私(真知子)は44歳の主婦です。 
主人は46歳で会社に勤めています。 
この春、娘が一人暮らしを始めたので主人と二人だけの暮らしになりました。 
夫婦の営みは月に2~3度はありますが、44歳の熟れた身体はもっと激しい刺激を求めていたのかもしれません。 

最近、セックスの最中に主人から『3Pしてみないか?』『浮気してみろよ』と、何度も言われ『そんな事出来ない』と言いつづけてきた私です。 
でも、家事も済んで時間ができると主人の言葉を思い出し妄想してしまうのでした。 

私は我慢できずに寝室に行きカーテンを閉め全裸になります。 
私のクローゼットに隠した通販で買ったバイブを手にするのです。 
バイブで全身を刺激していると妄想が頭の中で始まります。 
数人の男に囲まれ全裸の私は男性器を咥えさせられ後ろから犯される続ける妄想です。 

主人しか知らない私なのに妙に生々しい妄想なのです。 
いえ、妄想ではなく願望だったのかもしれません。 

主人の誘いにいい返事をすれば願望は実現するかも知れませんが妻として私の理性が許しません。

そんな私に主人の友達で松本さん(46歳)の経営する設計事務所でのパートのお話しがありました。 
主人も進めてくれ時間的にも優遇していただけるので勤める事になったのです。

設計事務所は男性ばかりで松本さんをいれて5人です。 
皆さん気を使ってくれ良い職場だと思うのですが一つ問題がありました。 
松本さんから制服だと支給されたブラウスは細身で下着が透けて見える物で、スカートは膝上のタイトスカートでパンティーラインが分かるような素材です。 
私は毎日、男性社員の視線を感じながら仕事をしました。 
やがて仕事にも慣れ男性からチヤホヤされる環境を楽しむようになったのです。 
以前はベージュ系統の下着でしたが、白や黒、ピンクの下着で仕事に行くようになりました。 
松本さんや男性社員の視線が身体に刺さるようで熱くなります。 

それなのに、主人はセックスの時に『松本か社員に誘惑されたらセックスしろよ』と私を挑発するのです。 
『しません!』と私は答えますが頭の中では妄想が駆け巡ります。

主人が一週間の海外出張に出た日、トラブルが発生して残業になりました。 
男性社員が帰っても松本さんと二人で残業です。 
8時を過ぎた頃、トラブルは解消されました。 

「遅くなってごめんね。真知子さん」 
「いいえ。大丈夫です。主人も出張で留守ですし・・・明日はお休みですから・・・」 
「そうなの・・・食事にでも行こうか?」 

松本さんからのお誘いです。 
私は食事の後の展開を期待して誘いに乗りました。 
食事中もドキドキして味など分からないぐらいでした。 

「車で送って行きますが、途中に夜景でも見に行きませんか?」 
「・・・はい・・・」 

主人と結婚してから男性にドライブなど誘われたことなどない私はその状況に酔ったようになりました。 
夜景の見える駐車場までの道のり、松本さんとのセックスを思い浮べ触らなくても分かるほど下着を濡らす私がいます。 

駐車場に着くと車の中から夜景を見ながら話していると話題が途切れた時、不意に松本さんにキスされました。 
私はかたちばかりの抵抗をしていると私の口の中に舌が侵入してきたのです。

激しいキスに私は抵抗をやめました。 
彼の手が伸びて私のブラウスのボタンを外してブラの上から乳房を揉んできました。 
やがて、手はブラの中に侵入し乳首を摘むように責めます。 

私は全身を快感が走り回るような感覚に、はしたない声をあげたのです。 
彼は乳首を口に含むと私のスカートの中に手を入れようと伸ばしてきます。 
私は下着がビショビショなのを知られたくなくって手を掴んで言いました。 

「・・・ここでは嫌、ホテルに行って・・・」 

彼は無言で車を走らせました。 
ホテルの部屋に入ると私はベットに腰掛けキョロキョロしていました。 
主人と結婚前に数回利用した程度で物珍しかったのです。 

キョロキョロしている私は松本さんにベットに押し倒されキスをしながらブラウスを脱がしました。 
ブラも取られ乳房を揉まれる私の身体は再点火しているのです。

このまま、セックスされたい気持ち以上に濡れた下着を知られたくなかった私は『お願い・・・シャワーさせて・・・』と立ち上がったのでした。 

バスルームは寝室からも見える構造でベットに坐った松本さんが誰かと携帯で話しているのが見えました。 
熱いシャワーで落ち着こうと思っているとドアが開いて全裸の松本さんが入ってきました。 

驚いていると抱きしめられ激しいキスです。 
彼の手が私の敏感な秘園を刺激してきます。 
クリトリスを撫でられたときは大きな喘ぎ声をあげたほどでした。 

彼の手に導かれ男性器を握らされたときは驚きました。 
まだ勃起はしていないのに主人とは違う長さと太さでした。 
彼に促され手で上下に扱いているとズンズンと大きくなって硬くなったのです。

松本さんの男性器は亀頭が大きく張り出し血管が浮きでて反り返っていました。

「フェラして・・・」 

私は膝まづいて彼の男性器を咥えようとしましたが、亀頭が口に入りきりません。 
もたもたとフェラしているとベットに連れて行かれ寝かされました。 

主人と違う愛撫をうけクンニにアクメ寸前まで追い込まれた私は、逞しい男性器を受け入れる時がきたのです。 
松本さんは私の両足を広げ秘園に狙いを定め男性器を押し当てます。

「あっ・・・コンドーム付けて・・・」 
「大丈夫、パイプカットしてるから・・・」 

私の秘園を押し開いて主人とは違うオチンチンが入ってきます。 
身体を引き裂くような痛みが私を襲ったのでした。 

「もう少しで全部入るけど・・・入れるよ」 
私は今まで主人とのセックスで味わったことのない奥まで犯されているのです。 
「少し動くよ」 

出し入れされた瞬間、痛みは快感に変わったのでした。 
太いオチンチンに挿入される一体感と子宮を突き上げられ内臓を掻き出されるような感覚に連続でアクメが襲ってきました。 

いろんな体位で快感を教え込まれ、何度も気を失っても気が付くとまた挿入されアクメの連続で気を失うの繰り返しで、朝方まで許してもらえませんでした。

私は彼の車で最寄の駅まで送ってもらいフラフラになって家に帰ったのでした。 
家に帰った私は死んだように眠り、目覚めたのは午後の2時になっていました。

家事をしていると松本さんから電話です。 
「車に携帯を忘れていたから届けにきた」 
とのことでした。 

私は昨夜の激しい夜を思い出し、秘園から愛液が溢れるのを感じながら彼を待ちました。

彼を自宅に迎え入れると我慢できずに私からキスをしたのです。 
白昼のリビングで彼のオチンチンを咥えテーブルに手を付いてオチンチンを迎え入れたのでした。

主人が海外出張から帰るまで毎日、彼に抱かれ続け女の喜びを知りました。 
ただ、最近、松本さんが仕事中でも私に恥ずかしい格好をさせたり主人と松本さんが私に隠れて会ったりしているのが気がかりでした。