息子2人も社会人となり、今は1人暮らしを始めた。 
妻と2人で暮らす日々だったが、夫婦仲も良好で満更でも無い生活を送っていた。

妻(春美:44歳) 私(直人:47歳) 
私の趣味で始めたキャンプ。 
そこで知り合った2組の夫婦。佐々木夫妻と坂下夫妻。 
佐々木夫妻・・・旦那さん(明義:50歳・・・明さん) 奥さん(菜々美:47歳・・・奈々さん) 
坂下夫妻・・・旦那(正春:46歳・・・正さん) 奥さん(希海:44歳・・・希海ちゃん)
何度か顔を合わせる内に仲良くなった3家族。 
趣味も同じだった事や、子供が大きくなり夫婦だけで暮らすと言う環境が仲良くさせたキッカケだったと思う。 
先日、お互い連絡を取り合いキャンプをする事になった。 
いつもの小さなキャンプ場だったが、自然が豊かで水道もトイレも完備された所で、近くを川が流れていて 
軽く水浴びなども楽しめる場所だった。 
その日は、他の客も無く貸切状態で施設の方も”どうです?丸太小屋でも使いませんか?”と言って来た。 
暫く使われていない様子で、施設の方も掃除をしていなかったのか?掃除をする条件で無償で貸してくれる 
と言うのだ。もちろん私達は何度も訪れている常連だからだったと思う。 
テントを張るのを止め、今回は丸太小屋で暮らす事にしました。 
3つある丸太小屋に入ると、中には蜘蛛の巣まで張っている始末。 
掃除は女性達に任せ、私達は昼食の準備に取り掛かった。 
 明「今日ゲームしようと思ってさぁ・・・色々面白いの持って来たんだ・・・」 
 正「前に言ってた・・・女性陣の」 
 明「そうそう!この間エッチなあれ・・・買って来たよ」 
 私「本気で・・・着るかなぁ?」 
 明「酔えば何でも言う事聞くって・・・」 
 正「お互い恨みっこなし・・・ですよね!」

以前、キャンプした時に、王様ゲームをして”何と”お互いの奥さんとキスしたり、胸揉んだりと楽しんだんです。 
酒に弱い女性陣、まぁ熟女だし子供も大人になったという開放感からか?案外ノリノリでお互いの旦那と 
良い感じにキスを堪能!我妻(春美)も明さんに指マンされ逝かされたんです。 
もちろん私も正君の奥さんと指マンや胸も吸い付いちゃったんですが・・・。 
そんな中、女性陣とゲームしてエッチな姿をさせたいなぁ・・・と言っていたんです。 
正直、明さんは今回私の妻を犯す計画です。

