嫁とは、結婚して10年、とても仲良く過ごしてきたと思っています。結婚こそ、いわゆるできちゃった婚であまり胸を張れたものではないのですが、これまで嫁と喧嘩したこともなく、子供と3人で幸せな日々を送ってきました。

ただ、一つ不満があるとすれば、嫁があまりセックスに積極的ではないことです。セックスレスと言うことはないのですが、月に1回程度しかさせてくれませんし、マグロ状態です。

そんな事もあって、私はいい歳していまだにオナニーが日課です。家ではなかなかしづらいので、会社帰りに個室ビデオ店に寄る感じです。
嫁の由紀恵は、初めて大学で見かけた時、地味だなと言う印象でした。真っ黒な髪に、真面目そうな黒のセルフレームの眼鏡で、文学少女という印象でした。そして、読書文芸サークルを通して仲良くなり、交際が始まりました。
私の方も、地味で目立たないキャラでしたので、お似合いだと言われることが多かったです。ただ、嫁は処女ではありませんでした。始めてセックスをしたとき、当然処女だと思っていたので驚きましたが、1人だけ経験があったそうです。

私は、当時キスも経験したことのないピュア童貞だったので、正直、悲しいと思いました。でも、嫁が一途に私に接してくれるので、それも気にならなくなっていきました。
そして、彼女が卒業し、働き始めたその年に妊娠させてしまい、私達は結婚しました。できちゃった婚だったので、それなりに大変なことはありましたが、今では良い思い出だと思っています。

そんなある日、個室ビデオ店でDVDを選んでいるとき、気になるパッケージがありました。セーラー服を着た少女に見える女性が、セーラー服の上から荒縄で亀甲縛りされているパッケージでした。

私には、とくにSMの趣味はないのですが、その少女が嫁に似ているなと思い、パッケージを手に取りました。目のところにモザイクがかかっていて、素人調教ものという感じのDVDで、裏面を見ると極太バイブや野外調教、輪姦調教などのハードなプレイをされている写真がありました。

そして、顔のアップの画像を見ると、口の周りの感じがますます嫁に似ていると感じました。でも、はっきり言ってよくあることです。とくに、素人もので目のところにモザイクがかかっていると、たいして似ていなくても似ていると感じるのだと思います。実際、嫁に似ているAV嬢のDVDは4つほど把握していて、けっこうヘビーローテーションでおかずにしています。

嫁が他の男に抱かれるのを想像して、不思議と興奮しながらオナニーをするのが、一つの楽しみでした。

そして個室に入り、DVDを再生すると、想像以上に嫁に似ていました。まず、声がそっくりで、髪の色も長さも似ているように感じました。

『もう、こんなに溢れてます。早く先生のぶっといおチンポ、ユキの淫乱なおまんこに入れて下さい』
女の子は、自分のアソコを拡げながら言います。ユキという名前にドキッとしながらも、声も肌の感じも、明らかに嫁よりも若い印象で少しホッとしました。

画像はとても粗く、カメラもブレブレです。たぶん、本当にホームビデオ的な撮影だと思います。素人ハメ撮り風と言うよりも、そのものという感じです。女の子は、セーラー服姿でスカートをまくり上げている状態です。まくり上げたスカートはウエストのところに巻き込んであり、ショーツははいていません。
そして女の子の両手は、アソコを目一杯拡げている感じです。カメラは、アソコをアップにしていきます。薄いモザイク越しに、ピンク色の秘肉がうねっているような感じも伝わります。今時、こんな薄消しモザイクで映倫は通るのだろうか? と、思いながらも、私の興奮は増していきます。

「まだダメだ。ほら、口で奉仕しなさい」
そう言って、カメラの男性はペニスを突き出します。女の子は、ひざまずいてフェラチオを始めました。見た感じ、その制服が違和感ないくらい若そうな女の子です。もしかしたら、現役? と、思ってしまうほどです。でも、とても上手にフェラチオを続けています。

個室ビデオの大画面に、イヤらしい動きで舌が絡みつき、音を立てながら舐めているのが映っています。そして、少女は大きく口を開けると、えづくほど深く喉奥に飲み込んでいきます。少女は、時折えづきながらも奥へ奥へと飲み込んでいきます。モザイクで見えませんが、涙目になっているのではないかと思うような感じです。
私は、女の子のそんな動きを見て、そのペニスがとても大きいことに気がつきました。女優さんの口はほとんど目一杯拡がっていますし、喉奥までくわえているのに、全部くわえきれずにはみ出ています。

