人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~

人妻の官能的な体験談をブログオリジナルのものを含めて紹介します。寝取られ体験、不倫体験など、欲求不満の人妻のすべてがここに

夫が女扱いしてくれませんが、先日ナンパされて浮かれてしまいました

去年のことです。
忘年会が終わって一人街を歩き帰るときにナンパされた人と、後日会ってしてしまったのです。

娘は高校生で家事だけでは暇なので5年前からスーパーで働いてます。
40歳だと世間では熟女ですか?

まだ若いつもりですが、夫はもう女扱いしてくれなくなりました。
続きを読む

主人の不倫相手が夫婦で乗り込んできて私を……

34歳のバツイチです。バツが付いて3年になります。
話は今から6年前、子供を出産して半年目の28歳の時の事です。
私は、当時の主人公認と言うか仕方なくというか3日間にわたり主人以外の男性に抱かれる事になってしまいました。

理由は、主人が1年程前からW不倫をしていたからでした。
不倫相手は、当時38歳の主人の得意先の奥さんでした。
土曜の夜の事でした、突然、インターホンから聞こえる男の声、主人の不倫相手の旦那でした。何が起きたのかわからなかった。
続きを読む

#嫁が勝負に負けて僕の親友に手コキした

妻の果穂とは結婚してからの期間よりも、結婚する前の交際期間の方が長い。果穂と出会ったのは、中2の夏だった。転向してきて、隣の席になった果穂に、一瞬で惚れたことを今でもよく覚えている。

それから15年たつが、晴れて今年夫婦になった。果穂に、出会ったときのことを聞くと、
『私も一目惚れだったよ♡』
と、笑顔で言ってくれる。でも、僕の記憶では、少なくても中学の時は、果穂は僕の友人の山川のことの方が好きだったはずだ。

高校生になり、同じ高校の同じクラスになったことがきっかけで、僕と交際するようになった。でもあの時、果穂が山川と同じクラスになっていたら、今僕の横に果穂はいなかったはずだ……。
そんな事が、僕の心に小さなトゲのように刺さったまま、今に至る。
続きを読む

田舎の農家の主婦に車の中で筆おろしされた

私の初体験は、縁も由もない田舎の農家の主婦に車の中で筆おろしされたんです。

農学部だった僕は、大学生の時に、農業研修でとある地方の田舎に一週間の研修に行きました。

ホームステイしたお宅には、おじいさんおばあさんと、息子さん夫婦と小学校の子供がいた。
息子さんのお嫁さんの美香さんは、歳は38歳でショートヘアの垂れ目で、茶髪のムッチリしたグラマラスな可愛い人妻でした。

丁度若妻と呼ばれる年代からおばさんって年代にイク間際という感じで、熟れる寸前の熟女といった感じの奥さんでした。
続きを読む

嫁が自然な形で不倫をし、それを私に隠すのを見たい

真面目な妻が犯されて感じる所を見たくて見たくて仕方なかった私は、バイト先で出会った北野さん(52歳の気の合う安心できるおじさん)にお願いして、酔って帰ったふりをしている私を寝かしつけた後で、妻を犯してもらうことにした。
勇気のいる判断であったが、何故か自分でも自分の行動が止められなかった。

真面目な妻は、良き母でもあり近所でも評判の良い妻である。
体型はややぽっちゃり感も出てきた感はあるが、色白でなかなかのスタイルだと思う。
続きを読む

妻が昔AVに出てたことを知って、許せなくて離婚した器の小さな男

由真と出会ったのは俺が25歳の時。
高校生と間違えたら21歳の新入社員だった。
セーラー服なんか着せたら中学生並になるのではないかと言うほどのロリータで、その部署のアイドルだった。
現場が多い俺は、こんなに可愛い子がいたのに半年間全然気が付かなかった。

ところがどういうわけか、俺と由真は会社の忘年会で意気投合して、翌年から自然に付き合いだした。
5月の連休に初めて俺のアパートに連れ込んで抱いた。
短大卒の可愛い子だから恋愛経験ぐらいあって当然で、処女ではなかったし、アソコは少し色素沈着していた。
それでも子供のようなロリ体型と可愛いロリ顔に夢中になった。
続きを読む

出会い系の人妻とカーセックスしたけど、知り合いの奥さんだった

あれは、僕がまだ20歳位の事だったと思います。

高卒で今の会社に入ってから、女の子と出会う機会が減ってしまって、よく出会い系サイトを覗いてたんです。
はじめは出会い系だし、ガチで援募集している子もたくさんいて戸惑ってたんですけど、サイトを覗いてるうちに、少しずつ“狙い目”ってこういう子だなってのが判ってきたんです。

それで僕が目をつけたのが・・・。
続きを読む

※妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました(転載禁止)

1ヶ月ほど前、妻の運転で移動中、前の車が急停止したため追突事故を起こしてしまいました。事故と言っても、車間もそれなりに取っていて、少し傷ついた程度の軽い事故でしたが、こちらが突っ込んだことには変わりありませんでした。

