私には5歳離れた兄がいます。

今から20年程前になりますが、私は兄に抱かれました。

まだ小学6年生で、その日は両親が出掛け、兄と2人で留守番をしていました。

兄の部屋に入ると、目の前で兄がオナニーをしていました。
「勝手に入って来るなよ!」と、私は兄に押されました。

勢い余って私はその場に転び、スカートが捲れあがってパンツが露わに・・・。

兄は私に跨がり、いきなり口にチンポを入れて来ました。

「ヤダ!汚い」

兄は容赦なく私の口にチンポを入れました。

初めての味と匂い!

驚きと不安。

そして・・・、興奮していました。

正直、私は兄が好きでしたし、SEXが何かも理解していました。

「もう~」

そう言いながら兄のチンポを舐めてあげると、兄は私の小さなマンコに挿入してきました。

処女は兄に破られました。

初めは痛さで涙が出たんですが、何度も出し入れされるうちに気持ち良くなって、何度も中に出されていました。

その日から毎日、私は兄の性処理をさせられ、両親の目を盗んでは兄に挿入され続けました。

両親は共働きで、夜は7時位にしか帰って来なかったので、学校から帰るとすぐにパンツを剥ぎ取られ、口で1回、マンコで1回。

夜寝る前に兄の部屋で、もう1回。

そんな生活が1年も続き、私は中学生になりました。

兄の相手をしていたせいか私の体はクラスの女性の誰よりも早く大きくなり、胸も一番大きくなっていました。

それを喜んでいたのは兄で、胸はしゃぶられ、マンコも舐められる様になっていました。

毎日SEXしていた事で、私も毎日楽しみになっていて、兄が居ない日はマンコがジンジンと疼き、自分でオナニーをして我慢する日々でした。

私が中3の時、兄は大学生でしたが、彼女も作らず私とSEXをする日々。

しかもその頃には兄の趣味で青姦性活。

体中を縄で縛られ、マンコにはローターが設置され、リモコンは兄が所持。

そんな姿にワンピース一枚羽織り、兄の車で遠出。

場所はまちまちで、海辺だったり山中だったり。

車を停めると、人気のない所で服を脱がされ全裸散歩。

兄のチンポを咥えながら四つん這いで歩かされたり、木に縛られて鞭で叩かれたり。

初めは痛くて嫌だったんですが、私の中のM心が目覚めたんでしょうか?

