私は36歳になり大手と言われる建設会社に勤めています。
だから国内の出張は当たり前ですが、役職についてからは海外の出張が増えました。

もともと私は帰国子女で英語は日本語より堪能だと思うのですが、仕事でも通訳として幹部に同行することも多く、1ヶ月くらい日本にいないことも多く、妻にはさみしい思いをさせていると思うと、申し訳ないと思うのですが、私たち夫婦には子供がいないので、たぶん浮気をしてるんじゃないかな、と思うこともあるのですが、仕事がある以上仕方ありません。
この前も1ヶ月ぶりに中東から帰ってきて、久しぶりに同僚と飲みに行ったのですが、私も仲のいい同僚だったし、週末だったのでだいぶ飲んだのですが、勢いで私の家で飲むことになり、まだ夜11時くらいだったので、妻に電話して自宅で何か簡単なものを用意するように伝えたのですが、妻もいやなこと1つ言わずに料理を用意してくれるところが私は好きで、でもあんなことになろうとは夢にも思っていませんでした。


自宅に帰ると妻は笑顔で迎えてくれた。同僚とは顔なじみというか、私達は社内結婚なので、入社時から同僚も知っていて、私が出張の時は頼みごとをしていました。


でも私も出張で厳しい仕事をしていたため、これまでの疲れで、すぐにダウンしてしまい、結局、酒の強い妻と同僚が2人で飲んでいたみたいで、私が気が付いたのは夜中2時ごろで、奥の部屋で寝ていたのですが、何か飲もうとリビングに行こうとした時に、リビングから喘ぎ声が聞こえてくるんで、同僚と妻がエロDVDでも見てるのかと、少しドアを開けると、なんと妻がリビングのソファで全裸で両足を大きく開いて、部屋中にクチュクチュと響き、ソファはギシギシと音を立てて、

「ああっ、そ、そこ、いいの~、ああ~っ・・・」

「ゆり子、今日はいつもよりすごいな」

「あああ~、いやよ、あああ~、奥で、あの人が寝てるから~」

「今日は旦那がいるもんな、たっぷりいじめてやるからな」

「ああ~ん、いや、みつかるから~、ああ~、そ、そんなこと~」

私は酔いは一瞬にして冷めた。どうみても浮気ですが、それも今日初めてというような感じではない。


焦りはしたが、妻が他の男とセックスしてるのを現実に見ると、意外に興奮するもので、これは入っていってはいけないと思い、しばらく様子を見ていると、股間が勃起してきて、私はズボンの中に手を入れ、自分でしごきながら、妻の喘ぎ姿を見ていると、同僚はクリトリスを吸いながら、アヌスに指を入れようとしていて、

「あああ~、そ、そこは~、旦那にも、ゆるしてないの~」

「だいじょうぶ、俺が開発してやるから」

同僚の指は膣の中に入れ、十分に濡らせてから、何回も肛門に指を入れている。そして舌で膣の辺りを舐めながら、肛門もペロペロと舐めながら、指を出し入れしていると、だいぶ妻も慣れてきたのか、喘ぎ声や感じ方がだいぶ変わってきた。


「あっ、あっ、なんだか、いい、気持ちいいわ~」

「だいぶ気持ちよくなったか、まだまだいじめてやるよ」

「ああ~、いや~ん、もうだめ、我慢できないの~」

「そんなにほしいのか、今日はいつもより積極的だな」

「そ、そんなこと・・・・、は、はやく~・・」


すると同僚は体勢を変えて妻の完全に濡れきったおまんこに、見た目、私より大きいペニスを一気に突っ込んだ。


「あああ~っ、す、すごい~、お、大きいっ、いい~っ」

「今日は興奮するな~、今日の濡れ方はすごいよ」

「そ、そうなの、気が、気が狂っちゃう~」


妻の喘ぎ方は今まで私とのセックスで見たことのないような、乱れっぷりだった。

たしかに妻は淫らだと思うし、性欲も他の女性よりは強いと思うし、この部分が私が長期出張に出る時に一番気にしていたところで、同僚にお願いしていたが、セックスの相手まではお願いしていない。


でも今、目の前にある妻の姿は、想像を絶するもので、かなりのショックもあるが、その光景はくだらないエロビデオよりすごくいやらしく、夫の私でさえ、いつより勃起して興奮している。


私は行こうと思ったが、そんなに気が強いわけでなく、同僚との今後もあるから、あえて見守ることにしたが、妻の目が失禁状態になっているみたいで、もう我を忘れているのでしょう。


同僚とセックスしている妻。それになにもできずにドアの隙間からみている自分。すごく情けなかった。涙が出るくらいに情けないが、でも股間は勃起していて静まることもなさそうだ。


