お正月に始めて主人とカップル喫茶に行きました。大阪のミナミにある喫茶で個室と仕切りの無い大部屋みたいなのがあり、始めはあまり気が乗らずに行ったのと初めてと言う事もあり、マスターに進められ個室に入りました。個室もほとんどカップルで一杯の状態で、私たちは一番奥のチョット広い目の部屋に行きました。
 隣には30歳台のがっちりした男性と、小柄で優香に似たかわいい女性の二人でした。私たちは初めてと言う事もあり最初は隣のカップルの様子をうかがいながら、キスをする程度でした。だんだんと隣の課カップルも大胆になりキスから胸を触ったりスカートの中に手が入って、女性が感じているのがわかってきました。

 そうこうしていると、主人も相当刺激を受けたみたいで、私のセーターを脱がしブラウスのボタンをはずし、ブラジャーを外し隣のカップルに見えるように、私の胸を触って来ました。私は恥ずかしさで下を向いてじっと我慢をしている状態でした。その時隣の男性がよく来るのですかと声をかけていただき、主人が初めてなんですというと僕達は3回目ですと言っていました。


 その時奥さん内の女房の体をよく見てくださいよと言われ、見てみるとちょうどクリをご主人に優しく触ってもらってました、その時内の主人が僕達も見せてあげようよ言って、私のスカートを脱がしパンストとパンティーを一緒に脱がして、お隣によく見えるように位置をずらし、もう十分にぬれている大切な所を二本の指で開きながら触ってきました。

 そこでスイッチの入ってしまった私は、知らない間に全裸になり主人と一つに成っていました。少し良い気持ちでいるとお隣さんが隣の大きな部屋に行きませんかとお誘いを請け、チョット躊躇したのですが、swは出来ないと言う事とキスは駄目と言う事を伝え一緒に移動しました。

 4人とも裸で最初主人に抱きついていたんですが、彼のほうが主人にチョット触って上げて下さいといわれ、主人が隣の彼女の胸をタッチしに行きました。私と主人のあいだにすこしスペースが出来た所に、隣の彼がお邪魔しますと入ってこられました。最初はビックリしていたのですが、隣の主人を見てみるともう胸だけでなく口も使い、

 右手は彼女の大切なところを触っている状態を見ていると、嫉妬と私もされたいという感情になり私から彼に抱きついてしまい主人の目の前と言う事もあり隣で知らない人に触られていると言う事も重なり異常に興奮しました。


 その時彼に僕のご主人と同じようにフェラをして下さいといわれた時に、本来の私は壊れかけていました。もうどうにでもなれと言う気持ちと、彼の首筋から肩・脇から下へのキスでもう限界に達していました。優しい言葉で攻められながら、フェラをしている時に知らないうちに69の体制になり、主人の見ている前でイッテしまいました。

 気が付くと主人が私の中で大きくなったペニスを出し入れして、私も安心したのか2回もイッテしまいました。相手の方も凄く良い人手最初に決めたルールも守っていただき凄く楽しかったです。何だか癖になりそうです。