痛みが刺激に変わり、感じる体になっていました。

学校にローターを入れっぱなしで行かされた時もあります。

一日中マンコがジンジンして、周りの目が気になって仕方なかったのを覚えています。

家に帰る頃にはパンツはビッショリ濡れていて、バイブオナニーをして何度もイキました。

もう普通のSEXでは満足出来ないんです。

兄はそんな私を知ると色々な道具を購入し、色々試してきました。

高校生になる頃には媚薬をマンコに塗られ、熱くなるのを感じました。

その頃でしょうか、兄に浣腸をされ、初めてお尻の穴の経験をしたのは・・・。

お尻の穴は、初めはウンコが出る感じで嫌だったんですが、何度か入れられるとマンコ同様に気持ち良くなって。

今ではお尻の方が多いかも・・・。

マンコとお尻の穴にローター入れて登校する高校生なんていないですよね。

兄は、人前に恥ずかしい姿で行かせる事が多くなり、買い物は勿論、一緒に居る時はノーパン・ノーブラです。

逆らう事は出来ません。

何度も見られた事があります。

買い物中にバイブが外れ、辺りの人に見られた事もありました。

みんなジロジロと変態を見る目で、中には後を追いかけて来る人も居て、怖かったのを覚えています。

兄はそんな状況でも顔色一つ変えず、私のそんな姿を眺めて楽しんでいるかの様でした。

高校3年になると私のお尻の穴は広がり、巨大なバイブですら入るくらいになっていました。

もちろんマンコも同様です。

高校卒業と同時に私は家から離れた所に就職が決まり、1人暮らしをする事になりました。

兄とも離れ離れになりましたが、暇を見つけては兄が訪れ、私を抱いてました。

そんな暮らしも長くは続かず、職場の男性と結婚する事になりました。

兄に報告すると笑顔で「おめでとう」と言われ、安心すると同時に淋しさも感じました。

結婚当日の朝、私は兄の部屋に向かいました。

最後の挨拶をしようと思っていたのですが、結局、朝から兄に抱かれ、アナルに精液を入れられ、ローターで栓をされました。

そんな状態で、私は結婚式に臨むことになったんです。

式が始まり、何度も兄にスイッチを入れられ、アナルがジンジンすると同時にマンコから汁が出るのが分かるくらい私は濡れていました。

正直、下半身が気になり、式を楽しむ余裕すらなく結婚式は終わっていました。

彼との新婚生活も始まり、兄との縁も終わると思っていたのですが、兄は彼が居ない時を見計らっては訪れ、私の体を抱いていきました。

初めは家の中だけで済んでいたのですが、回数が増えると兄の車で連れ出され、青姦をするようになっていました。

彼には申し訳ないと思いながらも、兄に逆らう事が出来ず、ただ従うしかなかったんです。

兄が訪れた後の彼とのSEXは物足りなさを感じ、1人オナニーをして解消していた。

そして彼と初めて迎えた正月、ついにバレる時が来ました。

実家に彼と一泊する予定でした。

夕方から酒を飲み、酔った彼が先に就寝したので、私も後を追う様に布団に横になりました。

目を閉じてウトウトとした頃、下半身に寒さを感じて目を覚ましました。

布団の下の部分が盛り上がり、ゴソゴソ動いていました。

布団を捲ると、兄が私のパジャマと下着を脱がし、M字状態で頭を股間に入れていました。

「ちょっとマズいわ・・・ここじゃ」

私がそう言うと、手を引かれ、兄の部屋に連れて行かれました。

兄は私の手足をベッドに縛り付けると、アナルに浣腸を入れ始め・・・、我慢するのが大変だった。

しばらくしてトイレで一気に放出すると、兄は再びベッドに縛り付け、マンコとアナルに道具を差し込み、楽しみ始めました。

私は、もう変になりそうで、だた兄の行動に従う事しかできなかったんです。

何度もオルガが訪れ、潮を噴き上げてしまっていました。

そんな姿を兄は、待ち望んでいた様にビデオに収めていました。

その時、ふと、隣の部屋と仕切りになっていた襖が少し開いているのに気づきました。

兄は何も気づいていないらしく、すでに挿入し始めていました。

兄のチンポを受け入れながら、襖の向こうの人影が見えて・・・。

彼でした。

既に遅し!!!

ただ、この光景を彼に見てもらうしかなかった。

長い時間でした。

兄の精液をマンコとアナルに受け入れ、ダラダラとだらしなく垂れ流す私。

(終わった・・・)

諦めてシャワーを浴び、彼の部屋に戻りました。

暗闇の中、布団に入ると同時に彼が私に抱きつき、全裸にされ、彼のチンポを入れられました。

彼は、今まで見せた事が無いくらい荒々しく激しかった。

「お義兄さんみたいに俺もお前を扱ってやる」

彼はそう言って、何度も私の体の中に精液を放出しました。

その翌日、彼が今日も泊まると言い出し、2泊目が始まりました。

その日の夜も私は兄に抱かれ、そして彼にも抱かれました。

帰りの車の中で、彼が言いました。

「お義兄さんとの事は目を瞑る!お前は俺の女だ」

そう言って口を閉じた彼。

その後、彼のSEXは攻撃的で荒々しくなり、いつしか兄と同じくSM的な事もさせられる様になっていきました。

昼は、相変わらず兄が来て私を抱き、夜は彼に抱かれる日々。

彼は決して別れを口にしません。

むしろ兄との事も認めている様な感じなんです。

正直、大好きな兄と彼に抱かれ、私は幸せです。