妻の体はすごく敏感で、乳首を吸ったり、クリトリスを触るだけで絶頂に達することはよくあることだが、ソファのところも愛液でグッショリと濡れている。それくらい妻は興奮している証拠である。


やはり妻にとって何週間もセックスなしでいるのは、辛いと思う。

オナニーばかり毎日していたのだろう、私とも国際電話で、テレホンセックスを週に1回はしていたし、妻は体が恋しいと、何回も裸の画像やオナニーしてる姿をメールで送ってきていた。


でももしかしてそれは、同僚がしくんだのかもしれない。

もともと同僚はまだ入社したての頃から妻のことが好きで、でも妻は私のほうが好きで、この三角関係で悩むこともあったが、こういう形になっているとは夢にも思わなかった。


そしてこともあろうに、私が妻のアヌスを責めると妻は決まって拒絶する。お尻だけは勘弁して、と言うが、今は同僚がアヌスを攻め、それに妻は拒絶するどころか、ほしがっているようにも見える。


そして同僚がペニスをおまんこに、指をアヌスに入れると、妻は半狂乱したように喘ぎまくり、体はクネクネさせて、感じまくっている。


同僚はなかなかの遊び人で、一緒の大学ではないが、その頃から知っているが、けっこうな遊び人である。妻もそのことがわかっていて同僚とは付き合わなかったのだろう。


2ヶ月くらい前も飲んだ席で同僚はアヌス攻めをしている女がいる、と言っていた。それはまぎれもなく妻のことであったのだろう。

すごいよがり声をあげると言っていた。

確かに今、目の前で妻は半狂乱になっている。
やられた。自分が悲しくなった。


そして妻はおまんことアヌスと両方を同時に攻められ、白目になって痙攣しているようだ。


「ああああっ、で、でる~、変、変なの~、あああ~、助けてっ」

「いっぱい出せよ、俺もすごくいい」

「ああっ、いやっ、いやっ、あああっ、あ~、だめ~っ」

妻はまたイってしまった。


2人の動きが止まり、呼吸もだいぶ整ってきたみたいで、

「ゆり子、今日はすごいな~、でも何回でもイカせてやるぞ」

「いや~ん、もう体が持たないわ、それにこんなにソファが濡れてるし・・・・」

「そうだな、あんまりやると起きてくるかもしれないな」

すると同僚はまだイってないので、今度は妻が同僚のペニスをフェラチオを始めたが、あんな吸い付くようなバキュームフェラは初めて見た。私とのセックスの時とはだいぶ違う。


同僚の竿を吸い付いたように、吸い上げたと思うと、今度は同僚を足を大きく開かせ、玉袋を、また同じように、吸引し、お尻の穴まで丁寧に舐めている。


「ああっ、ゆり子、出そう、あああっ、出るっ」

「いっぱい出して、いっぱいよ」


妻は射精した後も同僚のペニスをきれいに舐めつくした。


お互い満足したのだろう、ソファに横になり、濃厚なキスをし、じゃれあうような感じに見えたが、また同僚のペニスが勃起したのだろう、そのまま抱き合ったままの体勢でペニスを挿入し、同僚は小刻みに腰を動かしながら、妻もそれに答えるように、大きく足を広げ、そしてまた激しいセックスが繰り広げられ、お互い同時にイってしまった。それも中出しだった。