女の子は、その巨根を必死でフェラチオしていきます。
『あぁ、素敵です。全然違います。この固くてぶっといの、早く入れて欲しいです』
女の子は、とろけきった声で言います。私は、最近のHD画質のAVに慣れてしまっていたので、この動画の画質の悪さで臨場感が増したのか、逆に興奮してしまいました。

ただ、よく見ると、女の子の髪型も古い感じで、画面のアスペクト比も4:3なので、動画自体が昔のもののようです。私は、下半身裸になってオナニーの準備を始めました。

「彼のと比べてるのかい? ユキはいけない子だね」
『はい。彼氏のちっちゃなおちんちんと比べてます。はしたないユキに、お仕置き下さい』
女優さんはそう言うと、カメラに向けてお尻を向けました。真っ白な張りのあるお尻が、画面いっぱいに拡がります。すると、男性はカメラをどこかに置き、固定アングルにしました。画面の中には、女優さんの他に、40過ぎくらいの落ち着いた雰囲気の男性が映ります。でも、仮面舞踏会みたいなお面をしているので、目の周りは見えない状態です。男性は、平手で女優さんのお尻を叩きました。バチンと言う大きな音と、
『あうっ、ひぃうぅ、もっと、もっと罰を下さい。淫乱なユキに、もっとお仕置きして下さい!』
と言う、女の子の悲鳴みたいな声が響きます。男性は、黙って平手でお尻を叩き続けます。バチンと言う音が響くたびに、白いお尻が赤くなっていきます。
『うぅっ、ひぃ、うぅっ、イクッ、イクぅっ!!』
10回くらい叩かれると、女の子は悲鳴のような声のままイッてしまったようです。

「勝手にイクなんて、罰が必要だな」
男性はそう言って、大きめの注射器のような物を手に取りました。でも、先端は針ではなく、小指ほどの太さの挿入部分があります。それは、どう見ても浣腸器のようでした。
『ゆ、許して下さい。それだけは……。ビデオ止めて下さい』
女の子は、一気に固い声になりました。でも、お尻をさらけ出したままの格好で固まっています。真っ白だったお尻は、全面が真っ赤になるほど変色していて、少し黒くなっているところすらあります。かなり全力で叩かれた感じです。それなのに、少女は叩かれる刺激だけでイッてしまったようです。

「ほら、拡げなさい。抵抗しても痛いだけだぞ」
男性は、その大きな浣腸器を持ちながら言います。中には溶液がすでに入っていて、男性はシリンダーを押し込んで空気抜きをしています。
『あぁ、撮らないで……』
女の子は、泣きそうな声で言いながらお尻を拡げ始めました。アナルなので修正する必要がないのか、、ピンク色のアナルが丸見えになります。アナルは性器ではない……。という見解だそうですが、今の世の中、それは無理があると思います。

男性は、無造作に浣腸器を女の子のアナルに押し込みました。
『うぅっ、つ、冷たい……イヤァ、入ってきます……。も、もう止めて下さいぃ』
女の子は、自らアナルを拡げたまま、泣きそうな声で言います。私は、嫁によく似た女の子が、浣腸されている姿を見て信じられない程に興奮してしまいました。
私には、スカトロの趣味はないです。でも、嫁に似た女の子が浣腸をされている姿は、信じられない程に私を興奮させます。

「まだ出すなよ。良い子だ、我慢しなさい」
男性は、さっきまでとはうって変わり、優しい口調で言います。そして、浣腸器を抜くと、溶液を補充してもう一度女の子のアナルに突き立てました。
『ヒィうぅ、グゥ……ダ、メ……。もう、あぁ、先生、出ちゃいます、もうダメぇっ! ホントにダメなのっ!』
女の子は、必死の口調です。でも、男性はさらにもう一本追加で浣腸しました。

「出すなよ。ユキなら我慢出来るだろ?」
そう言って、浣腸器を引き抜く男性。すると、女の子のアナルから、ぴゅっと短く液体が飛びました。
『イヤァ〜っ!』
女の子は、絶叫しています。でも、もう漏れ出てきません。
「よし、今フタをしてあげるからね」
そう言って、男性はアナルプラグを取り出すと、それにワセリンのようなものを塗り込んでいきます。そして、それを女の子のアナルに無造作に押し込みました。そのプラグは、かなり大きいサイズだと思います。たぶん、直径で4cm位はありそうです。

