人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~

人妻の官能的な体験談をブログオリジナルのものを含めて紹介します。寝取られ体験、不倫体験など、欲求不満の人妻のすべてがここに

2020年06月

▲嫁がナンパされたことに嫉妬した結果、パート先の共有物になりました完(転載禁止)

前回の話

私は、嫁が健也くんに愛してると叫ぶ声を聞きながら射精をしていた。いつもよりも長く大量に飛び出ていく精液……。嫁は、射精をしている私のペニスを、まだしごき続ける。後ろから健也くんに激しく突かれていて、まったく余裕がなくなってしまっている感じだ。

『パパ、イッちゃったの? こんな状況なのに、興奮しちゃったの?』
嫁は、私のペニスをしごくのをやめ、そんな風に聞いてくる。健也くんも、腰の動きを弱めて様子をうかがうような感じになった。

続きを読む

妻が露天風呂で覗かれて、オナニーのおかずになっているのを見た私は

結婚記念日に妻と二人で、長野の温泉に旅行しました。
かなり広い露天風呂で身体がほてった私は岩に登って涼んでいました。
すると、私の岩の裏側から男の声が聞こえてきました。
続きを読む

今の主人には言えない、奔放すぎる私の過去

主人のPCの履歴からここを見つけてしまいました。
ホントに、男性は中出しが好きなんですね~と改めて感心しています(苦笑)。
確かに、女も中に出される方が気持ちいい時が多いんですけどね、安心さえ出来る時なら。
続きを読む

□僕のミスのせいで、嫁のアナルを開発されることになりました4(転載不可)

前回の話

「こんばんは。今日もよろしくお願いしますね」
橋元さんは、温和な笑みを浮かべて部屋に上がり込んでくる。僕は、何も言えずに会釈することしか出来ない。でも、恭子は、
『よろしくお願いします。今日は、お知らせしたとおりまだ何も準備してないんです。橋元さんのやりやすいようにして下さいね』
と、笑顔で言う。今日は、いつもみたいに僕が恭子に浣腸をするということをしていない。橋元さんとアナルセックスをするための準備を僕がする……。それは、屈辱的なことではあった。でも、それをしなくて良いとなると、物足りないと思ってしまう僕がいる。

続きを読む

電車で複数の痴漢に触られ、さらに露出を高くする私

私は、25歳の人妻です。共働きで、医療事務をしています。2ヶ月前ぐらいから通勤中に、痴漢に遭っています。初めころは、1人からスカートの上からお尻を触られるぐらいで、たまに、痴漢に遭っていたのであまり気にしていませんでした。今回の痴漢は、今までとは違って毎日の様に通勤中のバスと電車の中で触ってきました。続きを読む

出会い系の人妻とカーセックスしたけど、知り合いの奥さんだった

あれは、僕がまだ20歳位の事だったと思います。

高卒で今の会社に入ってから、女の子と出会う機会が減ってしまって、よく出会い系サイトを覗いてたんです。
はじめは出会い系だし、ガチで援募集している子もたくさんいて戸惑ってたんですけど、サイトを覗いてるうちに、少しずつ“狙い目”ってこういう子だなってのが判ってきたんです。

それで僕が目をつけたのが・・・。
続きを読む

妻が昔AVに出てたことを知って、許せなくて離婚した器の小さな男

由真と出会ったのは俺が25歳の時。
高校生と間違えたら21歳の新入社員だった。
セーラー服なんか着せたら中学生並になるのではないかと言うほどのロリータで、その部署のアイドルだった。
現場が多い俺は、こんなに可愛い子がいたのに半年間全然気が付かなかった。

ところがどういうわけか、俺と由真は会社の忘年会で意気投合して、翌年から自然に付き合いだした。
5月の連休に初めて俺のアパートに連れ込んで抱いた。
短大卒の可愛い子だから恋愛経験ぐらいあって当然で、処女ではなかったし、アソコは少し色素沈着していた。
それでも子供のようなロリ体型と可愛いロリ顔に夢中になった。
続きを読む

▲おっぱいパブに行ったことが嫁にばれて、寝取られ生活が始まりました4(転載禁止)

前回の話

『なんか、私より可愛いんだけど。ムカつく』
麻衣子は、笑いながら言う。僕は、彼女にグロスを塗ってもらいながら、ごめんなさいと謝っていた。
『じゃあ、あとはウィッグだね。ホント、可愛い。これなら、上条さんにいっぱい愛してもらえるんじゃない?』
麻衣子は、少しすねたように言う。僕は、ウィッグをかぶせてもらいながら、早く鏡を見てみたいと思っていた。

