人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~

人妻の官能的な体験談をブログオリジナルのものを含めて紹介します。寝取られ体験、不倫体験など、欲求不満の人妻のすべてがここに

ノーパン出社を、一番嫌いな上司に見られました

27歳の人妻です。今年の春のことです。
私が興味本位でノーパンで出社しましたのがきっかけです。

その日は安全日でしたので、万が一そのような事になってもよいと思い、出かけました。

その日は風が強くて、スカートが捲くれそうに成っていましたが、会社に着くまで、裾を押さえながらやっとの思いで着きました。
続きを読む

睡眠薬セックス以来、妻はすっかり友人の肉便器と化していました

妻に睡眠薬を飲ませ友人に抱かせてからというもの、私はあの時の興奮を忘れられずに、友人に何度か妻を抱かせていました。
その影響なのか、最近妻のエッチ感度が上昇し、妻から誘ってくることが増えました。
パジャマを脱がせるとすでにアソコはダラダラに濡れているんです。

そんな話を友人にすると・・・。
続きを読む

義父と妊娠覚悟のセックスに明け暮れ、夫とは演技です

  「優子、今日見舞いのあと遊ぶか?」 
お義父さんからの誘いの電話がありました。 
セックスの際、場所に困ることがしばしばです。 
続きを読む

※子育ても落ち着いた妻が、クスリを飲まされてキメセク地獄に堕ちていた2(転載禁止)

妻は、動画の中で何度もイッていた。バックでガンガン突かれながら、ろれつの回らない声でイキまくっている。
『もうらめぇ、しおり壊れちゃうっ、ウゥあっ! パパ、またイクっ! パパ凄いぃっ! 全然違うっ、いつもと全然違うっ! もっとっ! あぐぅっ、ンおおぉッ、イクッぎうっ! イグぅっんっ!』
妻は、のけ反り、叫び、身体を震わせる。私とのセックスでは、こんなに激しく感じることはない。

男性は、私よりもはるかに大きなペニスで妻を責め立てながら、妻のお尻を平手で叩く。ピシッという鋭い音が響き、
『あうぅぁあっ、ヒィぅ』
と、妻が言葉にならない悲鳴のような声をあげる。男性は、かまわずにお尻を叩き続ける。その度に、妻はうめき、身体を震わせる。
続きを読む

妻に内緒で性感マッサージ師を手配したら、妻は愛してるとまで言ってしまった

私は41歳。
妻は39歳。
妻に内緒で性感マッサージ師を募集しました。
続きを読む

※まだ26歳のロリ嫁が、イケメン黒人の巨根にハメられて

嫁の唯とは、何一つ不満がないくらいに幸せな日々を過ごしていた。可愛くて若い嫁。セックスも大好きで、結婚して7年経っても、週に3回4回とお誘いがかかるほどだった。

そんな嫁と、子供会がきっかけで仲良くなったマサルさん夫婦とスワッピングをするようになった。それは、恐ろしく淫らで、嫉妬と興奮がグチャグチャになる最高の体験だった。
(その話はこちらで http://kokuhakutaiken.com/blog-category-97.html続きを読む

人妻さんは初めての潮吹きにパニクっていて可愛かった

先日までのメールのやり取りから、今晩は中出しする事になるかも。

知り合ったのは10年程前チャットで。
最後に会ったのはたぶん6~7年前だと思う。
以降は全てメールのみのやり取りだけ。

生中を求められてるんだが、それでいいのか?
その後どうなるのか??
続きを読む

オバちゃんのパンツ見たんやから、あんたのも見してや

僕が中3の時に体験した話。
夏休みのある日、僕はあてもなく散歩していました。
ウロウロして家まで戻って来て家の玄関のドアを開けようとした時、隣の家をチラッと見たら、隣の家のオバちゃんがしゃがんで何かをしていました。
続きを読む

ハメ撮りを保存したPCの修理を依頼してきた奥様と

僕は小さなコンピュータ系のサポート会社に勤める26歳の男です。
よく出張で個人宅を訪問してPCのトラブル対応や、WORD、EXCELなどの簡単な家庭教師みたいな業務をしています。

今からお話しする話は先日、とあるお客さま宅で使用していたパソコンが急に電源が入らなくなって、全く動かなくなったので見て欲しいとの事でした。
お宅を訪問した時に出迎えてくれたのはここの主婦の、仮に名前を智子さんとしておきましょう。
続きを読む

セックスが弱い夫に不満な私の救世主は、隣の20歳の男の子です

主婦、妙子、40歳です。結婚して15年。子供はいません。主人と二人きりの退屈な生活。掃除や洗濯などの家事をこなし、毎日主人の帰りに合わせて食事を作り、変わりない世間話をしながら夕食を食べ、夜は主人が求めてくればそれに応じてセックスをし、多いときで2回ほど絶頂を極めればいいが、普通は1回限り。

時には愛撫もそこそこに、私にフェラをさせ硬くなったところで私の中に挿入し5分ほどでいってしまう主人。気持ちが良くなってきて主人にしがみ付こうとしたら、主人が終わってしまったと言うことがここ数年間なんです。しかし、4年ほど前から私に救世士が現れたのです。
続きを読む

子持ちの人妻と、旅館の離れで昼前から不倫します

日曜日の昼前から丹沢麓のある旅館の離れで私たちは過ごす。

彼女H代は40代後半の女性実業家。

2人の子供があり旦那は大手の大学病院勤務。

たまの日曜日くらい家族で過ごせばと言うのだが、

彼女は昼御飯を重箱に詰めてこの場所にやってくる。
続きを読む

整体の先生にイケない妄想をしていたら、現実になりました

かれこれ半年、冷え性と腰痛で整体に通っています。
そこの年下の先生に色々されてしまっています・・・。

初めは世間話や主人の話など普通に接していましたが、数ヶ月経った頃、なんとなく先生の施術が私に近くなってきました。
髪の匂いを嗅いで深い息を吐かれたり、体をいやらしく触ったり。
続きを読む

ビリヤード中に声をかけてきたのは、女子大生と思ったけど子持ちの人妻でした

昼間に友達とゲーセンのビリヤードで遊んでるとき、隣の台で遊んでいた女2人組みに声を掛けられました。
2人もそれなりに可愛くて、こちらも喜んで受け入れました。
ビリヤードを終わらせて、カラオケをすることにした。

最初は大学生位かと思って接していたら、聞けば一人は24(マリ)でもう一人は22(ユミ)歳で、2人とも子持ちの人妻だった。
最初は信じられませんでしたが、2人の子供が同じ幼稚園に通ってるとのこと。
続きを読む

※EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩

『あなた、今晩久しぶりにどうですか? 今日は2人ともいないでしょ?』
夕食後、妻の里美が恥ずかしそうに言ってきた。今日は、息子達二人はテニススクールの合宿でいない。里美は、顔を赤くしてモジモジと誘ってくる。恥ずかしがり屋な里美は、まるで少女のようにはにかんでいた。

子供2人を産んで、もう30代半ばになったのに、童顔と肌の美しさのおかげか、まだ20代に見える。もちろん、夫のひいき目もあると思うが、子供が2人いると言うとまず間違いなく驚かれる。
続きを読む

不妊気味の嫁が、巨根に孕まされてしまい

今から数年前の本当に起きた話です。

私は、妻と結婚し(私23歳・妻20歳)10年が経ちました。

私達は、子供も出来ず病院で調べてもらったのですが、

妻の卵子が生殖しずらいと言われました。
続きを読む