事故のきっかけは、前の車が信号が黄色になった途端に急停止したことでした。タイミング的に、止らずにそのまま行くタイミングだったと思います。実際、他の車線の車は一台も止りませんでしたし、その後さらに一台くらいは止らずに交差点に進入していました。

とは言っても、悪いのは間違いなくこちら側で、私も妻も素直に謝罪をしました。こちらの車は、すでに10万キロを走行しているボロボロの車で、正直事故でヘコんだ部分はどこか判別しませんでした。
先方の車は、バンパー部分に軽い塗装のハガレのようなモノがある程度でした。
続きを読む

夫が私の兄嫁と浮気してました

私35歳、夫42歳、子供1人(娘小2)がいます。
兄は38歳で、兄嫁は36歳で、子供1人(息子小3)。
それぞれ幸せな家庭でしたが、実は・・・。
夫が私の兄嫁と浮気してました。

兄夫婦と私の実家に帰った時に、夜みんなでお酒を飲み、お酒に弱いうちの家族(父・母・兄・私)は、みんな寝てしまいました。
続きを読む

#清楚で恥ずかしがりの嫁が、自宅に金髪の若い男達を連れ込んでいた

嫁とは結婚して3年経つけど、まだ新婚みたいな気分だ。子供をまだ作っていない事もあるけど、知り合って半年で結婚したので、交際期間が短かった事も影響しているのだと思う。

嫁の美香とは、取引先の会社で出会った。そこそこ大きな食品メーカーの受付をしていた彼女に、初めて会ったその日から恋に落ちてしまった。そして、訪問するたびになるべく話しかけるようにして仲良くなり、勇気を出してデートに誘い、トントン拍子に結婚までこぎ着けた。

『私も一目惚れだったんだよ〜』
美香は、ことあるごとにそんな事を言ってくれる。でも、当時はそんな気配も感じる事がなかったし、高嶺の花で無理だろうなと諦めていた。
続きを読む

子供達に水鉄砲でイカされかかった妻が取った行動は

これはちょっと前の夏の出来事です。

私は静岡で暮らしている35才の会社員です。
妻は32才で、最近ロンハーとかで活躍中の丸高○実さんにそっくりです。
おっぱいも同じぐらいの大きさで、かなりセクシーなので、結婚して10年近くたちますが今だに夜の生活はガンガンです。
続きを読む

風呂のドアを開けると、母と祖父が繋がってた

これは私が幼い時に体験した出来事で、本当の話です。
私が小学校3年生の時だったと思いますが、父の転勤が決まり単身赴任で遠くに出掛けて行きました。
私的には、母も居たし祖父も一緒に暮らしていたので、淋しいといった感情はありませんでした。

父が家を出て行って1年位が過ぎた時でしょうか?
私が学校から帰ると、母と祖父の姿がありません。
家を探し回ると脱衣場に脱がれた服がありました。
風呂にでも入っているのかぁとドア開けた時、湯船に浸かる祖父と母。
続きを読む

※おしとやかで上品だけど、夜はドSの嫁が若い男の子と(転載禁止)

『ゆっくりしていって下さいね』
嫁の美和子が、友人の健吾にお茶を出しながら言う。ニコニコと温和な笑みを浮かべながらお茶を置く嫁。前屈みになると、豊満な胸が盛大に胸チラしてしまっている。

健吾は、見ていないような感じを装いながら、チラチラと嫁の胸の谷間を楽しんでいた。
嫁が奥に下がると、
『ホント、美和ちゃんはいつ見ても上品で優しそうだな。ウチのと大違いだよ』
と、健吾が羨ましそうに言う。
健吾は、私と学生時代からの友人で、今年40歳になる。私も同じ40歳だが、健吾は歳よりも老けて見える。私は、別に自分が若々しいとは思っていないが、嫁が若いので、多分つられて若々しいのだと思う。美和子は、まだ29歳だ。一回り近く年下の嫁と、どこで知り合ったんだとよく聞かれるが、嫁が取引先の受付だったという、よくある出会い方だ。
続きを読む

海外で空手の先生をしていたら、教え子のラテン系のママさんとエッチできました

年が明けて、俺は空手道場に通い始めた。師範は60歳を超えた日本人だったが、俺を気に入ってくれ、子供の指導を任されるようになった。

仕事が割合暇だったので結構熱心に指導していたら、生徒の1人が国内大会の少年の部で優勝。ヨーロッパ大会に出場できることになった。

俺と師範は、色々な会社を回ってお金を集め、その子を含めた4名ほどを大会に送り出すことが出来た。結果はその女の子は見事優勝。大きなトロフィーを、ニコニコして家に持ち帰った。
続きを読む

2年前まで夫しか知らなかった普通の主婦がフィストにアナルも

私は、46歳のおばさん(既婚)です。

2年前まで夫しか知らなかった普通の主婦でした。

2年ほど前に、心ときめく59歳の彼と知り合い人生観が変わってしまいました…。

その彼は仕事もエキサイティング、女性に対してもエキサイティングで、何でもない主婦にとっては驚きの連続で、日々が過去の46年と一変(してしまった?)させられてしまいました。
続きを読む