人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~

人妻の官能的な体験談をブログオリジナルのものを含めて紹介します。寝取られ体験、不倫体験など、欲求不満の人妻のすべてがここに

2019年01月

□姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果 完(転載禁止)

前回の話

妻は、雅治の上で腰を動かし続けている。全裸になっている雅治に対して、妻はまだ着衣のままだ。スカートはまくれ上がり、穴あきのはしたないショーツも丸見えだ。

『イッて。全部中に出して。雅治に孕ませてもらいたいの』
妻は、感極まったような口調で言う。僕は、妻の心がすっかりと雅治に奪われてしまったんだなと実感した。

「あぁ、気持ちいいよ。すごく締めつけてくるよ。でも、服脱ごうよ。それに、ちゃんとベッドに行こう」
雅治は、冷静に言う。確かに、玄関でこんなに激しいセックスをするのは、あまりにも常軌を逸していると思う。
続きを読む

※いつもより早く帰宅すると、嫁が元カレにリベンジポルノで脅されていた4(転載禁止)

前回の話

私は、あっさりと射精してしまっていた。ひな子が、元カレと濃厚に舌を絡めながらキスをしている……。しかも、我が家のソファの上で、コンドームもなしで繋がったまま……。

「ずっと俺のこと想ってたの?」
元カレは、嬉しそうに聞く。
『うん。一日中じゃないけどね。一日一回は思い出してたよ』
ひな子は、照れた顔で言う。
「そっか。ありがとう。ホント、俺ってバカだな」
そう言って、元カレはまたキスをした。そして、さっきよりも力強く腰を振る。
続きを読む

※僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです完(転載禁止)

前回の話

「よし、出すぞ。もう保たんわ」
セイちゃんはそう言うと、身体をブルッと短く震わせた。
『うぅ~っ!』
絵理奈は、公三さんの丸太のようなペニスをくわえたままうめき声をあげた。絶対に認めたくないのだけど、恵里菜はどう見てもイッたようなリアクションだった。

「孕み腹でも、よー締まるわ」
セイちゃんは満足げに言う。そして、さっさとペニスを抜くと、酒を飲み始めた。射精すれば、もう興味が無い……。そんな風に見える。
続きを読む

※息子の上京をきっかけに、妻が若い恋人との交際を告白してきた2(転載禁止)

前回の話

私は、中出しされた後も彼と繋がったままイチャイチャし続ける妻を見て、絶望的な気持ちになっていた。二人の関係は、想像していたよりもはるかに悪い状況だと思う。
私は、飛び散ってしまった精液を拭きながらブラウザを閉じた。妻は、本気で彼に妊娠させてもらいたいと思っているような感じだ。そして、妊娠すれば私があきらめると思っているようだ。

このライブ動画を見るまでは、今回の件は嫁の火遊びなのではないかと思っていた。妻が若い男の子相手に、一方的に夢中になっているだけだと思っていた。彼に同年代の彼女でも出来れば、飽きられて終わる関係だと思っていた。でも、二人とも本当に愛し合っているように見えてしまう。
続きを読む

□嫁の後輩夫婦と温泉旅行に行ったら、嫁がまさかの相手に寝取られていました3(転載禁止)

前回の話

麻衣は、酔いつぶれて眠る哲也君の上で、大きなペニスを根元まで入れてしまっています。入れただけなのに、今までで一番気持ち良いとまで言った麻衣……。僕は、敗北感を感じながらも、明日香ちゃんの膣の気持ち良さに思考停止していました。

『麻衣、根元まで入れちゃったね。麻衣の好きな奥に当ってるでしょ?』
明日香ちゃんは、妖艶な顔で麻衣に話しかけます。麻衣は、快感にとろけた顔で、
『うん。ギュッて当たってる。本当に大きい……』
と、答えます。
続きを読む

※個室ビデオで見たAVに、若い頃の妻が出演していた2(転載禁止)

前回の話

私のペニスは、完全に勃起してしまっていた。ズボンのうえからしごいているだけで、すぐに射精感が湧き上がってきてしまう。

「ダメじゃないでしょ? もっと触って欲しいんじゃないの?」
元男優の調子の良い声が響く。それにしても、どんなテクニックを使ったのだろう? こんなにあっけなく、里帆がナンパされてしまうなんて……。
『そんなことないです。は、早くイッて下さい。もう、怒られちゃう』
里帆は、困ったような声で言う。でも、その声はすでに甘いものが混じっていて、吐息と言うよりもあえぎ声に変わりつつある。
続きを読む

※課長にパワハラされて、嫁にセクハラまでされてしまいました完(転載禁止)

前回の話

僕は、中に出されてしまった加奈子を見ながら、爆発でもしたように射精してしまいました。ズボンの上からしごいているだけなのに、あっけないほど簡単にイッてしまい、自分でも戸惑ってしまいます。そして、あまりの気持ちよさにうめき声を抑えられません。

