私は、友人の協力を得て、妻と社長の関係を調べる事を決意しました。
出張(3泊4日)は職場の後輩に代わってもらい、隠れて妻の様子を窺う事に・・・。
(妻には出張と言っておいた)

出張当日(土曜夜)、私はバックを持ち、家を出た。
と言うか、友人宅(アパート)に向かった。
友人の話では、翌日の日曜日に一部の従業員とゴルフが行われるらしく、友人も招かれていた。

その日、友人宅に泊まり、早めに友人とゴルフ場に向かった。
駐車場には、まだ誰も来ていない様子で、私は友人と別れ、リュック片手に1人草むらに隠れ様子を窺う事にした。
30分もすると続々と参加者が集まり始め、双眼鏡を覗くとその中に妻の姿が見えた。
妻はピンクのポロシャツ(胸元が大きく開いている)に白のミニスカート姿。
用品も、ハッキリは見えないが、たぶんブランド品だ!

そうしていると社長の黒いベンツが現れ、運転席から社長が降り、妻の元へ向かって行く。
妻の服装を確認するかのようにジロジロ見ると頷く姿が窺えた。
社長の到着と同時に、一斉に社員がハウスの受付に向かい、一番後ろを社長と妻が歩き始めたが、社長は直ぐに妻のお尻に手を当てスカートを捲り下着を確認している様子。
私も、林越しに隠れながらコースに向かった。
(虫除けスプレー持参で・・・)

社長達は、一番最後に回る事は分かっていたので、草むらに身を潜め順番を待つ事に・・・。

今日は、人数も少なく3組程度。
友人は数日前に社長とゴルフ会話で盛り上がり、本日一緒に回る様子だった。
(妻の様子を見てもらうため、社長に近づいてもらった)
遂に、社長達が現れ友人が初めに打つ様だった。
続いて部長(俺の上司)、そして社長・妻の順番だった。
妻が打つ時、やはりパンチラが確認出来た、しかも上手い!!!以前とはまるで別人な位・・・。
きっと、かなり練習にも行っているのか?(社長と)

1・2・3ホールとコースを進み、8ホール目くらいで社長の打った球が林の近く(私の隠れている近く)に飛んで来た。
社長は何故か妻と2人で近づいて来るが、部長と友人は分かってるかの様にカートで待っていた。
林に入って来ると直ぐに、社長が妻に抱きつきキスをする。

妻「あ~社長・・・今日は主人の友人も居るから駄目ですよ」

社長「知ってるよ。だから一緒にしたんだ!興奮するだろ」

妻「え~意地悪!!!」

社長が妻のスカートを捲ると、透け透けの水色Tバック姿。
その上からマンコを撫でると社長の指にネットリした汁が糸を引き絡みついているのが分かった。

社長「エッチだな!」

妻「社長がこんな女にしてしまったんですよ」

社長「そうだったか?君も望んでいたんじゃないか?」

妻「・・・」

妻は何も答えず、ただ感じている様子だった。
そんな妻を横目に、社長はポケットから無線のローターを取り出し、妻のマンコに仕掛けた。

“ウィ~ン・ウィ~ン・・”

妻「アッ~ん」

社長「お前は感度がいいなぁ」

そう言われながら2人はコースに戻って行った。
友人達と合流した社長が頭を掻きながら何かを話している様子で、友人達も終始笑顔だった。

昼休み、近くのレストランで食事が行われていた。
私は虚しく1人でおにぎりを食べ、双眼鏡で様子を窺っている。
ハッキリ言って怪しい変質者!
窓際に席を取り、各組毎に食事を行っていた。
勿論、社長の隣には妻が座り、向かい側に友人と部長だった。
食事中も、社長は妻のスカートを捲り、太股を擦ったり、股間に手を伸ばしたりしていた。
妻も股を開き、社長が触りやすいようにしている。
辺りの客は全く気付くこともなく、楽しげに食事を楽しんでいた。

食事も終わり、ジュースやビールを飲む者もいる中、社長が裏口から出て来て、食堂の陰になる所の椅子に座った。
少しして、妻も同じ所から出て来た。
社長に呼ばれ、隣に座る妻に社長は飛びつく様にキスをし、胸を揉む。

