俺は子供(娘)と同じ小学校に行っている女の子の母親の麻美さん(36歳)を好きになってしまった。

同じアパート(220世帯)に住んでいるがたまに顔を合わせても子供の事以外何の関係もなかったが、清楚でスタイル抜群それに超美人といっても良いくらいの顔立ちで、学もないトラック運転手の俺にはとても縁のない女と思っていた。
なんでも麻美さんの旦那は大企業の営業で、たまに子供と4人で(下にも息子がいる)仲良く歩いているのを見たことがあるが、そんな人妻だから父兄会に行っても人気№1で父親の参加が他のクラスとくらべても2倍ぐらいは多く、大体が麻美さんを見に来てるのは見え見えだった。

特に俺が住んでる下町でも医者がいるが、その医者の蒲原(仮名)というおやじがインテリぶった男で、保育園から同じということで妙に麻美さんと馴れ馴れしく、俺からみても麻美さんを狙っていることが解り(と言っても俺も同じか)、同じように麻美さんファンの多くの親父から怒りの目と羨ましさで見られていた。

「俺にはあんな女はどうしようもないや」
と思っていたが、先週の土曜日の10時頃、大阪から帰り軽自動車で家に帰る途中、走っていたところ人通りの少ない道を憧れの麻美さんが歩いているのを見つけた。

何でこんなとこ歩いているのだろう、と思ったが一応止まり呼びかけたところ、一流女子大を出ていて頭が良いのだろう
俺の顔を覚えていた麻美さんは、ニッコリと微笑み、挨拶してくれた。

今日はなんて良い日なんだろう、麻美さんが俺一人のために微笑んでくれた
と思ったが、家から車でも少し離れているこんなところ、それもこんな時間歩いているのが不思議で尋ねると、旦那と子供さんが実家にいくが、自分は内職の翻訳があるから夜向かうと言うことだった。
見送りだった。

偶然とは怖いが、俺のかあちゃんと子供も隣町だがかあちゃんの実家に昨日の夜から行っていたが、そんな話はせずに、それでは家まで送りましょう、と言ったところ、少し躊躇ったが朝からというのと、同じアパートという安心感があったのだろうか、それでは申し訳ありませんがお言葉に甘えさせていただきます、と言って車に乗ってきた。

家のかあちゃんでは、悪いが絶対出せない品があり、俺のチンポはその声を聞いただけで痛いほど大きく怒った。
キチキチのズボンと手でさりげなく隠したから見つからずに済んだが。

車に乗せてアパートに向かったが、今朝大阪から帰って来た事などを話し、夢のような楽しい時間をもてたが、すぐアパートに着いてしまった。
楽しい時間は早く進むものだな、と思ったが、アパートの駐車場に車を入れて麻美さんは礼を言って家に帰っていった。

麻美さんの家は俺の家より同じアパートでも広くて、高いところにいるが、俺は家に帰っても興奮が収まらなかった。
かあちゃんでも家にいればそんなことはなかったと思うが、一人家のなかにいると麻美さんの顔が浮かんできてどうしょうもなかった。

ふと部屋の中を見ると俺の実家から、西瓜が4個届いていた。
興奮した俺にはそんなことも暫くしないと解らなかったが、それを見ていた俺は、麻美さんが今1人で家にいること、俺も1人でいることにきずいた。

俺は、その時は少しでも麻美さんの顔を見たかった、だけだったと思う。
俺は、早速一番重くて色の良い西瓜を抱えて麻美さんの家に向かった。

このドキドキ感を長く味いたかったのかもしれないが、俺はエレベーターも使わず3階上の麻美さんの家に向かった。
ベルを鳴らすときには、とても緊張したが中から透きとおるような麻美さんの声がしてドアが少し開いた。

