私は以前から妻の親友であるMとセックスがしたくてたまらなかった。
恋愛的な感情はないが、小柄で30代、子持ちだが幼顔で胸は大きい。
何よりMの優しい性格が可愛い。
Mは離婚して母子家庭で、子供一人を連れて我が家にも遊びに来たりする。
私はMの小学生の子供と遊んだりしてあげていて、それを見てMも毎回嬉しそうだった。
しかし私はMが帰った後とか、どうしてもエッチな妄想をしてしまう。
決して私たち夫婦はレスではないが、Mに対する性欲は高まるばかりだった。
私とMはちょうど時期的に同時に無職になっていた。
こんなチャンスはない!
妻は仕事で子供達は学校。
私はMへ連絡を取り、なんとか我が家へ呼んだ。
Mは白のショートパンツに7分丈の薄いロンT姿で来た。
香水の匂いがムラムラを誘う。
私はMを寝室へ連れて行き、窓を閉め、ゆっくりMに近づいた。
Mも私の行動を把握していたようで、大胆にもこう言ってきた。

M「やっぱエッチしたかった?溜まってるん?」

私「うん、Mとずっとしたかった」

M「けど、怒られるよ」

私「これは絶対に2人だけの秘密にしよう」

私はMを布団へ押し倒し、服の上から胸を揉み、激しくキスをした。

M「んんっ」

想像以上に柔らかい胸に私の興奮は増した。
私は上の服を脱がして下も脱がし、ブラとパンティも脱がしてMを全裸にした。
私も裸になると、Mはビンビンに硬くなったモノを優しく触ってくれた。

M「硬い・・・」

私はMの股を開き、Gスポットとクリトリスを同時に責め続けた。
実はクリトリス責めは私の最も得意としていることで、過去にイカなかった女はいなかった。

M「ああっあぁダメェ!気持ちいいっ!あぁそこ!ああっん」

Mは可愛い声で喘ぎ、声も次第に激しくなっていった。

M「イキそう!ああっあっあんっ、あぁもうダメ、もうダメ!」

Mは2~3分でイッてしまった。
しばらくMは身体を動かせずにいた。

M「凄いなぁ。ほんまめちゃ気持ち良かった」

ここまで感じてくれて私もかなり嬉しくなった。
今度は私がMにフェラしてもらった。
凄く滑らかな舌触りと絶妙な口と手の動きにより、かつてないほど快感を得た。
抜群に気持ちの良いフェラで最高に硬くなったチンコをMの濡れ濡れマンコに挿入。

私「入れるよ」

M「いいよ」

Mの中は濡れ具合が絶妙で、締まり具合も妻より締まる。
あまり激しく腰を動かすとすぐイキそうになるくらい、吸い込まれそうなMの中は想像を絶するまさに名器だ。
思わず、「おお、めちゃ気持ちええ」と素で言ってしまった程だ。

M「ああっあっ、あっんん、ああっ」

Mはひたすら喘ぎ続ける。
騎乗位では張りのある胸を揉みながら突き上げたり、対面座位は乳首を吸いながら腰を動かし、バックではMのマンコの奥の奥まで突いた。
フィニッシュは正常位にて強烈にピストンをした。

私「ああっ、ヤバイ俺、イキそう。出していい?」

M「ああっ、あん、ああっあっ、イキそう?いいよ!出して!あぁあああっあっあ」

私「くっ、イク」

生で挿入していたので、Mの胸に向かって射精をした。
射精に勢いがありすぎて、髪にまで精子が飛んだ。

M「ハァハァ・・・すっごい出たね」

自分でも驚くほど大量の射精だった。
正常位→騎乗位→対面座位→バック→正常位フィニッシュ。
挿入からフィニッシュまで約10分弱。
遅漏気味な私にしては早い時間だったが、それほどまでに内容の濃いセックスだった。

妻の友人を抱いてしまうようなだらしない男なのは承知済み。
本当はいけない大人の事情。
しかし、既婚者なら一度は抱いてみたい他人の女。
体験すれば一つ世界が変わる。
一味も二味も違う快感という世界が・・・。

「終電まで時間あるねー。遊び足りないなぁ」

上目遣い@駅前。

「え?俺、読みたい本あるんよね。お前の電車来たよ。乗れ」

(え?『本>あたし』?)

しばし絶句&放心状態のまま電車に乗せられ、とぼとぼ帰宅した22時・・・。
午前中ぴかぴかに掃除してシーツまで替えて準備万端にしてたのに!
部屋が無駄にきれいなのが切ない。
欲求不満で眠れん。

てことで、1ヶ月ほどポチポチLINEしてたご近所大学生を召還することに。
まったり1ヶ月の会話で、家がちょー近い&出身校同じ&SNSも交換して安心感ある男子。
そして大学生の夏休み、ぜったい暇やろ!
ってことで23時。

「暇ならうちで飲まん?」

「今すぐ行きます!」

ほら、やっぱりw
30分後、チャリで到着した模様。
摘みを下げて玄関先に現れたのは・・・。

(あれ?写メとだいぶ違うで?)

たしかに雰囲気は似てるけど、明らかに別人!
目は一回り小さく、口は一回りデカいw
男の写メ詐欺ってやつもあるんですねー。
初被弾して若干テンションダウン。
でもま、ギリイケメン風ではある・・。
若いユースケサンタマリアって感じか。

ユースケくん、20歳にしてはほんとによくしゃべるし、しっかり者で話しててとても面白い。
冒険心旺盛で、バックパックで全国一周ひとり旅してたり。
ゆとりやらさとりやら揶揄されてるけど、中にはこんなバイタリティある子もいるんだなと嬉しくなり、酒が進み、くっちゃべってたら深夜1時を回ってた。
ヤバい、だいぶ呂律が回ってないw
トイレに立つ足もふらふら。

「お姉さん、目がとろんってしてるよ」

グラスに伸ばそうとした右手を急にぐっと引っ張られて、抱きすくめられる。

「あっ・・・」

声が漏れる口を塞がれ、レロチュー。
あーうまいやんユースケくん。
しかもナイス不意打ち。

「ずっと誘ってたでしょ?絶対やって帰るからね」

(ありがとう、そのつもりでした、私も)

カーペットの上で裸に剥いてフェラ。
根元から先端まで、柔らかくねっとり舐めてあげるとものすごく感じてた。
我慢汁がドクドク出てくるのが可愛くて、玉も舐めてあげたら・・・。

「めっちゃエロい」

「ありがとう」

「いや、褒めてはないですw」

まっさらなシーツの上で合体。
うん、細すぎず長すぎず、ちょうどいい!
挿入したまま乳首&クリの3点責めされて、途中から頭真っ白になって昇天×3!
最後はお腹にどっぴゅんでフィニッシュ。

意識朦朧としてる私をのお腹を甲斐甲斐しくティッシュで拭いて、腕枕して髪を撫でてくれるユースケくん。
若いのになかなか遅漏だし、攻め上手で◎。
密着正常位でレロチュしながらの乳首攻めはヤバい。
初めての人で白目剥くほど感じるなんて、我ながら呆れる。

明け方まで抱き合って眠り、朝日の中もう一発やって、解散。
近所で、お互いフリー状態なので、よいお友達。
この間は普通にカラオケも行ったしね。