『中はダメって言ったのに……。ひどいです……』
加奈子は、泣きながら言いました。本当に涙があふれています。すると、課長は慌てた顔でペニスを抜き、
「す、すまない。つい、その……。ヤバいのか?」
と、おどおどしながら聞きます。射精したことで、冷静になったようです。僕も心配でした。加奈子は、さっき安全日だと言いながらも、100%ではないとも言っていました。
続きを読む

★愛妻、同意の上、寝取られ 3 ~小川家の場合~


不倫相手に貸し出しされて輪姦される人妻さん



愛妻、同意の上、寝取られ 3 ~小川家の場合~


愛する夫のために人妻が風俗に陥った理由


隣人の情婦になってしまった妻


全員失格・母親のメス豚セックス調教記録続きを読む

※倦怠期になった嫁を友達に1ヶ月預けたら想像以上に調教されてしまった完(転載禁止)

前回の話

『トオル、見ててね。こんなぶっといおチンポが、根元まで入っちゃうから』
嫁は俺のことを見ながらそんな風に言う。俺は、止めることも出来ずに呆けたようにそれを見ているだけだった。
男は嫁に覆いかぶさると、そのまますんなりと挿入してしまった。
『ううっ、やっぱり大きいね。トオルのじゃ届かないところまで一気にきちゃったよ』
嫁は、気持ちよさそうな顔で言う。
「平気ですか? すっごく見られてますよ」
男は、少し怯んだような顔で言う。でも、ペニスを抜こうというそぶりは見せない。
続きを読む

#いつも学生に間違われる幼い嫁が、カップル喫茶に興味を持ってしまった結果 完(転載禁止)

前回の話

玲奈は、僕のペニスを根元まで入れているのに、あえぎ声一つもらなさい。それどころか、表情一つ変わっていないように見える。
僕は、口の中に広がっている他人の精液の味に戸惑いながらも、
「気持ちよくない? 僕のじゃ、感じない?」
と、玲奈に聞いてしまった。
続きを読む

※後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに5(転載禁止)

前回の話

『ドロドロだね~。出し過ぎだよ』
女の子は、そんなことを言いながら自分の顔のザーメンを指で集めて口に持って行く。そして、なんの躊躇もなく飲み込んでしまった。
『ホントに溜めてたんだね。凄く濃いよ。美味しい』
女の子は、ザーメンを飲み干すと発情したような顔になった。私は、女の子がこんな状況で知り合った男のザーメンを飲み干してしまった事に驚いていた。病気とかは怖くないのだろうか?

すると、女の子は嫁の顔に唇をつけ、ザーメンをすすり取り始めてしまった。嫁の鼻や頬、髪の毛に至るまですすり取り飲み干していく。嫁は、少し驚いた顔でそれを見つめている。
続きを読む

※妻が大学生にナンパされたと告白して始まった、童顔な妻との寝取られ生活5(転載禁止)

前回の話

私がペニスを抜くと、架純は、
『ちゃんと入ってたんだね。抜くとわかったよ』
と、からかうような口調で言いました。私は、こんなに簡単に膣が緩くなってしまうなんて、信じられませんでした。そして、何も言えずに架純から視線をそらすと、男の子のペニスが目に入りました。
まだコンドームが装着されたままですが、勃起したままのそれは、圧倒的な存在感です。こうやって比べてみると、私のものは子供サイズという感じがします。
続きを読む

※恥ずかしがりで清楚な嫁が、調教されて鈴の音でイク女に変えられていました完(転載禁止)

前回の話

里恵は、黒人に中出しをおねだりした。僕は、射精しながらそれを見ている。
「出すヨ。僕の赤ちゃん、孕んでネ」
黒人は、そう言って里恵の中に射精を始めた。里恵は、中に出されてのけ反るようになりながら、
『イクっ! イグぅっ! 赤ちゃん出来ちゃうっ!』
と、叫んだ。黒人は、里恵の中に射精しながら、彼女にキスをしている。
里恵は、嬉しそうに舌を絡ませ、濃厚なキスが始まる。僕は、射精したばかりの自分のペニスに目を落とした。イッてもガチガチのままのペニス……。大川の手術のおかげで、大きさはかなりのものになった。でも、動画の黒人達と比べると、情けなくなるほど小さい。
続きを読む

隣の部屋の住人の奥さんが、部屋に上がらせてくれと言ってきた理由

ある地方都市に大型プロジェクトで赴任した私48歳。
高速バスでしか都心からいけず、本社と月数回往復する日々であった。
他社も含め、単身赴任ばかりで、マンションというかアパート暮らしの男ばかり。
いつしか集合ポストにはピンクチラシばかりになった。
続きを読む

半年前に私、主人を裏切ってしまいました……ハメ撮りまで……

37歳の事務パート主婦です。
11歳と9歳の娘が2人います。
単身赴任中の主人は42歳です。
半年前に私、主人を裏切ってしまいました。
そして今も週1、2回裏切り続けています。
続きを読む