想像をはるかに超えるような状況です。隣では、射精して呆然としているショウさんにしがみつくようになっている美穂さんが、他の男にバックでガンガン責められています。こんな風に他人のセックスを見るのも初めてですが、旦那さんの目の前で、他人のザーメンを飲んだり生でハメられたりするなんて、この目で見ても現実感がありません。

「美穂……美穂……」
ショウさんは、美穂さんの名前を呼び続けます。射精したのに、彼のペニスはまだ勃起したままです。
続きを読む

引っ越して、近所の中学生に犯されました

1年前、新居を購入しこの土地に引っ越してきました。
夫(35歳)は、IT企業で働き深夜帰宅に休日出勤と忙しい人です。
私達には7歳になる娘がおり、この春から小学校に通い始めました。
娘も知らない土地で、初めは嫌がっていましたが、1ヵ月もすると何も言わなくなっていたんです。
続きを読む