それを見届けると、私は気づかれないように寝室へ戻り、寝ているふりをしていると、同僚は夜も遅かったので、そのまま帰っていった。


妻はその後、かたずけをして、シャワーを浴びていた。

寝室に戻ってきた時には、ボディソープの匂いがして、私は急にムラムラしていた。


「あなた、ごめん、起こしちゃった?」

「いや、少し飲みすぎたかな」

「中東ではあんまり飲んでないから、久しぶりのお酒だったでしょ」

「ああ、やっぱり日本で飲むのが一番おいしいよ」

そう言いながら妻が布団に入ってきたので、久しぶりにキスをした。


「もう今日は疲れてるでしょ」

「うん、まあね」

妻は寝ようとしていた。当然である。あんな激しいセックスをすれば疲れるだろう。でも妻を抱きたいと心から思った。


私は妻に抱きつき、パジャマを強引に剥ぎ取ると、大きなおっぱいが目の前に現れ、私は妻のおっぱいに顔を埋めた。


妻の匂いが私の興奮をさらに高め、妻のおっぱいも大きく、私にとっては久しぶりのセックスだった。


「もう明日にして」

「うるさい、だまっていろ」

私は同僚がセックスした後のおさがりみたいで、いやだったが、同僚のセックスの感触を消すためには私が寝る前にセックスしないと私のおさまりがつかなかった。


「あ~、あなた~、だめよ~」

「おまえ濡れてるじゃないか」

「あ~、あなたとは、久しぶりだからよ」

なにが久しぶりだ、今まで同僚にこれでもかと抱かれていたのに、女はここまで変われるのかと思うと余計にむかついた。


そして妻を全裸にすると、布団をベットから下に蹴落とし、妻の両足を掴み、いっぱいいっぱいに広げさせ、

「おまえ凄く濡れてるじゃないか」

私はむかついていたが、でも妻はだいぶ濡れていたので、少しは落ち着いたが、でも恐らくさっきまでも同僚とのセックスの残り火であろう。でも私にはどうでもよかった。


私は妻を犯すように荒っぽく扱い、お尻を叩き、背中も叩き、おっぱいを思いっきり握ると、妻は意外そうな感じで、でも喜んでいて、

「ああ~、どうしたの~、ああ~、いい~、もっとたたいて~」

むかついて叩いてるのに、妻は感じていて、それが余計にむかついた。


「待ってたんだろ、俺とのセックスを・・・」

「ああ~、そ、そうよ、あなた、もっと、もっとして~」

どう考えても妻は同僚とのセックスの延長戦という感じた。


そして妻を強引に四つん這いにさせ、お尻を突き出させ、おまんこに指を突っ込んで濡らすと、その指をお尻の穴に突っ込んでみると、

「ああっ、いや、そ、そこは・・・あっ、だめ~っ」

私は妻の喘ぎ声やよがり声と拒否をすべて無視して、私のやりたいようにした。これが妻は私の所有物だということをわからせてやりたかった。


妻のお尻の穴を見ると少し赤くなっていたが、おまんこからは、たくさんの愛液出ており、光で反射して光っていた。


「興奮してるんだろ、気持ちいいんだろ、ゆり子、そうだろ」

「ああっ、ち、ちがうの~、あっ、あっ、いや、いやなの~」

「やかましい、今日はゆるさないからな」


私はフェラチオもしてほしかったが、妻のアヌスに私のペニスを早く入れたかった。同僚とのセックスを見ていると、ペニスはアヌスに突っ込んでいなかったから、おそらくまだペニスは突っ込んだこともないだろうと思っていたし、このアヌスの締り具合からして、まだだろうし、妻のアヌスを征服するのは夫である私がして、アナルセックスをして、私が教え込んだと思わせたいからだ。


「ああ~、あなた~、早くちょうだい」

「ここに入れるぞ、いいか」

「あっ、ちょ、ちょっと、そこだけは・・・・」


私は1度おまんこにペニスを突っ込むと、十分にペニスを濡らせて、指でアヌスをヌルヌルの状態にして、ペニスを一気にアナルへと突っ込んだ。


「あああ~っ、い、いたい~っ、いや~っ」


妻は痛がっていたが、ヌルヌルだったので、私はそのままかまわずに腰を動かし続けると、妻の反応がだいぶ違ってきていた。


「あああ~、あなた~、すごいっ、あああ~、こんなに、感じる~」

「そうか、気持ちいいだろ、もっと奥まで入れるぞ」

「ああっ、いいっ、いや、ああっ、出ちゃう~、また出ちゃう~っ」


妻はまた出ちゃう~、って言った。たぶん無意識のうちに出たのだろう。

同僚とのセックスであれだけ潮を噴いて、私とのセックスでは、まだ潮を噴いていないのだから、また出る、という言い方はおかしい。


でも私も初めてのアナルセックスだったが、おまんこに入れるより、締め付けがすごくて、もう我慢できなくなっていた。


「ああ~、出そう、イキそう」


私はアナルからペニスを引き抜くと、そのままおまんこに突っ込むと、これ以上ないくらいに腰を全体に振った。


「あっ、出るっ、ああああ~」


妻のおまんこにいっぱいいっぱい溜まっていた精子を出した。


私は同僚とのセックスが残らないように、一生懸命に腰を振った。

結局妻は絶頂を迎えていないようにも感じたが、

「あなた今日はどうしたの、でもずっとしてなかったから仕方ないね」


妻はさっきまでセックスしていたのに、淡々としていた。

私は少しむかっときたが、急に眠気が襲ってきてしまい、そのまま眠ってしまった。


おそらく妻は私とのセックスは不満が残っていただろう。

でも翌日から私はアブノーマルセックスをいろいろと考えていた。

ペニスの大きさやテクニックはたぶん同僚に負けるだろうが、SMや通常では考えられないことを取り入れることで、妻とのセックスを変えていこうと思う。


でも翌朝の妻は何もなかったように、私にキスして送りだしてくれた。

会社でも同僚は、昨日は遅くなったな~、くらいで奥さんによろしく、と言っていた。


あの2人、いつか仕返ししてやると思うが、その前に私とのセックスがよくなれば妻は浮気をしないことだし、早く会社を辞めて独立してやると決心したのでした。

【オリジナルの寝取られ体験談はこちら】