あの時、目の前で上条さんに麻衣子を寝取られ、その上僕まで犯された。僕はすっかりとメスイキの快感に負けてしまい、毎日のように上条さんに犯され続け、とうとう女装まですることになってしまった。でも、それがイヤではないし、むしろ嬉しいと思うようになってもいた。

続きを読む

嫁が自然な形で不倫をし、それを私に隠すのを見たい

真面目な妻が犯されて感じる所を見たくて見たくて仕方なかった私は、バイト先で出会った北野さん(52歳の気の合う安心できるおじさん)にお願いして、酔って帰ったふりをしている私を寝かしつけた後で、妻を犯してもらうことにした。
勇気のいる判断であったが、何故か自分でも自分の行動が止められなかった。

真面目な妻は、良き母でもあり近所でも評判の良い妻である。
体型はややぽっちゃり感も出てきた感はあるが、色白でなかなかのスタイルだと思う。
続きを読む

田舎の農家の主婦に車の中で筆おろしされた

私の初体験は、縁も由もない田舎の農家の主婦に車の中で筆おろしされたんです。

農学部だった僕は、大学生の時に、農業研修でとある地方の田舎に一週間の研修に行きました。

ホームステイしたお宅には、おじいさんおばあさんと、息子さん夫婦と小学校の子供がいた。
息子さんのお嫁さんの美香さんは、歳は38歳でショートヘアの垂れ目で、茶髪のムッチリしたグラマラスな可愛い人妻でした。

丁度若妻と呼ばれる年代からおばさんって年代にイク間際という感じで、熟れる寸前の熟女といった感じの奥さんでした。
続きを読む

ママ友に紹介されたマッサージ師が性感を

埼玉に住んでる36歳の主婦です。
長年の家事の疲れと子育てで凝った肩と腰に悩んでいたところ、仲のいい奥さん友達からマッサージを紹介されたんです。
私は意を決して子供実家に預けてマッサージを受けることにしました。
驚いたことに店舗ではなく出張マッサージとのことで、さすがに最初は自宅に呼ぶのには抵抗があったので大きな駅前のビジネスホテルのディプランという昼間だけの部屋を取りました。
 
続きを読む

アンテナ工事でお邪魔した先の人妻と

明日でアナログ放送も終わりなわけですが、ちょっと思い出した事があります。
3年~4年前の夏のこと。おれが20代半ばの頃、あるマンションのTVのアンテナの工事をやった。
高級なマンションであったにもかかわらず、少し古かったため、CS放送の受信には対応してなかった。
屋上のアンテナと共用部の機器は交換が終わってあとは部屋の中のテレビの端子の交換を残すのみ。
これが結構大変で、テレビの後ろはホコリが溜まってたりしてむせ返る事も。
私は職人さんではないので物の手配と工事の立会いをしていた。

そして最終日。
一日に回れる世帯は限られているので多くは回れないんだけど、職人さんが交通事故で来れなくなってしまった。
結構焦ったけど、スケジュール表を見ると今日は午前中3件だけで完了だった。
材料はあったので急遽私が工事をすることに。
工事の様子はいつも見ていたのでなんとかなるだろうと。
続きを読む

同僚と家で飲んでいたら潰れて寝てしまい、気がついたら妻の嬌声が

私は36歳になり大手と言われる建設会社に勤めています。
だから国内の出張は当たり前ですが、役職についてからは海外の出張が増えました。

もともと私は帰国子女で英語は日本語より堪能だと思うのですが、仕事でも通訳として幹部に同行することも多く、1ヶ月くらい日本にいないことも多く、妻にはさみしい思いをさせていると思うと、申し訳ないと思うのですが、私たち夫婦には子供がいないので、たぶん浮気をしてるんじゃないかな、と思うこともあるのですが、仕事がある以上仕方ありません。
続きを読む

会社の上司の奥さんが、イキなりブラを外しておっぱい見たい?と聞いてきた

3つ上の同郷の先輩が同じ会社の同じ職場に転職してきたのは、4年くらい前。
うちの会社は基本的には24時間シフト制の会社。
先輩は昔から、どちらかと言うと、弄られキャラと言うか、いじめられるようなキャラの先輩。

そして、複雑な関係になってしまったのだが、俺が先輩にとって上司にあたる立場になってしまった。
続きを読む

目をつけた生徒の母親に中出しをして孕ませて産ませました

長期の休業には必ず面談を行います。
この年齢になると、だんだんと同年齢かもっと若い母親が増えてきます。
ほとんどの保護者は異性を感じることはないのですが、ある日の午前中に面談をした母親は何故か異性を感じました。
続きを読む
寝取られ電子書籍