妻「社長ここでは・・・見られちゃう」

社長「もう濡れて、欲しい癖に!」

そう言って妻のパンティの中に手を入れ、指を・・・。

妻「あ~ん!もう駄目・・・感じちゃう」

社長「何だ!旦那の友人にも見せてあげようか?」

妻「それだけは、勘弁してください・・・お願い」

ズボンを下げ、チンポを出すと妻を足元に跪かせ、チンポに口を近づけると私の目の前で、妻は他人のチンポを咥えた。
そんな姿を見せられているというのに、私の股間も熱く脈だっていた。
頭を上下に動かしながら、社長の精液を口の中に受け止めていた。
口からチンポを抜くと、精液を吐き出す妻に「飲め!」と一言。
妻は、残りを飲み込んだ。
立ち上がる妻のパンティを剥ぎ取り自分のポケットに仕舞う社長に、「後半はその姿でプレーしろ!」と言われ、顔を赤らめながら妻は頷いた。

レストランを後にした社長一行は、午後のコース目指し、カートを走らせた。
私も、歩きながら後を追って行った。

10ホール目、私が到着した時には妻がクラブを持って打とうとしていた。
ちょっと離れていたが、双眼鏡で間近に妻が見え、クラブを振った瞬間、一瞬マンコが見えた。
部長は気づいた様子だったが、見ないフリをしていた。
友人は、まだ気づいていないが、時間の問題だった。
次ホールでは、友人も気づいたらしく、ジロジロ見る姿が確認出来た。
社長は、妻の恥ずかしがる姿を誇らしげに披露していた。
明らかに顔を赤らめる妻が愛おしく見えた。

17ホールでは妻が林の中にボールを打ち込むと、後を追う様に社長がついて行き、草むらの中で妻を四つん這いにし、バックからチンポを挿入しマンコの中に放出し、太股を伝って精液が流れている状態でコースに戻る妻だった。
そうしてゴルフも終了し、解散となった。
友人と合流すると、「すまない!」そう言って謝る友人に、「どうした?」と聞くと、妻の下半身に目が行き何度も見てしまった事に謝っていた。

私「良いんだよ!全て社長が悪いんだ・・・そして妻にゴルフをさせた俺のせいだ」

友人に妻と社長の行為を聞くと、私の知らない所で、もっと激しいことを妻は受けていた様だ。
カートの座席には、バイブ(椅子に固定)が設置され、座る度にマンコに挿入。
体には、ロープが巻かれていたと言う。
そんな姿で、ゴルフをすれば、辺りの人も分からない訳がない。
みんな気づいていて知らないフリをしていた事を知らされた。
部長にも友人は口止めされたと言う。
何とも言えない私は、友人宅に到着するまで無言だった。
その後の妻が気になり、友人の車を借り、家に様子を見に行ったが、妻は1人でいる様子で安心した。

翌日も、午前中に見に行ったが、洗濯物を干す妻が1人で居るようだった。
夕方、帰るか悩みながら、もう一度自宅に向かってみた。
リビングで電話をする妻!
一体誰と話しているのか気になった。
10分程電話が続き、切ると同時に妻が2階に向かった。
暫くして着替えた妻が降りてくると、ゴルフバッグを持ち、車に積み込み始めた。
相変わらず、ミニスカート姿に胸元の開いたポロシャツだった。
車を走らせる妻の後ろを、友人の車で追いかけた。

見慣れた練習場!社長が通うゴルフ練習場だった。
ちょっと遅れて車を停めると、見覚えのあるベンツが停まっていた.。
打ち込む反対側に向かい、標識の陰から双眼鏡で妻を探すと、2階席のプライベートルーム(予約席)に妻と社長の姿が見えた。
そこは壁で周りと仕切られ個室状態なので、私のように向かい側に来ないと誰が居るか分からない。

練習を始めて直ぐに、妻に寄りそう社長。
後ろから妻の胸を揉み、スカートを捲り、パンティの上から擦る姿が見える。
目を瞑る妻は、社長の愛撫に感じ、喘いでいるのが分かった。
妻のパンティを下げて脱がせると、そのまま練習を続けさせ、後ろからクラブでマンコに差し込む社長だった。
社長の行為はエスカレートし、上半身裸にしたと思うと、スカートも脱がされ全裸で打つ妻。
社長もズボンを下げ、遂には妻に咥えさせ始めた。
暫く咥えた妻が、口から離すとバックから挿入され激しく突かれていた。
何度、出されたのか分からないが、ようやく妻が服を着て練習場を後にした。

私が出張で居ない時、妻はこうして社長の玩具にされていたんだと確信した。
そして、社長への仕返しと妻脱却を考えている。