私は塾を経営している。もちろん生活のためだが、実は36才の妻の趣味のためでもある。妻は童貞だけの男の子を筆降ろしするのが趣味なのである。
私の塾には小5年生から中2くらいまでの男の子が多い。その中で妻が物色しこれと思った男の子を餌食にする。私も女の子を・・・と思うがそれは犯罪のこともあって無理だ。私たちがうまくいっているのはその妻の筆降ろしのシーンを盗みみれることと、一度関係をもったら2度と関係を持たないからである。


今回は中1のK君が妻のめがねにかなった。ジャニーズ系の顔で華奢な体、まじめで1日たりとも塾を休んだり遅刻したことはない。童貞は間違いない。
妻と打ち合わせ通りテストの点数が悪いという理由で補習に呼んだ。
教室ではなく自宅に呼ぶ。妻は座ればパンツが見えるほどのミニスカートに胸元の空いたセーター。バストは93センチのでかさだ。

K君が来る。私は急用で1時間ほど遅れることになっている。実は隣の部屋でビデオを設置し覗いている。K君は妻の言われた通りにソファーに静かに座り私を待つ。妻はまずK君の前に座り話し始めた。もうピンクのパンティが見える。こんもり盛り上がった陰毛の陰もクッキリだ。妻がしゃがんで雑誌をとる。ブラが露出しこんもりとした胸の谷間がのぞけた。K君の目もハッキリと見ているのだろう。

妻が立ち上がりジュースを取りに行く。K君が少しモジモジしている。
妻が戻りK君の側に置こうとしてわざとズボンにジュースをこぼす。予定通り。
「K君、ごめんなさい。濡らしちゃった。すぐ脱いで。拭くから」
「大丈夫です。おばさん。すぐに乾きますから」
「だめよ。シミになっちゃう。」妻は構わずK君のズボンを強引に脱がす。
案の定、ピョコンと勃起しテントを張ったパンツ姿が出てきた。
K君は恥ずかしがって自分の股間に手をやり体を縮めた。

「まあ。K君どうしたの。こんなになって。おばさんに見せて」
よくやるもんだと思う。一度獲物を見るともう妻は止まらない。
さっさとK君のパンツを脱がす。「おばさん、だめだよ。」
「何言っているの。おばさんの体見てHなこと考えていたんでしょ。
お母さんに言いつけるわよ。」妻は笠に着てK君を追いつめる。

パンツから飛び出たチンボコはまだ細く皮を被っている。妻の好きなやつだ。
「K君、お母さんに内緒にするなら良いこと教えてあげるわよ」といいながら舌なめずりして、ペニスをしごく。皮かぶりのくせに固くなっていた。
K君は思わずうなずいた。妻はそっと皮をむいた。「痛い・・・」亀頭が露出した。まだピンク色した綺麗な亀頭だ。妻はすかさず用意してあるタオルでチンカスを拭う。そしてK君をソファに座らせると自分で手早く服を脱いでブラもとる。大きなバストがこぼれる。やや離れたところにいる私にもハッキリ妻の乳首が立っているのがわかる。K君の手をバストに導く。
「K君、いいのよ。思い切り触って」「ほら、おばさんの乳首立っているでしょ」
K君はわけもわからず触っている。

妻はもうたまらないのか、K君の股間に顔を埋めフェラチオし始めた。
妻が好きなのはこの瞬間で、初めての口の感触で気持ちよくよがる童貞君の顔を見るのが何よりも好きなのだ。尻を私の方に向けていてパンティの股間に一筋のシミがついている。もうすっかり妻のオマンコは濡れているようだ。

妻の頭の動きが急になった。「おばさん、出ちゃう。もうダメです」
妻の頭が止まる。射精した精液を口に受けとめている。妻が顔を上げる。
ごくり。喉が鳴った。飲み干したようだ。妻の若返りの栄養剤である。

この後、妻は自分からまたK君のペニスにかぶりつき、パンティを脱いで大きく股を開きK君にオマンコを嘗めさせた。K君は口中をべたべたにして妻のオマンコにしゃぶりついた。妻は「いいわー。K君上手よ。もっと激しく」
とねだる。テクニックはないが無我夢中さがたまらないらしい。

K君をソファに寝かせると再度フェラでペニスを立たせ、自分から上になってK君にのし掛かり、腰を激しく動かす。K君の腰使いは不慣れでタイミングがずれるが、妻はお構いなしに尻を打ち付ける。
自分で胸を揉みしごき、乳首をつまんでは上下に揺らす。
「おばちゃん。また出そう。」「もう少しでおばちゃんもいくから・・・」
妻はさっと自分からペニスを抜き、口にくわえに2度目の射精を口に受ける。

また妻のフェラチオと肉感的な体を見て、K君のペニスは勃起してきた。
今度はK君を立たせて妻は激しくフェラチオをする。妻の指が左右に激しくスライドする。「ああ。また出ちゃいそう。」
「出してね。我慢しないで。おばちゃんのオッパイに出して」
その瞬間、ピッと出た。一部は妻の顔にもかかり、胸にべっとりと白い精液がはりついた。妻はそれを指ですくって口にふくむ。またペニスに吸い付き残りを口に入れる。これで今日は終わりだろう。

妻はK君に服を着せてやり何もなかったような顔に戻った。
「K君、今日のこと本当に誰にも内緒よ。もし言ったらお母さんに言いつけるからね」K君はうなずいた。論理性もまったくない脅迫だ。

そこで私が外から戻った振りして入る。K君はその日は上の空で勉強していた。
さて、次は今年の4月から入ってきた6年生の男の子J君が妻のお気に入りのようだ。