でも、女の子のアナルは、それをあっさりと飲み込みました。
『うぅっ、ひぃあぁ、ダメぇ、お腹、痛いです……』
苦しげに言う女の子。でも、アナルに太いプラグを入れられた痛みは感じていないようです。

男性は、アナルプラグの底の部分の金具に、尻尾のようなものを取り付けました。そして、セーラー服のスカートだけ脱がせると、上半身セーラー服姿の女の子に、尻尾が生えたようなスタイルになりました。

女の子は、指示もされていないのに床に四つん這いになり、そのまま歩き始めます。床を四つん這いのまま歩く女の子。まるで、犬や猫のようです。

「よし、舐めろ」
そう言って、男性は足の指を舐めさせました。女の子は、四つん這いのまま必死で男の足の指を舐め続けます。指の間に舌をはわせ、指自体を口に含み、必死で奉仕を続けます。

『も、もうダメッ、出ちゃうっ、プラグ外してぇ、お願い、お腹破裂しちゃいますっ!』
お腹を押さえながら、苦しげに叫ぶ女の子。もう、本当に余裕がないようです。

「じゃあ、口でイカせてみなさい。ちゃんとイカせることが出来たら、トイレに行かせてあげるよ」
男性は、楽しそうに言います。すると、女の子はすぐに男性のペニスをくわえ始めました。最初から激しく頭を振る女の子。少しでも早くイカせようと、必死な様子です。
女の子は、うめき声をあげながら必死でフェラチオを続けますが、男性はイク気配がありません。それどころか、カメラを手に取ると、少女のフェラチオしている様子をアップで撮し始めます。

グチョグチョという音や、バキュームするような音が響く中、女の子の苦悶の声も混じっています。男性は、そんな少女の顔をアップで撮し続けながら、
「早くしないと、間に合わないぞ」
と、せかすようなことを言います。私は、アップになった顔があまりにも嫁に似ていてドキンとしました。目のところのモザイクはとても薄いですし、鼻や口の感じは嫁そのものです。私は、オナニーしながらもうイキそうでした。そして、これが嫁だったらなと想像していました。

『ダ、メ……。もう、お願いします、抜いて……下さい……。もうダメ……』
女の子は、本当に苦しそうに言います。すると、男性は女の子のお尻から生えている尻尾を掴み、一気に引っ張りました。プラグはすぐには抜けず、
『うぅっ、あぁっ! あぁっぁ〜っ!』
と、女の子の絶叫が響きます。男性は、位置を変えて女の子の後ろに回り込みました。そして、撮影をしながら尻尾を引っ張り続けます。

『イヤァ〜〜〜っっ!!』
プラグが抜けると同時に、女の子が叫び、腸内のものが一気に噴出しました。激しい音とともに、液体が数mも飛び散り、固形物も飛び出ていきます。私は、そのひどい惨状を見ながら、射精してしまいました……。

『見ないでっ! 見ないでぇッ!! 撮っちゃダメっ! ダメ、ダメなのに、うぅあぁ、止らない、止らないよぉ』
女の子は、完全に泣き声になりました。

すると、一瞬動画が消えて、場面が変わりました。
アナルにぶっといペニスが突き刺さっていて、それが抜き差しされているようです。モザイクは薄いながらもかかっていて、ディティールまではわかりませんが、極太で長いペニスが根元まで楽々と入っているようです。

『うっ、あっ、あっ、気持ち良いっ、おチンポ気持ち良いです! 先生、気持ち良いですか? ユキエのケツマンコ、緩くなってないですか!?』
女の子はそんな事を叫びました。私は、ユキではなくユキエと言う名前なんだということに驚き、固まってしまいました。嫁と同じ名前……。私は、震えてしまいました。

「大丈夫。気持ち良いよ。ユキも、すっかりアナルが好きになったね」
そう言いながら、腰を動かしている男性。手持ちでのハメ撮りという感じです。四つん這いになってアナルを突かれている女の子は、まだ制服の上を着たままです。セーラー服みたいな感じですが、襟の感じやリボンに特徴があります。

『おまんこにも入れて下さいぃ、ご主人様のおチンポ、ユキのはしたないおまんこに下さいっ』
顔だけ振り向いておねだりをする女の子。もう、嫁にしか見えなくなってしまいました。