チェーンが掛けられていたが、俺を見て麻美さんは少し驚いた顔をしたが、西瓜を持ってきたことをいうと、とても申し訳がってドアを空けた。

俺は西瓜を玄関先において帰ろうとしたが、麻美さんは俺が汗だくなことにきずいて、こんなに重いものを済みません、と言って冷たいお茶でも飲んでいって下さい、といった。

麻美さんはとても頭の良い人だ。
ついでに子供も頭が良いときいている。
あとから気付いたが、多分麻美さんは家には俺のかあちゃんが家にいて、長いことはいられないと思ったのだろう。
だから1人しかいなくても滅多なことはないと頭がいいだけに思ったに違いない。

俺を家に招き入れて冷たい麦茶をだしてくれ2,3分俺と子供のことで話したが、話しているうちに俺は1人で麻美さんと話をしているうちに、どうしても息苦しくなり、なんか気持ちがグニャリとなって、気がついた時には、麻美さんを床に押し倒していた。

麻美さんは何が起こったのか解らない顔をしていたが、勿論怒りと、戸惑いの顔をして俺を睨み、何をするのですかなどと言っていたが、俺は何度も夢にまで見た麻美さんの顔が俺の直ぐ下にあることで、舞い上がってしまい、麻美さんの必死な声も俺の耳には殆ど入らなかった。

土曜日も少し暑かったので、麻美さんは半袖のティーシャツと短めのスカートを穿いていて、ストッキングははいていなかった。

俺はうわ言のように、好きだ、ずっと前から好きだったんだと繰り返しながら麻美さんのティーシャツをあげ、ブラジャーを首の方に上げて、少し小振りだが形のいい乳房を優しく揉んだ。それから乳首を両方とも交代で嘗め回し、少し甘く噛んで首筋に舌をはわした。

麻美さんは首筋に俺の舌を受けると、くぐもった声を出し、止めて下さいと何度も言っていたが、俺はとうとう何度思い描いていた麻美さんの唇に俺の唇を押し当てて、中に俺の舌を乱暴に入れると、麻美さんは自分の舌で俺のを押し戻そうとした。

俺は今度は思い切り麻美さんの舌を吸い、その感じを楽しんだ。
麻美さんは苦痛に歪んだ顔をしていたが、その表情もとても綺麗で、おれは唇、耳そして乳房と何度も女神のように美しい麻美さんの体に俺の唇をはわした。

そして俺は右手で麻美さんのスカートのフォックをはずし、麻美さんが穿いていた少し水色の色がついたパンティに手を入れ、指先でクリトリスを探し刺激した後、割れ目に指を入れた。

それまでも麻美さんは、どこにそんな力があるのかと言うくらい抵抗していたが、俺が指を入れると最後の力を振り絞るように抵抗した。

だが、俺は180センチで、体重が90キロあり筋肉質で、165センチでも55キロの麻美さんの抵抗は何とか押さえることが出来た。
それでも結構大変だったが。

俺は、逸る気持ちを何とかおさえ、俺の右腕を早く、そしてゆっくりと動かした。
麻美さんの抵抗は段々弱くなり、暫くして「アアー」と長く声を出したかと思うと、俺の手の動きに合わせるように「ア、ア、ア」と短めになり、俺の手からも少し愛液が出たことが感じられた。

俺は嬉しくなり暫く続けたが、そのうちに手を動かすと今までにない「クチャ、クチャ」という音が膣から聞こえ、声もさっきより大きくなった。

麻美さんのあそこは俺の手淫で間違いなく濡れていた。
俺は女神のような、皆の憧れを一身に集めている麻美さんと早く一つになりたかった。

俺はもどかしく半ズボンをさげ、トランクスを下げて俺の一物を麻美さんの膣に入れるために狙いを定めた。
麻美さんは俺がこれから何をするか感じたのだろう。

俺に感じている顔を向けながら、
「それだけは止めて。フェラチオでも何でもしますから、お願いします。」
と息も絶え絶えに言ってきた。

だが、そう言われて止まるものではない。
俺は何年この時を夢に見たことか。
叶わぬ夢と思ったことか。
俺は、入り口まで少し入れて、それから一気に俺の一物をすべて麻美さんの膣に押し込んだ。
麻美さんは、一際大きな高い声で「アー、アー」と言った。

