前回の話

夏彦は、乳首への刺激だけでオルガズムに達してしまったひな子を見て、パンツの上からの刺激だけで射精してしまった。そして、射精し終えても、興奮がまったく収まらないことに戸惑っていた。

ひな子は、涙目のまま夏彦に謝り続ける。
『ゴメンね。気持ち良くなっちゃった……』
ひな子は、本当に申し訳なさそうに言う。ひな子は、全裸のままだ。そして、身体は上気したようにほんのり赤くなっていて、乳首もハッキリとわかるほど大きく勃起している。


夏彦は、想像以上の興奮に、自分自身驚いているような状況だ。そして、完全に勃起して、手も触れずに射精した事から、目的はもう達している状況でもある。EDは治ったと言っていいはずだ。

すると、間宮は落ち着いた声で、
「軽く脚を広げますね。リラックスして下さい」
と、言った。そのまま、グッタリしているひな子の脚を広げる彼。ひな子は、トロンとしたような顔のまま、ほぼ無抵抗だ。そして、夏彦も続きをしようとしている間宮に、何も言えずにいる。

脚を広げられたひな子……。秘部が丸見えだ。車の高級ワックスでも塗ったように、テラテラと光っている膣周り。濡れて光っているのは、そこだけではなく、内股のあたりやお尻の方まで光っているようだ。

夏彦は、いくらなんでも濡れすぎなんじゃないかと、唖然としながらひな子の秘部を凝視している。間宮は、何の躊躇もなく、ひな子のクリトリスのあたりを押さえ始めた。
『あぁっ、ダ、ダメぇ』
ひな子は、顔を真っ赤にしながらそんなことを言う。でも、力が入らないのか、そもそも抵抗するつもりがないのか、押しのけようともしない。

間宮は、ゆっくりと手を動かし始める。クリトリスの上あたりに指を3本乗せ、静かに回すように動かし始めると、ひな子はギュッと足の指を内側に曲げた。間宮は、動きを速くすることなく、動かし続ける。一定の速度で、同じような軌跡で動かし続けている。

湿った水音と、ひな子のうめき声のようなものが漏れ続けている状況に、夏彦はすでに完全に勃起してしまっている。もう、ここで間宮と交代するべき状況にもかかわらず、夏彦は勃起している事を気がつかれないように身体を変な風にひねっている。

『うぅっ、うぅ~ッ、ダメぇ、そこ、うぅっ、やめて、ヒイィうぅ』
ひな子は、クリトリスへの絶え間ない刺激に、声を我慢出来なくなってきているようだ。間宮は、まったくリズムを変えることなく手を動かし続けている。すると、ひな子は腰を浮かしてのけ反り気味の体勢になり、腰の周りをガクガクッと震わせるようにした。
『ご、ごめんなさい。また、イカされちゃった……ごめんなさい』
ひな子は、弱々しい声で謝る。でも、夏彦は怒るどころかさらに興奮を強くしている。すると、間宮はひな子に冷静に声をかける。
「それでは、中から刺激します」
間宮は、言い終わると同時に指二本を挿入してしまった。
『ンンッ、ぐぅ、ヒィあぁ、ダメぇ、抜いてぇ』
ひな子は、とろけきった声でうめくように言う。立て続けの刺激で、もう限界に来ているような感じだ。
間宮は、リラックスして下さいねと言いながら、ひな子の膣内の指を動かし始める。と言っても、腕は動いていないので、指が動いているのはわかりづらい。前腕の腱が動いていることで、指が動いているのがわかる感じだ。

『ダメぇ、そこ、うぅぅっ、ダメっ、イヤッ、あっ、あっ、気持ちいいっ、そこダメぇっ』
ひな子は、さっきまでとはうって変わったような大きなあえぎ声を漏らし始める。間宮は、AV男優のような激しい動きはしていないが、ひな子は強い快感を感じているようだ。夏彦は、自分とセックスをしている時以上にあえぎ方をするひな子に、嫉妬と焦りを感じていた。
でも、同時に信じられないほど強い興奮も感じていて、さっきと同じようにズボンの上からペニスをまさぐり始めてしまった。声が漏れそうになるほどの強い快感……。夏彦は、ずっと勃起しなかったペニスが、嘘のように硬くなっていることに驚喜していた。

ひな子は、のけ反り気味になったり、脚をピンと爪先まで伸ばしたりしながら、激しい快感を感じ続けている。間宮の指は、ひな子のGスポットを的確に捉え、強弱をつけながら責め続けている。

夏彦は、あえぎっぱなしのひな子にドキドキしながらも、間宮の股間を確認した。彼のペニスは、間違いなく大きい。でも、勃起している気配はなく、小さなビキニパンツにかろうじて収まっている。

あえぎ続けるひな子に、指を動かし続ける間宮。すると、ひな子が両手で自分の顔を覆い始めた。
『見ないでっ、ダメなの、も、もうイキそうなの、あなた、ごめんなさい』
ひな子は、顔を隠して泣きそうな声で言う。夏彦は、ひな子の顔が隠れたことで、さらに興奮を増していた。妻の膣内に、他人の指がある……。そして、ひな子は顔を隠してあえいでいる。