「ダメだ。彼氏は粗チンなんだろ? 緩いおまんこじゃ、彼氏イケないでしょ?」
『うぅ……。いじわる……。妊娠したら、入れてくれますか?』
「あぁ、約束だからね。彼氏に孕まされたら、ちゃんと抱いてあげるよ」
『……どうして? どうして他の人で妊娠しなくちゃいけないんですか? 私の事嫌いなんですか?』
「好きだからだよ。言ったでしょ? 愛するユキエが、他の男に孕まされるなんて、激しく嫉妬してしまうよ。嫉妬するから、ずっと好きでいられる。それに、ユキだって興奮するでしょ? 私の命令で他の男に孕まされるなんて、たまらないでしょ?」

『うぅあぁ、ダメぇ、そんなの、ひぃあぁ、あっ、先生、愛してるっ、妊娠しますっ! 好きでもなんでもない男の種で、妊娠しますっ! 先生に愛されるために、妊娠しますぅっ!!』
女の子は、信じられない程乱れて叫びながら、全身を痙攣させて果てました。

動画は、唐突に終わりました。私は、イヤな汗で脇の下がびっしょりでした。私は、不安と焦燥感に包まれながら帰宅しました。
『お帰りなさい。今日もお疲れ様でした』
嫁は、いつも通りの優しい顔で出迎えてくれます。でも、こうやって見れば見るほど、さっきの動画の女の子に似ています。違うのは、年齢だけという感じがします。

私は、イヤな予感で苦しくなりながらも、いつも通りに振る舞いました。ただの、他人のそら似。そう思うようにしました。

「そう言えば、由紀恵の高校ってブレザーだったっけ?」
私がそんな質問をすると、セーラー服だった言います。そして、アルバムを見せてくれました。そこに映っている嫁は、さっきの動画の女の子と同じ制服を着ていました。襟とリボンが特徴的なその制服は、たぶん、他で同じものはないような気がします。
『どうしたんですか? 急に制服の話なんて』
不思議そうに聞いてくる彼女に、まだこの制服は持っているのかと聞くと、
『えっ? たぶん、実家にあると思いますけど……』
と、嫁は答えました。私は、イヤな予感が現実になりそうな恐怖を感じていました。でも、由紀恵に限ってそんな事があるはずない……と、思うようにしました。


数日後、嫁が珍しく自分から夜のお誘いをしてきました。
『あなた、今夜久しぶりにどうですか?』
モジモジしながら言ってくる嫁。私は、びっくりしながらも、嬉しくなりました。そして、お互いに風呂に入った後、寝室で1か月ぶりのセックスを始めました。

嫁の方からお誘いがかかりましたが、いつも通りマグロに近い感じの嫁。それでも私は彼女の乳首を舐め、クリトリスをまさぐりました。
『あっ、ンッ、ンッ、あなた、もう入れて下さい』
嫁は控えめな声であえぎながら、そんなことを言ってきます。いつもの私ならすぐに挿入するところですが、あのDVDが頭から離れない私は、彼女のアソコを舐め始めました。
『あぁっ! ダメっ、は、恥ずかしいです』
嫁は、珍しく激しい反応をしました。でも、私を押しのけようとはせず、内股にしてガードしようとします。私は彼女の脚を強引に広げ、クリトリスを舐め続けました。

たぶん、彼女にクンニをするのは初めてのはずです。彼女が恥ずかしがるのと、私がそれほど好きではないということもあって、しなかったのだと思います。でも、私はあのDVDが頭から離れず、異様に興奮したまま舐め続けました。

『あっ、ダメぇ、あなた、うぅっ、あっ、あっ、イヤァ』
嫁は、嫌と言いながらも今までにない激しい反応をしています。甘い声をあげながら、徐々に脚を広げていく嫁。私は、固くしこったクリトリスを舐め続けました。嫁のリアクションがあまりに良いので、DVDの影響もあったのか、アナルまで舐めてみました。
『うぅっ、ひぃあぁ、あっ、あなた、そんな、うぅあっ、あっ、あんっ』
嫁は、今までにないような強い感じ方をしました。そして、必死で舐めていると、嫁のアナル周りとアソコの周りに、不自然に毛がないことに気がつきました。嫁のアソコには、恥丘のあたりに少しヘアがあるだけで、その他はツルツルです。剃っているという感じもなく、もともと生えてこないのかな? と思いましたが、それにしては不自然な感じでした。いつもはすぐに挿入してしまうので、気がつきませんでした。

【続きは出典元サイトで】