掃除を終えた女性陣が”また変な事考えてるんでしょう”と言いながら食事の準備を手伝いに来たんです。 
炭を起こし、持ち合わせた食材を焼き始めると同時にビールで”カンパ~い” 
ワイワイ・ガヤガヤと楽しみながら会話は弾んでいました。 
酒も進み、予想道理女性陣は酔っています。 
 明「そろそろゲームでもしようか?」 
 奈「始まったわね!もう好きねぇ・・・」 
 明「そう言うお前も期待してるんだろう」 
 奈「ちょっと・・・ね」 
 正「大様ゲーム?」 
 明「ん~それは夜!!!指ゲームで負けた人は・・・これ着て泳ぐ」 
 奈「何時の間にそんなの用意したの?」 
袋の中には、女性用のビキニ・・・とは言え超マイクロ水着、男性も超もっこり▽水着でした。 
女性陣も満更では無い様子で”もうエッチなんだから”などと言いながらも”男の人達もあれ着たら食み出しちゃうんじゃない”と 
盛り上がっていました。 
いっせ~ので親指を立て、数を当てるゲーム(まぁ古いゲームですが)で、場は盛り上がりっていました。 
そんな中、一番抜けは明さんで、続いて私が抜けました。 
やがて奈々さん・正君と抜けると最後の勝負は妻と希海ちゃんです。 
 春「え~負けちゃった~」 
明さんが嬉しそうに妻に”はい!これ着てね”とビキニを手渡しました。 
木陰で着替えた妻は哀れも無い姿で、裸に近いんです。 
胸の生地は小さく、Fカップもある妻の胸は殆ど露わになっています。 
陰部も小さな布で覆われ、陰毛までが食み出していました。 
 春「恥ずかしいわ!もう隠れていないし」 
 明「毛が食み出しているから、剃った方がいいよ」 
 春「え~本当に!!!」 
 明「はい、これで処理した方がいいと思うよ」 
妻も顔を赤らめながら木陰に行き毛の処理を始めたんです。 
やげて2回戦が始まり、奈々さんが負けたんです。 
奈々さんもマイクロビキニで妻よりは布が多めです。 
木陰から戻った妻の陰毛は食み出していませんが、全て剃ったんでしょうか? 
何とも言えない妻の姿に、久々にムクムクと反応する股間。 
妻の近くに行き”厭らしい姿だね。全部剃ったの?”と聞くと”うん”と頷く妻でした。 
40代のいい大人が、学生気分に戻った感じにハシャぎ、公共の場で、エッチな姿を曝け出しているんです。 
大盛り上がりの中、川に向かい水遊びをして楽しんでいると、妻の明らかに小さなビキニはズレて 
何度も胸を露出させ男達を楽しませていました。 
2時間程経ち、私達は水から上がり着替えを済ませました。 
夕食を済ませ、片づけをした私達は1つの丸太小屋で酒を飲んでいたんです。 
 明「ねぇ!折角3部屋もタダで貸してくれたんだし、夫婦違う部屋で過ごすのも良いんじゃない」 
 正「いいねぇ」 
 希「え~別の男の人と2人で・・・」 
 明「何だぁ~旦那と離れるの嫌のかなぁ・・・ラブラブですね~」 
 希「そうじゃないわよ!」 
 明「じゃ、全員意見一致で・・・あみだくじで決めようか!」 
全て明さんの仕組んだゲーム!明さんは妻と、私は希海ちゃんと、正君は奈々さんと一緒の部屋です。 
 明「じゃ、それぞれの部屋で・・・」 
そう言うと、私は希海ちゃんと部屋を出たんです。 
部屋に入って間もなく私は希海ちゃんとキスをし肉棒を握られていました。 
希海ちゃんはBカップの小さな可愛い胸で、ピンクの乳首を起たせていました。 
服を脱がせると顔の割に陰毛は濃く、お尻の穴の周辺まで毛で覆われています。 
マンコはまだ綺麗なピンク色で、ヒクヒクとエッチな汁を溢れさせています。 
顔を埋め、穴に舌を差し込むと”うっ・・・ダメ”と可愛い声で鳴きます。 
やがて私の肉棒を咥え込み、凄い勢いで吸ってくるから我慢限界です。 
 「ダメだ!希海ちゃん行きそうだ!」 
 「口に出して下さい」 
 「良いのかい?」 
 「はい!飲んじゃいますから」 
そんな厭らしい言葉に私は希海ちゃんの口に精液を出しました。 
希海ちゃんはその後も肉棒を咥え離してくれなかったので、直ぐに回復し硬くなっていました。 