夏彦は、自分の置かれた状況に、戸惑いも感じていた。このまま、どこまで行くのだろう? もう、EDは治ったようで、完全に勃起もしている。これ以上、ひな子を責めさせる必要があるのだろうか? そんなことを考えていた。

「大丈夫です。何度でもイッて下さい。ご主人も、それを期待しているようですよ」
間宮は、とてもGスポットを責めているようには見えない。冷静で、興奮などしていないような感じだ。すると、ひな子は間宮の言葉につられるように夏彦を見た。夏彦は、ズボンの上からとはいえ、しっかりとオナニーをしている。ひな子は、一瞬ひどく驚いた顔になったが、すぐに恥ずかしそうに視線をそらしてしまった。

すると、いきなり間宮さんが指を引き抜く。ひな子は、ビクンと大きく身体を跳ねさせる。そして、少し不満そうな顔で間宮を見る。
「腰、上げて下さい。下に、クッション敷きます」
間宮は、淡々と説明と指示をする。ひな子は、言われるままに腰を持ち上げて軽くブリッジをするような格好になった。

間宮は、すぐにひな子の腰の下あたりにクッションを置いた。そしてすぐに、ひな子の膣内に指を挿入する。すると、ひな子はガクガクッと身体を震わせながら、
『ダッ、ダメっ、これすごい、うぅっ、そここすっちゃダメぇ、イッちゃう、イッちゃうからっ! パパ、イッちゃうっ』
ひな子は、叫ぶように言う。視線は、夏彦に向けられている。夏彦は、少し腰の位置があがっただけなのに、ひな子が見たこともないような顔で感じていることに驚いていた。

「脚、抱えて下さい。もっと、気持ち良くしますからね」
間宮は、そんなことを言う。ひな子は、間宮の動きが止まったことに不満を感じているような顔だ。でも、素直に両脚を抱えるようにした。抱えたことで、さらに膣口が上を向き、間宮の指がさらに奥に入っていく。

『そ、そこダメぇ、うぅっ、パパ、イッちゃうっ、ごめんなさい、うぅっ、イクっ、イクっ! パパっ、見ちゃダメぇっ!』
ひな子は、両脚を抱えたまま叫ぶ。泣きそうな顔と、とろけた顔が入り交じったような表情だ。

夏彦は、強い興奮に勝てず、ズボンの上からペニスをこすり始めていた。どうしてこんなに気持ち良くなってしまうのか、まったく理解出来ないままオナニーを続ける夏彦。普段のセックスよりも、強い快感を感じてしまっている。

間宮は、指を淹れたまま動きを止めた。ひな子は、両脚を抱えたまま泣きそうな顔で彼を見つめている。
「もっと、沢山感じて下さいね。まだ、これからですから」
間宮は、相変わらず冷静な口調で言う。興奮している感じもなく、淡々とした印象だ。実際、彼は勃起していない。この状況でも勃起しないなんて、もしかしたらEDなのではないか? そんな風に夏彦は思っていた。

『も、もう、無理です。気持ち良すぎて、おかしくなっちゃいます』
ひな子は、声を我慢したり、感じていないフリをするのをあきらめたようだ。
「こんな中途半端なところでやめたら、とてもではないですが、代金をいただけません。私もプロですから」
間宮は、そんな風に言う。ひな子は、困った顔で夏彦の方を見た。ズボンの上からペニスをしごいている彼を見ても、ひな子は驚いた様子はない。夏彦も、見られたからと言って焦っている感じもない。二人とも、この状況に慣れてきているようだ。

「せっかくだから、続けてもらったら? 間宮さんも、困るでしょ?」
夏彦は、そんな風に言う。ひな子は、少し困ったような顔のまま、
『う、うん。パパ、嫌いにならないでね……』
と、言う。心配そうな顔だ。夏彦は、絶対に嫌いになんてならないと答えた。

「では、続けます。もう、手を離して良いですよ。力抜いてリラックスして下さいね」
間宮は、そんな風に言う。言われたとおり、脚を離すひな子。腰の下にクッションを敷いているので、脚がだらしなく左右に拡がる。膣中には、間宮さんの指が二本入れられている。

夏彦は、他人の指が愛する妻の膣中に入っている状況に、嫉妬と興奮の両方を感じている。間宮は、ゆっくりと指を動かし始める。そして、同時にもう片方の手で、クリトリスを触り始めた。片手で器用にクリトリスの包皮を剥き、指の腹で触り始める彼。ひな子は、仰け反りそうになりながら、
『あっ、アンッ、ダメっ! 気持ちいいっ! クリ凄いのっ、敏感になってるっ、うぅあっ!』
と、激しくあえぎ始めてしまった。間宮は、クリトリスをこすりながら膣中の指を動かし続ける。リズムに強弱をつけず、一定のリズムで、機械的に動かしているようだ。

『イヤッ! ダメぇっ! ダメぇ~っ! パパ、イクっ、イクっ! 見ないでッ! ダメなのっ! イクぅぅっ!!』

【続きは出典元から】