麻美さんの膣は暖かく、そして良く締まった。
そのピンク色の少し小さ目の割れ目に俺の職場の同僚が
「お前、大きいな」
と言われる俺の一物が確かに入っていた。

「俺は今、麻美の中にいる。俺は今麻美と一つになっている」
俺の体の一番奥からなんとも言われない感動が今まで経験したことのない快感とともに、湧いてきた。

俺は、痛いくらい硬くなった俺のチンポを出し入れした。
麻美さんはもういつもの上品な人ではなかった。
その顔は確かに快感に歪み、そして大きな甘い声を出し続けていた。

俺は、腰を動かしながら、麻美さんにキスをすると、さっきとは違い舌を絡め、そして手を背中に回してきた。

俺は、麻美さんの女の顔を感動しながら見てそして出し入れしていたが、麻美さんの体が震えたと思うと、すこしガク、ガクとして、快感の声を上げそして力が抜けていくのが解った。

彼女は「いった」。
小刻みに彼女の体は、彼女の気持ちに関係なく痙攣していることが解った。
彼女は俺がいるのに、気にする様子もなく忙しげに呼吸していたが、少し収まると俺の方を向き「私はこれからどうすれば言いの」と言った。

俺は彼女に近づき、彼女の頭の後ろを押さえて「舐めろ」と言った。
彼女は私を少しみたが、諦めたように俺のチンポを口に咥えた。

「音を立てて早く動かせ」
俺は命令して、腰を左右に動かすと。彼女の頬がおれのチンポで膨らんだ。
彼女の頬を破ってチンポが出てくるような気がしたが、直ぐに俺は「動かしながら俺を見ろ」と命令した。

彼女は言われるままに、俺のチンポを咥えたまま見たが、その彼女に、
「このチンポがまたお前の体の中に入るぞ。お前は、さっきいったな。嬉しいか。旦那とどちらが良かった」と聞いた。

彼女は、辛そうな顔をして、首を左右に振ったが、その仕草が俺の気持ちに火をつけ、彼女の髪を掴んで「旦那と俺とどちらが良いか、本当のことを言えよ」と言いながら俺はまた彼女の中に入っていた。

彼女はもう十分濡れていた。俺は暫く動いて、彼女に怒鳴るように聞いた。

「どうだ、旦那とどちらが良い。」
「あなたが良い。ぜんぜん違う。比べ物にならない。」

彼女は途切れ、途切れに俺に訴えるようにそういって、

「ア、アー凄く良い。麻美のオマンコ凄くいいよ。」
と言って自分からも腰を動かし、目を強く閉じて快感を体じゅうで感じているみたいだった。

「麻美、お前はもう貞淑な人妻ではないぞ。お前は淫乱な人妻だ。」
俺がそう言うと麻美は、

「私は、淫乱な人妻です。あなたのオチンチンが大好きな淫乱な人妻です」
と言った。
それからさっきと同じように体を振るわせ、またいったようだった。

しかし、俺は今度はそれで許しはしなかった。
俺は麻美を腹ばいにして、「後ろから入れてやる。ワンワンスタイルになれ。」
と言った。

麻美は、ノロノロとしながらも言われたとおり、ワンワンスタイルになつたが、
俺は、「麻美のオマンコに、加藤さんの気持ちの良いオチンチンをぶち込んで下さい、と言え」と命じた。

「麻美の、ハアハア、オマンコに加藤さんの、気持ち良いオチンチンを、お願いだからブチ込んで下さい」

言い終わるほんのすこし前に、俺は勢い良く麻美のオマンコにチンポをいれた。
麻美はだから言い終えて直ぐ
「アー、アーアー良いよー」
と叫び上半身を崩して顔を少し俺のほうに向けて、押し寄せる快感に耐えているように見えた。