肉棒を希海ちゃんのマンコに差し込み、激しく出し入れを繰り返しながら 
 「旦那とどっちが大きい?」 
 「旦那かな?少しですよ」 
ちょっとガッカリしながらも腰を動かし、やがて希海ちゃんは逝った様でした。 
2度目の絶頂を迎える頃、私も希海ちゃんのお腹の上に吐き出しました。 
お互い個室のシャワーを浴び、布団に横になりながら唇を交わしていると、外から声が聞えたんです。 
 「春美・・・どうだ!旦那より大きいだろう!」 
 「聞えちゃいます。お願い・・・」 
 「答えてくれるまで、許さないよ」 
 「はい!旦那より大きいです。凄く大きいです」 
窓を開け外を見ると、体中をロープで縛られた春美の姿があったんです。 
Fカップの胸は上下で縛られ前に突き出しています。 
アソコもロープが這われ、左右に広げられているんでしょう!バックから明さんの肉棒を差し込まれ 
ヒィヒィと鳴きながら歩かされてい居たんです。 
余りの姿にただ茫然と見入っていた私。 
 「奥さん凄い事されているんですね!大丈夫ですか?」 
 「え~まぁ・・・人の事は言えませんからね・・・」 
 「そうですね!まぁスワップって言うんですよね・・・こんなの」 
 「まさかこんな事になるなんて・・・思いませんでしたけど・・・」 
そんな中、希海ちゃんが肉棒を握り始め”またしたくなっちゃった”と言いだしました。 
希海ちゃんを抱きながら、妻の姿を思い出し嫉妬で狂った肉棒を人妻の中へ差し込み、激しく 
動かしながら中に出したんです。 
希海ちゃんも眠りに付いた時、私は妻の事が心配で明さんの部屋を覗きに向かいました。 
すると明さんはまだ妻と楽しんでいる様で、外に声が漏れていたんです。 
 「明さん・・もう許して・・・こんな事になるなんて・・・」 
 「前から春美ちゃんをこうして見たかったんだ!この巨乳を自由にしたかったんだ」 
 「だからって・・・こんな事まで・・・」 
 「お尻は嫌いかい?ヒクヒクして悦んでいる様だけど」 
 「イヤ!そこはダメ・・・うっ」 
窓の隙間から中を覗くと妻は椅子に縛られ、大きく開かれた股の間から巨大な浣腸を差し込まれていたんです。 
1本・2本と立て続けに浣腸液を差し込まれ、苦しそうな表情を浮かべる妻。 
マンコにもバイブを差し込まれています。 
明さんは色んな物を用意していたんでしょう!次々と妻の体で試しているんです。 
妻のアソコには毛がありません。昼間に剃ったんでしょう。 
3本目が差し込まれた後には、栓をされマンコに肉棒を差し込まれていました。 
私の物より2回りも大きな肉棒が妻のマンコを押し広げドンドン中へ入って行きます。 
 「ダメ!逝っちゃう・・・もう逝っちゃうわ」 
 「もう何度目だ!エッチだな春ちゃんは・・・そんなに気持ちイイのかい?」 
 「だって・・・うっっっ」 
 「逝っちゃたんだ!こっちもそろそろ良いころ合いかなぁ」 
妻を椅子ごと持ち上げると、戸の前まで連れて来て戸を開けると同時に栓を引き抜いたんです。 
”ジョジョジョ~”と勢いよく浣腸液が噴き出し、辺り一面に吹き飛んでいます。 
全て吐き出した妻は、その穴に肉棒を差し込まれマンコにもバイブを差し込まれていました。 
果てる気配の無い明さんの肉棒に何度も突かれ、力なく受け入れる妻。 
その後、何時まで妻は犯され続けたんでしょうか? 
部屋に戻った私は希海を抱きしめながら寝たんです。

早朝!私は希海より早く目が覚めました。 
朝日が眩しく輝く中、そっと部屋を出て明さんの部屋に向かって驚きです。 
グッタリ横になる妻は全裸で、巨大なバイブを前と後ろに差し込まれたまま、明さんに抱かれる様に 
寝ていました。 
部屋に戻り、2時間が過ぎた頃に希海ちゃんと部屋を出ました。 
明さんも既に着替えを済ませ、妻もワンピース姿です。 
正君も昨日はエッチをしたと思われ、私達は穴兄弟です。 
妻も一晩中差し込まれたバイブに違和感を感じているんでしょう! 
何度も股間を抑える姿が見られたんです。

そして2日目のキャンプが始まったんです。