俺は、麻美に「立て、動くぞ」と言った。
麻美は「え」と言って俺が何をするのか解らないようだったが、構わず俺はつながつたまま動き、いつもは麻美の綺麗な顔を写している大きめの鏡台のところに動いた。

「鏡台に手をつけ」俺がそう言うと、麻美は素直にそうした。
「お前が、どれだけ淫乱な女か自分で確かめろ」
俺はそう言い、腰を激しく動かした。

麻美は、直ぐ顔を伏せたがおれは尻を叩き、
「鏡から目を離すな」
と言った。
麻美は何とか鏡を見たが俺が腰を激しく振ると、鏡に映る自分の顔を見ながら休むことなく喜びの声をあげ続けた。

「どうだ、麻美。お前がどれだけ淫乱な女か解ったか。」
「解りました。麻美は凄く淫乱な女ということが今日、解りました」

「俺とのセックスはどうだ」
「麻美は、今日本当のセックスの良さを知りました」

「お前は今日から俺の女になるか」
「私は、今日から加藤さんの女になります」

「よし、では今から出すから麻美は俺のザーメンを全て飲み、そして俺の女になることを誓え。解ったか。」
「解りました」

麻美はザーメンを全て飲み
「あなたの女になることを誓います」

俺は、今まででも一番激しく、麻美の尻を打ち付け、麻美はなお一層甘いがくぐもった声をあげ続けた。

俺の脳天が溶けていくように感じ、俺の体の中にある精子を麻美の体が恐ろしい力で引っ張り出そうとしているようだった。

射精の時が近づいた。俺は渾身の力を振り絞り何とかチンポを麻美の体から引き離した。
麻美は急いで俺のチンポを口に含んだ。

今まで感じたことのない、射精感とともに俺のチンポから白濁色の液体が出た、と思う。
見ることは出来なかった。だって俺のチンポは麻美が口に含み、そして「ウ、ウ」と小さく声を出しながら、一滴残らず喉を鳴らして飲んでいたから。

麻美は飲んだ後、少し余韻に浸っているようだった。

「どうだ、気持ち良かったか」
俺が麻美を睨みながらそう聞くと、麻美は、

「言葉には出来ません。私は、今日からあなたの女になります。」
と言った。

それから麻美は暫く考えてから遠慮勝ちに俺に言った。

「あなたの女になることは誓いますが、どうか今日のことは、夫や誰にも言わないで下さいませんか」と言った。

ついさっきまでの淫乱な目つきはそこにはなかった。そして、その顔には真剣な表情があった。
そうなんだ。俺はこの表情が好きになった原因ということに気づいた。

「家庭は壊したくないよな。解った。そうしよう。」
俺はそう言った。
明らかに麻美は、ホッとしたようだった。

「今日の昼飯はここで食べてもいいか」
「はい」
麻美は直ぐそう答えて服をきようとした。

「服は着るな。俺と居る時は。それから、飯食ったらデザートに西瓜を食べよう。そしてまた午後から2回はやるぞ。」
と言った。

昼飯の時の飲み物は全部俺が口移しで麻美に飲ませた。
その後、俺と麻美は、2回ではなく、麻美が迫るので3回した。

長い1日のようだったが、居たのは6時間ぐらいだったか。
俺と麻美は肌が合っていたのだろう。
あれから短い間に、2回肌を合わせた。

「私も浮気しないから、あなたも奥さん以外の誰とも浮気しないでね。」
と昨日ホテルで麻美はそう言った。

多分、大丈夫だろう。そう言いながら俺も麻美に言った。
「お前もその透き通るような美しさ、清楚さを俺とセックス何度しても失うなよ」
麻美は、少し笑って俺にもたれて来た。